「正解」を求めてしまう貴方へ・自分の本音を知る勇気

「その場の正解を求める」が癖になっていると

いわゆる「いい子」で育ってきた人や、親が何でも先回りして決めてしまったり、親に自分の感情や考えを伝えると否定されてきた人の中には、大人になっても「その場の正解を求めてしまう」が癖になっていることがあります。

これをすると、その場は波風が立たず、丸く収まるでしょう。しかし「自分がどうしたいか」の本音からどんどん離れてしまいます。周りがAだと言えばAに、Bだと言えばBに、これを繰り返せば繰り返すほど、波風は立たない代わりに振り回され、自分の内面が疲弊してしまいます。

そして、その場が丸く収まるだけで済まないのが、また厄介です。人の世はそう単純ではないからです。

「自分の意志をはっきり示さないこと」につけこむ人はどこにでもいます。
「嫌なものは嫌だ」を言えない人に、善意のつもりのお節介を焼く人はどこにでもいます。

また相手に悪意は全くなくても、「何も言わないから、それでいいんだと思っていた」になることもあります。

一方で、「自分の意志で」その場に合わせるのか、合わせないかを選択できる人もいます。周囲に配慮はしつつ、「自分はこうしたい、こう思う」とはっきり意思表明できる人もいます。こうした人たちは、何をしているのでしょうか?「その場の正解を求め、振り回される態度」とは、どのように違うのでしょうか・・・?

「規範を守ること」と「『正解』を求めること」の混同

人間は社会的動物ですから、他人と協力し合わなくては生きていけません。そのために、規範と呼ばれるものがあります。
常識やルール、マナー、礼儀も規範の一種です。

「その場の『正解』を求めてしまう」人の中には、この「正解」と「規範」を混同している場合があります。
じっくり振り返ればわかることですが、こうした人たちはもう充分に「規範」を身につけています。

「こういう時はこうするものだ」と知らずに、マナー違反をしてしまうことはあるかもしれません。しかし気がつけば素直に反省し、改めることが出来る人達です。

またマナーや常識は、時代や地域によってもどんどん変わります。相手も、本当に無礼な気持ちでマナー違反をしたのか、知らずにやってしまったのかは何となく伝わるものです。

「正解」と「規範」は違います。そして更に大事なことは、以下にも詳述しますが、「自分が怒られたくないから」が動機になっていないかです。規範とは、本来は相手を思いやり、お互いに円滑に交わるためのもの。交通ルールが良い例です。ですから規範、常識、ルールも、本当にお互いのためになっているかの検証は必要です。「これが常識でしょ!」「これが村の掟だ!」と思考停止の上、相手を脅迫して思い通りにしようとする、そうしたことも頻発しています。

「言われた通りにしておけば怒られない」の「言いなり良い子ちゃん」

「間違ったら怒られる。怒られたくないから『正解』を求める」が動機になっていると、指示待ち人間、引いては言いなり良い子ちゃんになってしまいます。従順さは常に美徳とは限りません。

言いなり良い子ちゃんでいれば、それは楽です。間違ったら「だって○○さんがそう言ったから」といくらでも逃げられます。ただ、そうした人が、周囲から信頼されはしないでしょう。いいように扱われて最終的に自分が泣く思いをすることもあるでしょう。何にせよ、「何かを得れば何かを失う」美味しいとこどりはありません。

「規範」はあっても、最初からわかっている「正解」など、本当はどこにもありません。「何が大事か」「どうしたいか」を考え、「これが最もふさわしいだろう」と仮説を立てて、行動に移す。そして起きた現実からフィードバックを得て修正する。現実世界はこれの繰り返しです。簡単に言えば誰にとっても、「やってみないとわからない」のです。

あらかじめ決まった「正解」を求めないためには、こうした仮説⇒実行⇒検証のPDCAサイクルをどんな小さな事柄でも回していく。PDCAサイクルが生き方になることが必須です。

