自尊感情にまつわるコラム

自分を責めがちな「いい子」からの脱却・客観視と主体性へ

親にとって「聞き分けのいい『いい子』」だと承認されやすいが

親御さんにとって、聞き分けのいい「いい子」の方が手がかからず、「いい子」でいると承認する、ということがあるでしょう。

子供は親からの愛情とともに、承認をほしがります。

人間は他の野生動物と比べ、かなり長い間、親の庇護がなくては生きていけません。

子供たちは自分では意識していなくても、漠然とした不安を抱えながら生きています。「どうしたらこの家においてもらえるだろう?かけがえのない存在だと思ってもらえるだろう・・・?」

「この家にいていいんだよ」「お父さんとお母さんの、かけがえのない存在だよ」と浴びるように伝えてほしいのです。

そして「『いい子』でいれば、承認してもらえる。この家においてもらえる」と学習した子供は、「いい子」であり続けることを自らに課します。

そしてまた、この「いい子でいること」と、誰もが持っているナルシシズム「ほれぼれとする自分でなければ愛せない」が潜在意識の中で結びついてしまいます。

「ほれぼれとする、非の打ちどころのない『いい子』であること」が、至上命題のようになってしまう、真面目な子供ほどそうなりがちです。

もしかすると、「向上心がある」と評価され、ますます「非の打ちどころのない『いい子』でなくては!」と拍車がかかってしまうかもしれません。親御さん自身がそうであるなら、なおさらです。

このパターンが、幼少期のみならず、青少年期、成人後も続いてしまっているケースは、決して少なくありません。そのことが、結果的に「生きづらさ」を引き起こしてしまうことが、大変多いのです。

他責よりも自責の方が「いい人」のように思われる?

真面目で気持ちの優しい「いい子」「いい人」ほど、自分を責めてしまう傾向があります。たとえ理不尽なことをされた場合であっても。「私が悪かったのかな・・・?」と。

人は理不尽なことを言われたりされたりすると、「反応的」になる場合、自責か他責かのいずれかをしてしまいます。

他責は他人を責めること「何でそんなことするの!信じられない!」「そんなことをする相手が悪い」、自責は「え!?私が変なことしたのかな?」と自分を責めることです。

「『いい人』でいなければ」が強いと、他責ではなく自責を選んでしまいます。
他責よりも自責の方が、一般に「周囲の手がかからない」からです。周囲に面倒を起こさないからです。
周囲の人もまた、他人ではなく自分を責めてしまう人の方を「いい人」のように受け取っていることが多いでしょう。

また、「自分は『いい人』であるはずだ」が、「私は『いい人』に囲まれている。『いい人』の周りには『いい人』しか集まってこないはずだから」になったり、「人を疑ったり、悪く思うことはいけないこと」になってしまうことがあります。
これが転じて自責「あの人が悪いはずはない、だから悪いのは私なんだ」になってしまいます。

他責=わがまま、自責=いい人、の意味づけをしていないかどうかです。

しかし自責であろうと、他責であろうと、実は反応に過ぎず、「今現実に何が起こっているのか」を知ろうとする客観視の姿勢ではありません。現実をそのまま見て、「今後の全体にとって、何が一番良いのか」を考える姿勢ではありません。犯人探しに終始しています。

自責か他責か、或いは、自責が良くて、他責が悪い、という二項対立から抜け出さない限り、建設的な人間関係は築けません。

「自分を責める」はナルシシズムであり、反応

自分を責めることと、反省はまったく似て非なることです。

自分を責めるとは「こんなはずじゃなかった!もっと上手くやれたはずなのに」というナルシシズム、思い上りが実は潜んでいます。自分の過大評価が背景にあり、その過大評価と現状の差を受け入れられない、ということです。

反省は「次はどうしたらいいのだろう?」と改善点を探すことです。現実は現実として受け止め、次により良い選択をするための、建設的な姿勢があります。

自分にダメ出しは実はナルシシズム・ほめられると否定する心理

サイコパス、自己愛性人格障害、境界性人格障害のターゲットにされやすい「いい子」

自分を責めやすく、聞き分けのよい「いい子」をターゲットにするのが、サイコパス、自己愛性人格障害、境界性人格障害の人たちです。

聞き分けが良い、というのは、「人の話をそのままうのみにして、疑わない」にもなりやすいです。信じるより疑う方がエネルギーがいり、ストレスがかかります。人は思考停止して信じる方が、ずっと楽なのです。

