感謝という境地

感謝という境地③ 努力は必要だけれど、すべてでもない

自分の意識を超えたところで、物事は進んでいる

努力して結果を出した自負が強い人の方が、案外、感謝という境地には達しづらいかもしれません。

努力が不要ということはありませんが、物事は自分の努力だけではどうにもならない側面があります。

どんな心を込めたいか
何が譲れないか
何に価値を置いているのか

これらは自分にしか決められません。

日々それを生きる一方で、水面下では自分にはわからないところで物事は進行しています。

例えば、弊社の或るクライアント様は、弊社のサイトを見つけてから1年間、心理セラピーを受けるかどうか迷ったそうです。

その一年間は、その人の存在すら私は知らないままでした。

ただ私の価値観・信念を、弊社のサイトに縷々綴っていなければ、そのクライアント様との出会いはありませんでした。また万が一、その間に私がこの仕事を辞めてしまったら、やはりその方とは出会っていません。

自分の意識が及ばぬところで、かなりの多くのことが実は起こり、進んでいます。

また例えば、インターネットや、弊社が使用しているワードプレスなどは、当然のことながら私が創ったものではありません。必須の仕事道具であるパソコンもそうです。
また弊社が最も大事にしている自尊感情(self-esteem)の概念も、私が発明したものではありません。

こうした私の意志、私の意識が及んではいない、無数の有形無形の物事に支えられて、私の仕事や日常生活は成り立っています。

「私が何とかしなくちゃ!」は、責任感の強さとも言えますが、思い上がりとも言えます。

孫悟空が「俺は世界を征服できるんだ!」と自慢げに筋斗雲に乗り、世界の果ての五つの山の、真ん中の一番高い山に「孫悟空見参」と書いて戻ってきたら、それはお釈迦様の中指でした。

「ああ、私が何とかしなくちゃ!」と自分の意志だけで「世界を思い通りに動かそう」とするのは、孫悟空が「俺は世界を征服できる!」と息巻いていたのと一緒です。

自分の意識が及ばぬ世界の大きさを、イメージできるかどうか。意識の及ばぬ大きな世界が、自分を支えていると感じられるかどうかです。

「私に不快を味わわさせないで!」を望んでいる間は

ただしかし、何もせず「幸せがお膳立てされるのを待っている」だけでは、外側の事象に振り回されっぱなしです。

自己中=わがまま、だけでは決してありません。自己中心性はナルシシズムと相まって、どんな人の心にも忍び込ます。

コップの水をこぼしただけで、「ああ、私は情けない」と自分を責めるのは、ナルシシズムが背景にあります。
「コップの水をこぼしたりしない私でなければ、愛さない、認めない」

不快の感情に耐える力が弱く、自我という調整弁、即ち心の器がもろく、打たれ弱いとこうなりやすいです。

そしてこのナルシシズムから来る打たれ弱さが、ひいては「幸せとはお膳立てされるもの」になります。

「何としても不快を味わわさせないで!」
「いや、どうしたってそれは無理です」

この状態では、心理セラピーにおいても、人生全般においても、何をやっても堂々巡りになります。

感謝という境地、これは「私に不快を味わわさせないで!」を望んでいる限り至ることはないでしょう。

失望も、憤りも、悲しみも、生きている限りついて回ります。

自尊感情を高める最初の習慣に「ネガティブな感情を受け止める」を挙げ、またほとんどのクライアント様に、まずこのことをお願いしているのは、世界の大きさを受け入れていくためでもあるのです。

自尊感情を高める7つの習慣① ネガティブな感情を受け止める

感謝という境地は、自分の限界、自分の意識が及ばない世界の大きさを受け入れつつ、それでもなお、努力をやめない人のみが達することができるのだと思います。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録