関連記事

知識ではなく知恵を得るためのPDCAサイクルPDCAサイクル、昔から言われていますので、多くの方が一度は耳にしたことがあるでしょう。PDCAサイクルは、「わかったつもりで、実践しきれていない」最たるものかもしれませ[…]

自分の本音を知る時に痛みが伴うことも

私たちは自分で自分の本音を、牢獄に閉じ込めてしまうことがあります。その時はそうしなければ、生き延びられなかった、それが生存戦略だったからです。特に「親の言うとおりにしておけば、波風が立たない」「自分の考えを否定される」家庭で育ってきた人は。上記の「言われた通りにしておけば怒られない」も、当時の生存戦略だったでしょう。反抗期らしい反抗期がなかった人は要注意です。

しかし成人後、周囲から「何を考えてるかわからない」「貴方はどうしたいの?」と問われても答えられないと、真の信頼関係が築けません。閉じ込められたままの「本音ちゃん」が「ここから出して!」と叫ぶ、それが人生の諸問題を引き起こし、「生きづらさ」のサインとして現れます。

そしてまた本音は、しばしば見栄えが悪く、きれいではありません。(「お母さんなんか、大嫌い!」「本当は家事や子育てはしたくない」「本当は全部放り出して寝ていたい」)だからこそ、心の奥底に閉じ込めようとしてしまいます。「ほれぼれとする素敵な自分でないと、愛してやらないぞ!」をやればやるほど、見栄えが悪くきれいではない本音ちゃんは居場所を失ってしまいます。

「自分が決めたことだから」を生きてこそ湧きあがる勇気

自分の本音通りに生きるとは、「『正解』を求め、他者に決めてもらう」生き方とは正反対のことです。
「だってあの人が(世間が、上司が、夫が)こう言ったから」をしておきたい間は、自分の本音通りに生きることはできません。
自分の本音を見失う一方です。

本音通りに生きる、それは迷惑を顧みず、わがままを通すことでは決してありません。

「自分が決めたことだから」と言える人生を送ることです。結果を人のせいにしないことです。

上記の例で言えば「本当は家事や子育てをしたくない」本音を認めつつ、その上で「やはり家事や子育てをやっていく」ことを「自分で決めて」選んでいく、ということです。したくないのも本当だけれど、投げ出す自分はもっといやだから、投げ出さないのがその人の品位です。

「自分が決めたことだから」は自己決定であり、自己責任の態度です。

この覚悟を決められてこそ、初めて勇気が湧きあがります。

「自分はこうしたい、こう思う」とはっきり意思表明できる人は、この勇気に満ちています。そして意思表明をするから、また勇気が湧き上がってきます。「自分は自分でいい」と思えるようになります。

自尊感情が豊かであるとは、勇気がある状態です。勇気があるから責任を取れます。その姿は潔く、結果的に「あの人はいい人ね」になっていきます。しかし本人は「見栄えの悪い本音」をごまかさないので、自分をいい人とは思っていません。

真に勇気がある人は、「いい人」でいることを目的にはしません。時には誤解を恐れず、憎まれ役を買うことも出来ます。自分から「いい人」でいようとするのは偽善です。

古代ギリシャ語の「徳」は「アレーテー」と言い、この「アレーテー」には「奉仕貢献」「卓越」「勇気」の意味もあります。
勇気を徳のある人の条件だと、古代ギリシャ人は考えました。

現代の日本は、波風が立たないことばかり優先し、結果的に息苦しい世の中になっているかもしれません。
本音通りに生きればこその勇気の意味を、今一度考える時にさしかかっているように思います。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

NO IMAGE

生きづらい貴方へ

自尊感情(self-esteem)とは「かけがえのなさ」。そのままの自分で、かけがえがないと思えてこそ、自分も他人も大切にできます。自尊感情を高め、人と比べない、自分にダメ出ししない、依存も支配も執着も、しない、させない、されない自分に。