覚悟は決めるのではなく、決まるもの・心の王者になるために

「上手くいかなかったらどうしよう」が「保険」「逃げ道」を探させる

自己実現の本やセミナーなどで、「覚悟を決めましょう、覚悟を決めないと何も始まりません!」などと言われています。
確かに、どんなことでも及び腰では物事は達成しないものです。

「できるかな?できないかな?」と及び腰になっている人よりも、「やる!」と決めてしまった人の方が達成できると、他人のことならよくわかります。

「もし上手くいかなかったらどうしよう」は、自尊感情が低い間は、言葉を換えると「ほれぼれする完璧な自分でなければ愛せない」間は、つい考えてしまう質問です。

ほれぼれとする自分=すべてにおいて上手くいくはずの自分、だからです。上手くいかない自分は、ほれぼれとする自分にはなりません。

ですから、上手くいかない自分を許せない、受け入れられないと、上手くいかないこと、失敗することを過剰に恐れてしまいます。「転んでなんぼ!」「恥かいてなんぼ!」とは思えない状態です。「失敗が怖い」のは「自分は失敗するものだ」と思えていないためです。

そしてまた、人間の脳は、質問をすると答えを探し続けます。

関連記事

ザイガニック効果・潜在意識は検索し続ける恐らく皆さんにも、次のような経験があるかと思います。道でばったり出会った人の、顔はわかるのだけれど名前が出て来ない・・・。そしてそんな時に限って、相手はこちらの名前を覚えていたりします[…]

そして、この「もし上手くいかなかったらどうしよう」の質問が、「保険」や「逃げ道」を探させます。

関連記事

堂々めぐりになる慢性ストラテジー心理セラピーが効果があるのは、心の悩みはほとんどの場合「自ら作り出している」からです。きっかけは自分の責任ではない環境によるものも多いですが、同じ環境にいる全ての人が「悩みにはまり込む」わけではあ[…]

例えば、「もし試合に負けたらどうしよう」ばかり考え、「負けるかもしれない自分」を受け入れられないと、試合直前にけがや病気をしてしまう、そうしたことが起こってしまいます。
潜在意識が「負けを避けたいんだな、よし、その逃げ道を用意してやろう」とけがや病気をさせてしまうのです。

資格試験で「もし不合格になったらどうしよう、その自分はみっともない、受け入れたくない」を考え続けると、「この資格は何が何でも必要なわけじゃないし」などと「保険」をかけてしまう。自分から言い訳してしまう。
この状態では試験に合格できません。

慢性的な症状も、口では治りたい、治したいと言いながら、「人生が上手くいかないことを症状のせいにしている」「これこれの症状があるから仕方がない」つまり症状そのものが「保険」「逃げ場」になっていては、改善の見込みはありません。

「症状さえなくなれば幸せになれる」「不幸なのは症状のせい」「症状が取り除かれない限り幸せになれない」堂々巡りから抜け出せません。

症状に悩まされても、その中で幸福になるために「今日、今できることから」始められる人が、結果的に改善することができます。それがたとえ「今日はひたすら眠る」「栄養のあるものを少しずつ食べる」などであっても。

「上手くいかない自分」を受け入れて初めて、覚悟は決まる

また「やる」と決めるということは、すべてを百発百中で上手くいかせるということでは決してありません。

スポーツの試合にしろ、営業にしろ、すべて勝つ、すべての商談がまとまるということはありえません。結果的に勝った試合の中でも、劣勢に立たされたり、ミスをしたりということも起こります。

その上手くいかない自分もひっくるめて、投げ出さない、やり続けるのが覚悟です。上手くいかない自分を排除しない、いじめない、受け入れた時に、覚悟は自然と「決まる」のです。

上手くいかない=自分はダメ、ではなく、上手くいかない=まだ改善の余地がある、と思えているかどうかです。

反省や検証をする時、「あれもできなかった。これもやれなかった」では、誰だって気が滅入ります。過去の自分の不完全さに焦点が当たっているからです。「次はどうやったら上手くいくだろう」を考えるのが、改善です。「どうやったら上手くいくだろう」は、未来の自分の可能性に焦点を当てています。

そしてまた、「自分はダメ」ですましてしまう方が、本当は楽です。「どうやったら上手くいくだろう」を考え、行動に移す方が、面倒くさいです。しかしこの楽さと引き換えに、未来の自分の可能性も、そして覚悟も、自分から投げ捨ててしまいます。