サイコパス、自己愛性人格障害、境界性人格障害の人たちは、大変魅力的であり、特にサイコパスは「人心が求めているもの」を熟知しています。「何を言ったりしたりすれば、相手が落ちるか」を知り抜いています。サイコパスがしばしば人たらしであるゆえんです。

そして人は一旦好意を持ち、信頼した相手を疑うことにストレスを感じます。何とも思っていない相手なら「これはおかしい」と気づくことでも、信頼した相手だと「あの人のことだから、きっと何か事情があるに違いない」と自分から見て見ぬふりや、歪曲をしてしまいます。

サイコパスと人格障害では、抱えている感情の違い(サイコパスは不安を感じず、人格障害は不安からしがみつく)がありますが、いずれにせよ「人をサンドバッグにしたい」「人が弱っていくのを見るのが元気の素」が彼らがターゲットを探す理由です。

だからこそ、ターゲットに疑われないために、当初は「いい人」の仮面をかぶっています。「いい人」の仮面に一生騙されっぱなし、ということもあります。

食って掛かることや、無視して取り合わないことなど決してしない「いい子」ほど、ターゲットにされやすいのです。

インターネットが普及する以前は、人が直接交流できる人数が限られていました。運が良ければ、これらの人に出くわさずに一生を終えることもできたでしょう。

SNS、出会い系サイトなどは、サイコパス、自己愛性人格障害、境界性人格障害の人たちがターゲットを探す草刈り場ともなっています。インターネットが普及する以前と比べて「出会ってしまう」可能性は高くなっています。

また雇用が流動的になっていることも、「多くの人に出会う」一因になっているでしょう。

自責か他責かではなく、メタ認知・客観視の習慣

では自責をやめて他責をすればいいのか、ということではありません。上記のとおり、自責も他責も、「現実をそのまま見ていない」「建設的な改善方法を考えない」という意味では同じです。

また下手に相手を責めると逆切れされたり、心理ゲームを仕掛けてきたり、ということも起こります。

かまってちゃんが仕掛ける心理ゲームと対処の3原則

自責も他責も反応です。反応的にならないために、メタ認知、即ち「今実際に何が起こっているのか」を良い・悪いのジャッジ抜きに客観視する力が必要です。
利害関係もしがらみもない第三者のように、あたかも通りすがりの人のように、起こっていることを眺められる力です。

しがらみのない第三者の方が、その分客観的に事態を把握できることも多いです。
だからこそ私たちは、何かもめごとが起こった時に、わざわざ仲介してくれる人を頼んだりもします。

それを常日頃から自分に対して訓練しておくことが、仮にターゲットにされかかっても私たちの身を守ります。

客観視した後「自分は何が欲しいか、どうしたいか」の主体性

仲介者は「今こういうことが起きていますね」と整理はしてくれますが、「では、こうして下さい」は言いません。どうしていくのかは当事者が決めることです。

現実に何が起こっているのか把握した後、「自分に都合の良いことがお膳立てされること」を口をあけて待っているわけにはいきません。

「自分にとって何が大事か」
「自分が欲しいものは何か、どうしたいのか」
「そして、今自分にできる最善の選択は何か」

ターゲットにされかかっても、最終的に巻き込まれずにすむ人、やはり傷ついたとしても、かすり傷程度にとどめておける人は、これらの質問を自分にしています。
そして自分の責任において、その時の自分にとっての最善の選択を意識的にしています。

つまり、主体的に生きる習慣です。

「いい子」の気持ちの優しさに、客観視と主体性を

「いい子」で育ってきた人は、気持ちが優しく、辛そうな人に手を差し伸べたくなる傾向が強いです。
このこと自体をやめなければならないわけでは決してありません。気持ちの優しさに、付け込む方がやはり悪いのです。

それでもなお、「低い自己価値感・自己有用感(自分には価値があり、役に立っているという実感)」を埋め合わせるために、人に尽くそうとしていないかを振り返ることもまた重要です。
これは相手のためのようで、実は自己満足に過ぎません。

真の愛、思いやりとは、相手が気づかなくても、その時は憎まれても「やるべきことをやる」ことだからです。或いは「あえて手を出さない」ことが必要な時もあります。
思いやりは想像力であり、客観視と同じく、脳の前頭連合野が担います。

気持ちの優しさに加えて、

「物事をあるがままに見る客観視」と
「人がどう評価するかではなく、自分の責任において選択する主体性」が

生きやすさを増していくでしょう。

100%反応的にならないことにも、また無理があります。反応はどうしても出てきてしまうものです。その反応を、もう一人の自分が「捕まえられるか」です。

反応的になることから客観視と主体性へ、その割合を高めていく努力は、誰もがやろうとすればできることなのです。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録