生きづらい貴方へ

「楽しいことをする」と「楽しむ」の違い・楽しみ下手な貴方へ

真面目な頑張り屋ほど陥りやすい「楽しみ下手」

責任感の強い頑張り屋ほど、他人を喜ばすための努力はしても、自分自身を楽しませるのが下手なことがあります。

後で詳述しますが、楽しむこと=頑張っていないこと、とか、楽しむこと=遊ぶこと=後回しにするべきこと、などの意味づけをしていると、楽しむことに本来は不要な罪悪感を感じてしまいかねません。

しかし、コンスタントに結果を出している人は、決して楽しみ下手ではありません。

寧ろピンチの時ほど、ユーモアを見せて周りを安心させようとしたり、忙しい時でも心にゆとりがあって、「ああ、この人素敵だなあ」と思わせるものを持っています。

これは常日頃から、自分を楽しませる好奇心や、感性を養っているからです。人は平時にできないことは、非常時にはなおさら出来ません。

真面目に頑張って成果を出し、それで承認を得て来た、このこと自体はそれがなければ身につかなかったことも多く、決して否定されるものではありません。

しかし、年齢や立場の変化とともに、それだけでは行き詰ると感じている人のための、考えるヒントです。

仕事や勉強を「頑張る」だけではバランスを崩す

ところで、人間の潜在意識は建設中の高層ビルのようなものです。

人は何か問題なり目標なりがあると、そのことだけをどうにかしようとしてしまいがちです。

しかし、例えばそれが仕事の分野であれば、仕事以外の分野、健康や家庭、友人、地域社会との関わり、趣味、お金の使い方や、教養やマナー等も上手くできて初めて、仕事も上手く行きます。

仕事が一流の人が、実は家族をないがしろにし、暴飲暴食をし、借りたお金は踏み倒し、身だしなみやマナーがなっていない、ということはあり得ません。
仮にそうした人がいれば、いつか必ず大きくバランスを崩します。

仕事や勉強だけを「頑張る」のは、高層ビルの一本の柱だけを高く建設しようとするようなことです。高くなればなるほど、つまり努力を積み重ねればこそ、バランスを崩す危険性も大きくなります。

頑張って能力も伸びたし、或る程度の成果も出せたけれど、何か行き詰まりを感じている時は、この「高層ビルの一本の柱だけを高くしようとしていないか」を振り返るサインです。

参考:潜在意識の特徴 ⑦全体性を重視する

脳の中の辞書に「楽しむ」はどう意味づけされているか

ところで、このサイトや、心理セラピー・セッションでも、「自分の世界地図を拡げる」という言い回しをすることがあります。

私たちは脳の中にそれぞれ世界地図を持ち、この地図で世界を推し量っています。物の見方を変えるとは、世界地図を拡大すると言っても構いません。

また別の言い方をするなら、人はそれぞれ脳の中に辞書を持っていて、その辞書の通りに世界を意味づけしています。
この辞書は、抽象度の高い言葉であればある程、人によってそれぞれ意味づけが異なります。

楽しむことが下手な人は、その人の辞書の「楽しむ」という項目に、何かネガティブな意味が書かれているでしょう。だからこそ、楽しむことに罪悪感を感じ、躊躇してしまいます。

例えば、

楽しむ=遊ぶ=頑張った後にすること、とか
楽しむ=真面目じゃない=人から認めてもらえない、とか
楽しむ=いい加減=人に迷惑をかける、等々。

脳の中の辞書は目に見えず、意識できていません。そのため一度意識化し、辞書の意味づけを変えない限り、楽しむことへの罪悪感は消えません。

脳内の辞書が、楽しむ=単なるレジャー、お楽しみとだけとらえていると、「今はそんなことをやっている場合じゃない!」になりやすいです。

理想を高く掲げて努力する人ほど、「自分はまだまだだから、そんなお楽しみは後で!」になり、結果燃え尽きてしまいかねません。

「美味しいものを食べる」と「美味しく食べる」、「楽しいことをする」と「楽しむ」の違い

ところで、「美味しいものを食べる」と「美味しく食べる」は違います。全く似て非なることと言ってよいでしょう。

「美味しいものを食べる」は、「美味しいもの」の存在が、自分の幸福を左右しています。極端に言えば、「美味しいもの」の存在の有無が自分を支配しています。

「美味しく食べる」は、その食べ物がどんなものであろうと、それに左右されていません。自分自身が食べものを支配しています。主体性を発揮できています。

「楽しいことをする」と「楽しむ」も実は同じです。

すぐできる小さな「楽しいこと」をたくさん見つけ、持っておくこともストレス耐性を高めます。例えば、お茶やコーヒーを味わって飲む、窓の外を眺めながら軽く伸びをする、仕事帰りにウィンドーショッピングをする、など。

