0か100か思考をやめるには・過度な一般化とナルシシズム

「0か100か思考」の背景とは

自尊感情が低い間のクライアント様は、「0か100か思考」に陥りがちです。
これは自分に厳しい完璧主義のようですが、実は異なります。

一流の人が、自分の仕事に対して「これでよし」と満足せず、「まだ改善できることはないか?」と探し続ける完璧主義とは根本的に異なります。
これは仕事に対する愛ゆえのことです。彫刻家が自分の作品をこよなく愛すればこそ、何度も何度も手を入れるようなことです。

これらの人々には「自分は完璧には程遠い人間だ」という謙虚さがあります。そして仕事は相手あってのこと。締切や限られた予算の中でできることを精一杯やってこそ、責任が果たせます。

そしてその時の自分のベストを尽くすことと、仕事そのものの評価を分けて考えることができます。

「0か100か思考」は「(仕事や、技や、作品ではなく)自分の存在が完壁である筈だ」という自己陶酔の現れです。ほれぼれとするような、非の打ち所がない、瑕疵のない自分である筈だ、そうでありたいと望むことが後述するナルシシズムであり、虚栄心の温床です。自尊と虚栄は反比例の関係です。

そして実際には「思ったように完壁ではない自分」を受け入れるのが苦痛なため、結果「0」に、何もしない事を選択してしまいます。

人は行動を積まなければフィードバックを得られず、氣づきもなく、成長が止まってしまいます。そしてますます自分を縮こまらせてしまう悪循環に陥ります。

この自己陶酔は、程度の差はあれ誰でも持っています。
自分の力を大きく見積もったり(「間違ったり、未熟な自分を認めたくない、見たくない」)、逆に「どうせ私には無理だから、私は馬鹿だから、他の有能な人がやればいいから」と小さく見積もったり。

本当に自信がある人は謙虚だ、と言われますが、この謙虚さとは割増の自分でも割引の自分でもなく、掛け値のない自分を見る客観視のことです。

過度な一般化・脳は楽をしたがる

ところで、脳は他の体の器官よりもたくさんエネルギーを使います。一日に約400kcal、ご飯二膳分、一日の総摂取カロリーの約20%を脳が使っています。そして人間に限らず、動物は飢餓に備えるために省エネモードになっており、「楽をしたがる」のです。そして脳が楽をしようとしてやってしまうのは「過度な一般化」です。

0か100か、白か黒かで物事を決めつけて、脳の中に入れた方が楽、それが過度な一般化です。「男ってこんなもの」「○○人は△△だ」この過度の一般化が、偏見や差別の温床にもなります。
但し、誰しも本当はわかっているように、現実は複雑であり、また流動的です。白と黒の間には、無限のグレーがあり、そのグレーがマーブルになってしかも動いているのが現実で起きていることです。

この過度な一般化と、自己陶酔、即ちナルシシズムが組み合わさると、0か100か思考から中々抜け出せなくなってしまいます。

ナルシシズム・自己陶酔とは「死に至る病」

この自己陶酔が危険なのは、それが「死に至る病」だからです。
自己陶酔はナルシシズムとも言われますが、ナルシシズムの語源となるナルキッソスのギリシャ神話があります。

森の妖精(ニュンペー)のひとりエーコーが彼に恋をしたが、エーコーはゼウスがヘーラーの監視から逃れるのを歌とおしゃべり(別説ではおせじと噂)で助けたためにヘーラーの怒りをかい、自分では口がきけず、他人の言葉を繰り返すことのみを許されていた。

エーコーはナルキッソスの言葉を繰り返す以外、何もできなかったので、ナルキッソスは「退屈だ」としてエーコーを見捨てた。
エーコーは悲しみのあまり姿を失い、ただ声だけが残って木霊になった。

これを見た神に対する侮辱を罰する神ネメシスは、他人を愛せないナルキッソスが、ただ自分だけを愛するようにする。ある日ナルキッソスが水面を見ると、中に美しい少年がいた。もちろんそれはナルキッソス本人だった。ナルキッソスはひと目で恋に落ちた。

そしてそのまま水の中の美少年から離れることができなくなり、やせ細って死んだ。
また、水面に写った自分に口付けをしようとしてそのまま落ちて水死したという話もある。

ナルキッソスが死んだあとそこには水仙の花が咲いていた。この伝承から、スイセンのことを欧米ではナルシスと呼ぶ。
また、ナルシ(シ)スト(ナルシシズム)という語の語源でもある。

Wikipediaより)

ナルシシズムから脱するために

十代後半から二十代前半くらいまで、人はナルシシズムと自信のなさの間を揺れ動いています。

経験が浅く、それでいて自意識過剰になりがちな青春まっただ中の時、これは誰しも避け得ない道です。

そして多くの人々の交わりー特に「自分とは異なる」人々とのーを通じ、自分は自分が思っていたほどには、美しくも賢くも優しくもない、という現実を否が応でも目の当たりにしていきます。

学校で多少ちやほやされていても、社会に出たとたん「何もできない自分」を目の当たりにします。たくさんのミス、失敗を、先輩や上司にかばってもらい、そのたびにピノキオのように伸びていた鼻が打ち砕かれます。これは「皆順繰り」なので、本人が真摯に反省と謝罪をすれば、心ある先輩や上司なら、「自分も通ってきた道」と受け入れてくれます。