どちらを選ぶかは、その人次第です。

覚悟は決めようとして決まるものではなく、自分を投げ出さない粘り強さの結果、自然と決まるものです。

感謝や自信が、「自然と湧き上がるもの」であるのと一緒です。

「選手と共に優勝する喜び、そして負けるくやしさを味わいたい」(王貞治)

物事が上手くいけば、幸せになれる、自分は変われる、自信がつく、と思っている間は、「上手くいくかいかないか」の結果に自分が振り回されています。

もっと言えば「上手くいくかいかないか」の奴隷になってしまっています。この状態では、事が大きければ大きいほど、それを為すことはできません。

上手くいってもいかなくても、自分は変わらない、振り回されない境地に至ってこそ、逆説的ですが事は成就します。

名前を知らない人はいないような、功成り名を遂げた人ほど、淡々としていて「普通の人」に見えます。
尊大な、威張っている人ほど大したことはない、とある程度の年齢になれば経験から人は学びます。

本物ほど、一流の人ほど、自分を大きく見せようとはしません。いかにも「いい人」の演出もしません。自然体で「町ですれ違ってもわからない」ものです。

真の王者は「勝ってもおごらず、負けても腐らず」です。勝っておごり高ぶり、天狗になっている人を、勝者とはいっても王者とは言いません。

かつて王貞治さんが、胃がんの手術から復帰した直後の記者会見で
「選手と共に優勝する喜び、そして負けるくやしさを味わいたい」
とおっしゃっていました。

真の王者とは、こうした姿勢のことだと思います。

「上手くいかなかったらどうしよう、どうしよう」にとらわれない、今日、今、やるべきことに集中しても、「何が何でも上手くいかなきゃ困る!!」と結果をコントロールしようとしないことです。

誰にも結果はコントロールできません。結果をコントロールしたくて仕方がないうちは、自分の分際を超えたおごりがあります。そしてどんな人もーどんなに心優しい人であってもーこのおごりから脱するのは、そうたやすくはありません。

失敗や挫折、「嫌なこと」から学ぶ姿勢の重要性

ただ、「勝ってもおごらず、負けても腐らず」は、誰かにできて誰かにはできない類のものではありません。

社会的地位の如何にかかわらずー学生であろうと専業主婦であろうとー、こうした意味での王者になることは、心掛け次第で誰にでもできます。
心の王者とは誰かと比べて、という意味では決してありません。誰でも全員、心の王者になれるのです。

しかし、目には見えない心の中のことです。誰にもわからない孤独に耐える、終わりのない努力が要ります。

そしてそれには、「上手くいかないこと」つまり、失敗、挫折、心が傷ついたこと、要は「嫌なこと」から気づきを得続ける、その姿勢が不可欠です。
失敗や挫折は、知らず知らずのうちに思い上っていた自分を見つめなおす、大変ありがたい機会です。

嫌なこと、理不尽なことを言ったりしたりした相手を、好きになったり許したりする必要はありません。

理不尽なことに傷つき、「下手を打った自分」を許せているかどうかです。それもまた自分だ、と思えるかどうかです。

「自分が下手を打ちさえしなければ、こんな嫌な思いをせずにすんだはずなのに・・・!」「こんなはずじゃなかった!下手を打つ自分はいらない!許せない!」

心にとって重要なことは、生きていれば「傷つくこと」は避けられない、その傷をできるだけ「回復可能」なものにとどめる知恵を身に着けるとともに、起きてしまった「嫌なこと」から洞察を深めていくことです。

どんな経験も無駄にしない、このことが、「上手くいくこと」よりもはるかに、自分の品位を高め、矜持を持たせます。つまり自尊感情の豊かさです。

このことも、誰かにできて、誰かにはできないものではありません。
誰に対しても、上手くいく、いかないに振り回されない、心の王者になる道が開かれているのです。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

NO IMAGE

生きづらい貴方へ

自尊感情(self-esteem)とは「かけがえのなさ」。そのままの自分で、かけがえがないと思えてこそ、自分も他人も大切にできます。自尊感情を高め、人と比べない、自分にダメ出ししない、依存も支配も執着も、しない、させない、されない自分に。