「No」と言えない5つの理由と「断り方の引き出し」

「No」を適切に言えるために

「No」と言うこと。
これを難しく感じる人は少なくありません。

「Yes」より「No」を言う方が、エネルギーと相手の対面を傷つけない知恵が要ります。だからこそ、人は簡単に「『Yes』と言っておく」に流されてしまいます。その場限りの、どちらでもいいようなことはそれでもいいでしょう。しかし大事なことであればあるほど、本当は「No」なのに「Yes」と答える、もしくは「No」も言わずにだんまりなのは、相手に不誠実ですし、肝心の自分自身を見失ってしまいます。

そしてまた、「No」を言えない、言わない人に付け込む人は枚挙にいとまがありません。
こうした相手に付け込ませていては、自分を大切にしているとは言えません。付け込んでくる人のためにも、実はなっていません。

毅然とした態度をとることは、相手に味をしめさせない、増長させない、誤った行動を繰り返させないためでもあります。
相手がその誤った行動をやめるかどうかは別として。

生きやすさのためには、自分のエゴのためではなく、自分と相手のために「No」を適切に言えるようになることが、大変重要です。

何故「No」と言えなくなるのか、5つの理由

「『No』と言えない」の主語は「私」です。
ですので、まずは自分の中の思い込みを解除したり、下に詳述しますが「断り方の引き出し」をあらかじめ持っておくなどして、自分が準備を整えておくことができます。

何故「No」と言えなくなるのか、その理由は千差万別ですが、主だったもの5つを以下に挙げます。

1.「嫌われたくない」自分の思惑

「俺のことを愛してるんだったら、コンドームなしでセックスしようよ」
こんなことを言われて「寝言ぬかすな!私の人生からとっとと出ていけ!」と啖呵を切って追い払えない場合、「彼に嫌われたくない、捨てられたくない」だから「No」を言えない、になっているでしょう。

依存心が強かったり、孤独に耐える力が弱いと、嫌われることを過剰に恐れ、「No」を言えなくなります。

2.「No」と言うこと=相手を否定すること

1と異なり、相手はそんなに無茶は言っていないし、断られたからと言って逆切れするような相手ではないのに、自分が「No」を言えない場合の方が、むしろ多いかもしれません。

飲み会の誘いや、急な残業、或いはおつきあいという関係性など、「こと」に対して「No」を伝えるのに過ぎないのに、相手の人格を否定することと混同している場合があります。

3.「No」と言うこと=我を通すこと、わがまま

「自分の感情や考えを伝えようとすると、親に否定される。反論が許されない」こうした環境で育った人に多い思い込みです。反抗期らしい反抗期がなかった人は要注意です。
大切なのは「No」を言うことが即わがままではなく、その中身が、誰の何のためになっているかです。

自分の最低限の安全を確保するためや、他の人を守るために「No」を言わなくてはならないこともたくさんあります。

4.自分の考えよりも、周りを常に優先する癖。波風を立てたくない。

3とも関わりがありますが、「自分の考えを明確にし、伝える習慣が身についていない」「自分がどうしたいかから逃げ、人に決めてもらいたい」「相手への思いやりではなく、自分が批判されたくないから黙っている」こうした癖がついてしまっている場合、「No」が言いづらくなります。

高圧的な親でなくても、なんでも親が先回りして、手出し口出しのお節介を焼き(「ああしなさい、こうしなさい」「あなたは私の言うことを聴いていればいいのよ」)、子供が責任を持って自分で決める習慣を身に着けていない、そしてそのまま大人になってしまった人に多いケースです。

大人になっても「指示待ち人間」「言いなり良い子ちゃん」だと、「No」が言えなくなってしまいます。

「No」を言わずに波風を立てない、「まあまあ、良しなに、良しなに」。協調性を重んじる日本人が取りがちな態度ですが、単に自分が責任を負いたくない、傷つきたくないがためのこともあります。自分が責任を負いたくないと「No」は言えません。Yesマンとはそういうことです。

5.断り方がわからない

自分の思い込みの問題ではなく、スキルの問題の場合もあります。
下に詳述しますが、あらかじめ様々なパターンに備えて、自分の「断り方の引き出し」を持っておくと、瞬時に「No」を言いやすくなります。

「人」ではなく「こと」に「No」を言う

上記の2で見た通り、「No」は、「人」ではなく、「こと」に対してだということ、これを十分に腑に落としておくと伝えやすいです。

これは逆から言うと、自分が「No」を言われた場合、それを残念には思っても、自分の存在を否定されたように取らないことです。「こと」を断られたのに過ぎないのに、逆切れしたりすねたり、陰で文句を言っているうちは、人にも中々「No」は言えません。

「人」と「こと」を分けて考えられると、「No」を言うことに過剰な罪悪感を感じなくて済むでしょう。

例えば「あの人自身はいい人だけれど、酔うと下ネタがすごくて、あれが嫌なのよ!」「あの上司、まあまあ信頼できる人だけれど、あのしつこい言い方が嫌」など。下ネタやしつこい言い方が嫌だと思う、これはごく自然なことです。

ただ、下ネタが気にならない人もいますし、しつこく言ってもらわないとわからない、忘れてしまう、ということもあります。ただ今の自分が、それらを嫌だと感じているに過ぎません。

自分も「No」を言われて当然、それは自分の存在全てにではなく、ほんの一部、「こと」なのだ、と思えることが鍵になります。これには「ほれぼれとする完璧な自分でなければ愛せない」のナルシシズムを脱している必要があります。

「こんなことなら『No』と言ってほしかった」

また、「こんなことなら、はっきり断ってくれた方がよかったのに」と思った経験はないでしょうか?
飲み会の幹事さんなどは、「参加したくないなら参加したくないで、早めに言ってくれた方が助かる」ものです。

