感謝という境地

感謝という境地⑥ 私は何者でもない・力があればこそ謙虚に

感謝という境地に不可欠な謙虚さ

感謝とは、傲岸不遜とは正反対のことです。傲慢な人が感謝のある人になる、というのは矛盾しています。すなわち、感謝とは謙虚さが伴ってのことです。

よく混同されがちですが、謙虚と卑下は異なります。

自己卑下には「どうせ私なんか」という「どうせ」が見え隠れします。取るべき責任から逃げ、拗ねてみせる、そして「そんなことないわよ!」と暗に持ち上げてもらいたい卑怯さがあります。

自己卑下は、先に自分を下げておいたら、それ以上叱られたり注意されたりしないだろうという逃げの態度です。人はそれを無意識に感じ取り、不快に思います。

一方謙虚さとは、打たれ強さでもあります。少々注意されたり叱責されたりしても、決してふてくされたりしないということです。
「叱っていただき、ありがとうございました」が真の謙虚さです。

ですから、謙虚さとは、これ見よがしに目立とうとはしない慎み同様、力のある人しか取れない態度なのです。

感謝という境地には、この意味での真の力が備わってこそ、到達することができます。

選ぶのはその人自身

人はどんなに善意の(つもりの)人であっても、知らず知らずのうちに思い上っているものです。

「こっちの方が上等だ、こっちの方がよくわかっている、そんなことをするとアンタ自身のためにならないじゃないか」をやりたくなってしまいます。
これが余計なおせっかい、求められていないアドバイスになり、相手の自尊感情を傷つけます。

人間関係のひずみは、あからさまな嫌がらせや八つ当たりよりも(それをすると自分がつまはじきにされるリスクがあります)、「善意のつもり」のおせっかいによるところが大きいでしょう。

勿論、意見の主張はしても良いですし、自分が迷惑をかけられたら態度を改めてもらうよう伝えるのは当然の権利です。
また部下や子供など、自分が責任を負う立場の相手なら、注意や叱責は仕事の内です。

それでもなお、「選ぶのはその人自身」です。その人にしか、選べません。
その人がそれを選びたい、手に持っておきたいと思わなければ、どんなに「これを持つべき!」「これが良いから!」と握らせようとしても自分から手放してしまいます。

そしてその人が自分で選んだ、自分で決めたという自己責任の実感、これが自尊感情を高めます。
同じ行動でも「だってあの人が(親が、先生が、上司が、会社が)やれと言ったから」なのか、「自分でやると決めたから」なのかでは、行動後の自己信頼感が異なります。

自己決定と自己責任から逃げ回れば逃げ回るほど、その時は楽ができたように思っても、自尊感情は下がる一方です。

ですので違うアイデア、違う物の見方の提案はしても、押し付けない、これが人間関係作りにおいて大変重要です。

そしてこの「選ぶのはその人自身」の裏返しが、「私は何者でもない」です。

自分自身を何者でもない、何様でもないと思えればこそ、「こっちの方がよくわかっている」をやらず、「相手に委ねる」ことができます。

これには自分と他人、つまり人間そのものへの信頼と、忍耐力、そして「全てはプロセスであり、自分次第で何度でもやり直せる」信念が必要です。

本当に力のある人ほど目立とうとはしない

或る程度の年数を生きていれば、尊大で威張っている人ほど実際には大したことはないと、人は経験から学びます。

それとは逆に、本当に力のある人ほど目立たない、少なくとも自ら目立とうとはしないものであるとも。力のある人でなければ「私は何者でもない」を生きることはできません。

ところで、手塚治虫の「ブラック・ジャック」を愛読されている方も多いでしょう。膨大な手塚作品の中で、最も多く読まれているのだそうです。

私の手元にあるのは、手塚の死後、秋田書店から文庫シリーズとして編集されたものです。このシリーズは、必ずしも発表順には所収されていません。

この第一巻目に「六等星」という作品が収められています。これは、ブラック・ジャックが難しい症例を奇跡のような手術で治して・・といういつものパターンではありません。

「見える星は一等星から六等星まで分けてある
一等星はあのでかい星だ 六等星はほとんど目に見えないくらいかすかな星のことだ
だがなちっちゃな星に見えるけど あれは遠くにあるからだよ

実際には一等星よりも もっと何十倍も大きな星かもしれないんだ」

と、ブラック・ジャックは六等星に「見える」ある医師の話をピノコにします。

その医師、椎竹先生は優秀な腕を持ちながら、大病院の中で決して目立たず、ヒラの医局員として下働きをしていました。
そしてそのことを卑下するわけでもなく「人には分相応というものがある わしには今のままが一番合ってるんだ」と、淡々と妻に語ります。

その大病院で、新しい院長の選挙の際、候補者の大先生方が買収疑惑でことごとく逮捕されてしまいました。
その時も、椎竹先生は何も言わず、淡々としています。

そんな中で、花火の地上暴発事故が起こり、全身大やけどの患者がその病院に運び込まれてきました。ブラック・ジャックに手術の依頼の電話がかかってきます。

「なぜ治療ができないんです!!
そんな大手術をやりおえる先生が もうひとりもいないって?

冗談じゃない 大病院でしょう ひとりくらいいるでしょう
椎竹先生なんかどうです?

そんな先生の執刀なんか考えられないって? じゃあ考えてみたら?

とにかくね どうしても私に手術を頼みたいのなら 手術料は五千万円ですぜ」

そして病院のスタッフは、椎竹先生に手術の依頼をします。内心「どうせおじけづくんだよ」と思いながら。

椎竹先生はその時も、気負う風でもなく淡々と

「やりましょう

そのかわり みなさん私の執刀にぜひ協力してください
責任者である私の指示に従ってください

病院内から植皮提供者をつのってください 大至急!!」

と次々と明確な指示をだし、手術に立ち向かいます。

「今頃病院の連中は目が覚めてるぜ 新院長を誰にするかってことをね」

とブラック・ジャックはピノコに語ります。

六等星でいられるのは、本当に力のある人だけです。そして椎竹先生のように困難から逃げず、挑戦する心を持ち、見返りを求めない人であればこそ、六等星でいられます。

「私は何者でもない」そして感謝という境地に至るには、これらの本当の力が必要なのです。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録