それと同時に、その状況自体は決して「楽しいこと」ではないけれど、「楽しもう」とする心の余裕を養うこと、これが真の「人生を楽しむ」態度になります。

これはいきなり大きな出来事では中々難しいものです。大きなトラブルの最中でも、楽しもうとする心の余裕があれば、その人は人生の達人です。しかし、誰も一足飛びに達人にはなれません。そうは問屋がおろさないので、「私はダメだ!」と自分を責める必要はありません。

そしてこれは常日頃の小さなこと、ちょっと面倒くさいことを「どうせやるなら楽しんでやろう」とする、小さな訓練の積み重ねの結果です。

これには、自分を突き離して眺め、卑下ではなく、ちょっとおかしく思う客観性が必要です。

ユーモアとは、この「自分を突き離して眺め、お真面目で深刻になってしまっている自分を笑う」という態度です。ユーモアがある人に心の余裕を感じるのは、この客観性のためです。

ジョークやウイットは、持って生まれたセンスの有無に左右されますが、ユーモアは違います。誰もが努力次第で身につけられる、逆から言えば努力がなければ、身につかないものなのです。

面倒に感じる時、少し口角を上げるところから

このように考えていくと、自分に厳しい努力家の人も、「楽しむ=後回しにすべきこと」から、「楽しむ=人生の達人の態度」と脳内の辞書を書き換えられるかもしれません。

では、具体的に何から始めるか、です。

「話はわかったけど・・・」だけでは、結局同じことが繰り返されますね。

日々の小さな「面倒だな、後回しにしたいな」と感じることに、楽しんで取り組んでいる自分になっていくために、軽く口角を上げてみることをお勧めします。

顔の表情筋には、アンカーと言って私たちの反応が結びついています。

試しに口角を上げながら、不機嫌になろうとしてみて下さい。できませんね?
逆に口角を下げて、楽しいことを考えようとしてみて下さい。これもできないはずです。

口角が上がる時、それは私たちが笑顔でいる時です。仕事中は、にやにやしているのはおかしいので、不自然にならない程度に口角を上げてみましょう。口角を上げるだけで「楽しんでいる状態」に先になることが出来ます。

人は楽しいことが起きるから、楽しい状態になると考えがちですが、楽しんでいる状態になっていればこそ、既にある自分の身の回りの出来事が「楽しく」なります。

勿論、どうしても辛かったり、怒りを感じている時に、無理に口角を上げようとする必要はありません。そうした時は、「辛いんだなあ」「怒りを感じているんだなあ」と自分の感情を否定せず、受け止めることが先です。

楽しむ態度は自分に優しくすることでもあるので、その時々に応じて、何が自分にとって優先されるべきかを考えることも大切です。

楽しむ心のゆとりがあればこそ、視野は拡がる

出来る人ほど心のゆとりがあり、楽しみ上手です。

また、歴史的に辛い状況に長く置かれた民族ほど、ユーモアのセンスに富んでいるそうです。

私たち人間はどんなに苦しいことがあっても、生きなくてはなりません。そうした時、視野が狭くてはよりよく生き延びることはできません。広い視野は、しなやかなタフさと表裏一体です。

心理セラピーでやっていることも、クライアント様の視野を拡げるお手伝いです。人が悩みにはまり込んでいる時は、視野が狭くなっている状態です。この状態で問題解決はできません。

楽しむ心のゆとりはよりよく生きるため。まず、自分がよりよく生きてこそ、人様の手助けができます。

楽しむことは、単なる遊びでも、いい加減なことでもなければ不真面目なことでもありません。

私たちの視野を拡げるという、人生の達人になるための、終わりのない態度の一環なのです。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録