安請け合いをされて、締め切りに間に合わなかったとか、土壇場でキャンセルされたとか、安易な「Yes」は不誠実ですし、迷惑なものです。

「早めに『No』を伝える方が親切」の事例を思い出しておくと、「No」を言いやすくなるでしょう。

「断り方の引き出し」の例

前述した通り、「断り方の引き出し」をあらかじめ用意しておくと、サッと「No」が言いやすくなります。相手が善意で言っている場合は、「お気持ちありがとうございます。ただ~」と繋げると、相手を傷つけません。以下はあくまで例なので、ご自分がしっくりくるように、ぜひカスタマイズしてみてください。

「先約があって」「多忙で」

常道中の常道。その時限りのお誘いはこれでお断りできます。相手も「気が進まないのかも」と内心思っても、大方はそのまま受け取ってくれます。

「興味が持てなくて」「苦手で」「好みではない」

「多忙で」だと「ではいつがよろしいですか!?」と粘られそうな場合は、はっきりと「興味がない」「苦手」「好みではない」と伝えましょう。これは相手を否定しているわけではなく、好みの問題なので、相手の体面を傷つけません。

「どうにも価値観(考え方)が合っていないようです」

「この人との付き合いを断りたいなあ」の場合、人格的なことを理由にしては相手を傷つけます。価値観、考え方が合わないのは良い悪いではありません。その人の価値観を尊重しつつ、ただ私とは合わない、と伝えます。

「私の限界を超えています」「責任を持てません」

特に仕事を断る場合は、はっきりと早目に。相手の問題ではなく、自分のキャパシティを超えている、と伝えると相手を傷つけません。できれば、「その代わり○○ならできます」や「△△さんを紹介しましょうか?」などと代案を伝えられると、誠実さが伝わります。

仕事の場合は「根拠と代案」を添えて

特に組織で働く場合は「できません!」だけでは、「できませんじゃない!何とかしろ!」になるでしょう。「今、○時までの締め切りの仕事を抱えているので、その後だったらできます」「その案は人員の確保が難しいので、お受けしかねますが、近日中に代案をお持ちします。いつまでにお持ちしたらいいですか?」など。
前向きに何とかしよう、という姿勢と、相手も困っていることを受け止めている、これが伝わると、心情を害しません。

余計なお節介には「それを決めるのは私ですから」と毅然と

「何で結婚しないの?」「※※したらいいのに、何でしないの?」など、誰にも迷惑をかけていないのにしつこく言われる。余計なお節介を焼かれた場合は、少しだけ聞いて「気遣ってくれてありがとう。でもそれを決めるのは私だから」とにっこり、きっぱり。

相手も、どうしても結婚してほしいわけでも、※※してほしいわけでもありません。それを言って「自分が優位に立った気分」を味わいたいだけのこともままあります。そんな時は、毅然とした態度で味をしめさせないことが肝要です。

嫌がらせには「相手にしない」や「質問返し」で

万座の前で「○○さんがあなたのことを××だと言っていたわよ~」など、同席している他人に嫌な思いをさせたくない、その気持ちの優しさに付け込んで、こんな嫌がらせを言う人もいます。他に誰がいようがお構いなしで食ってかかれる人に、こんなことは言いません。

例えば「へえ、そう、ふ~ん」だけ言って、視線を合わせない、思い切りスマホをいじりだすなどで「相手にしない」の「No」の態度も大切です。

相手が目上だとそうもいかない場合は、「まあ、そんなことがあったんですね」と一旦受けた後、「△△さんは、そのことをどう思ってます?ぜひご意見を伺いたいです!」と質問返しで相手の意見を聞きだすのもひとつです。
「○○さんが~」を言った時点で、自分の手は汚したくない卑怯な態度をとったわけです。「あなたはどう思うの!?」と責任を持たせようとすると、十中八九逃げ出します。嫌がらせには毅然とが鉄則です。

「No」が言えるためには、心の中に強い「Yes」を持つこと

「No」を言えるためには、何が自分にとっての「Yes」なのかが自分でわかっていなくてはなりません。

前述の「俺のことを愛してるんだったら、コンドームなしでセックスしようよ」に「No」を言えるためには、「私はきちんと避妊してくれる人とだけ付き合う」という強い「Yes」を心の中に持っている必要があります。これは誰でもなく、自分が決めることです。

自分がどうしたいか、何を大事だと思うのか、これが自分の人生に責任を持つということです。
しかし一方で、自分の考えを持つと、他人の反論にもさらされます。まっとうな、リスペクトのある反論だけでなく、やっかみ半分の揚げ足取りをされることもあります。

だからこそ、多くの人は「長いものに巻かれろ」「寄らば大樹の陰」「だってあの人がこう言ったから」「誰かに決めてもらって自分は後ろについていきたい」をやるのです。

しかしそれをやっている間は、何が自分の「Yes」かがわからず、結果的に「No」を言うことはできません。

自尊感情は、何が自分の「Yes」なのかがわかっている態度にも裏打ちされます。自尊感情が低いと「No」が言えない、それ以前に「何がNoなのかもわからない」になり、ずるずると相手に妥協してしまいます。

自分の中に強い「Yes」がある人には、最初から「俺のことを愛してるんだったら、コンドームなしでセックスしようよ」と言ってくる人もまた、近寄ってはきません。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

NO IMAGE

生きづらい貴方へ

自尊感情(self-esteem)とは「かけがえのなさ」。そのままの自分で、かけがえがないと思えてこそ、自分も他人も大切にできます。自尊感情を高め、人と比べない、自分にダメ出ししない、依存も支配も執着も、しない、させない、されない自分に。