そして、自分は他の人と違う、特別な存在だと思っていたかったけれど、隣のAさんともBさんともそうは変わらない、ただ個性が違うだけだということに気がつきます。

この世には特別な人などいない、ただ「普通の人々」がいるだけ。言葉を換えれば、全員特別な人です。自分よりも優れた人はたくさんいるでしょう。しかし優れた人ほど陰の努力が凄いものです。陰の努力が凄いとは、「0か100か」になっていないからできることです。過度な完璧主義も状況によっては、はた迷惑なこともあり得ます。

だからこそ、普通の人間同士が力を合わせるから素晴らしいのだ、ということが徐々にわかってきます。

そして私たちは大人になっていきます。だからこそ、若いころの失敗や挫折はかけがえのない財産です。

しかし、失敗や挫折は財産だ、と思えないままだと、「水鏡に映った完璧な私、すっころんだり、失敗することなどない完璧な私」に恋をし、溺れ、「そうではない現実の自分」を罰し続けてしまいます。

関連記事

人からほめられると「そんなことはありません!!」と否定する「自分へのダメ出し」人から何かをほめられると 「ありがとうございます、光栄です。励みになります」ではなく、また照れ隠しで「いやそんな・・」と口では言っても、表情では嬉しがっ[…]

こんな残酷な事があるでしょうか?決して逃れられない自分自身から罰し続けられること、これが「死に至る病」です。
最悪の場合自殺を招いてしまいますが、そこまで至らないケースでも、現実の自分は置き去りにされ、水鏡に映った幻の自分が人生を支配してしまいます。

うつ、摂食障害、依存症、衝動行為、症状の違いはあれど根幹にはこのナルシシズム、逆から言えば自尊感情の不足があります。

まず「最低限ここまではやる」を習慣化することから

ところで、失敗を恐れない人は、自信満々なわけではありません。「成功か失敗か」の二択になっていないのです。「成功するまで失敗する」それが試行錯誤であり、努力であるという考え方をしています。そしてその失敗を、小さなうちに食い止め、すぐ修正するようにしています。ですから、他人の目には恰も「失敗していないかのように」見えるだけです。そして「最低限ここは守る、抑える」というポイントを外さない心がけをしています。

「0か100か」「成功か失敗か」の思考が自分は強いなと思い、それを変えたいのであれば、日常の中で「最低限ここまではやる」を意識して実践してみましょう。

例えば私は、歯磨きは電動歯ブラシ⇒普通の歯ブラシに粉の歯磨きをつけてブラッシング⇒小さなヘッドの歯ブラシで歯と歯茎の間や、一番奥の歯の後ろ側をブラッシング⇒歯間ブラシ⇒デンタルフロス、と5つの道具を使います。全部やると5分以上かかります。でも眠くて仕方がないとか、時間がない時は、歯ブラシと歯間ブラシだけ、残りは次の時にやる、などとしています。「最低限ここまではやった」と自分で思えると、自分を罰する氣持ちは持たなくて済みます。

恐らく誰も皆、例えば「朝出かけた時は、時間がなくてお化粧は眉と口紅だけ。昼食後に改めてフルメイクをした」とか、一日にやる仕事も「最低限これとこれは今日中にやる。余力があれば何々をやる」などと優先順位付けをしているでしょう。これを他のことにも意識して広げてみます。

関連記事

「あれもできてない、これもできてない」の減点主義「自分に自信が持てない」「これでいいと思えない」・・こうしたご相談は大変多いです。この場合「あなた、あれもできるし、これも持ってるし、人が羨むようなことばかりじゃないいの」と他人が言[…]

そして当たり前のことですが、全体は部分から成り立っています。しかし上述した通り、脳は過度な一般化をしたがり、「完成か、何もないか」と捉えがちです。しかし現実には、完成までの間に無数のプロセスがあります。

0か100か思考が強い人は、「木を見て森を見ず」の反対の「森を見て木を見ていない」になっていないかどうか、振り返ってみましょう。森は一本一本の木、そして土や草、森の中で生きる様々な生物があって成り立っています。その一つ一つを見ずに、森という一つの塊だけが存在しているかのように捉えていないかです。

正確さが求められること、一定の水準が求められること、完璧も完成もないこと

そしてまた、世の中には完成とか、完璧とか、正解がある事柄と、完成も完璧も正解もない事柄と、その中間に、完璧はないけれどある一定の水準は求められる事柄があります。例えば世の中に「完璧なカレーライス」はありませんが、「500円のカレーライス」も「2000円のカレーライス」もあり、それぞれ求められる水準が異なっています。伝票記入は完璧と言うより正確であることが求められますが、お客様を大事にする心に完璧も完成もありません。元々完璧も完成もないものに、完璧を求めようとしていないか、振り返ってみるのも良いでしょう。

0か100か思考から脱するためには、こうした様々な角度から考える頭の体操と、細かいプロセスに落とし込んで実践するきめ細やかさが大切です。これは誰かにできて、誰かにはできないものではありません。但し、意識して自分自身が取り組むこと、受け身ではないこと、これが必須条件になります。

【音声版・自尊感情を高める習慣・6回コース】

1回約20分、6回コースの音声教材です。

第1回 自尊感情とは何か。何故大事か
第2回 全ての感情を受け止め、否定しないことの重要性
第3回 「何が嫌だったか」を自分に質問する。目的語を補う
第4回 期待通りに成らない現実を受け入れざるを得ない時
第5回 小さな一歩を踏み出す・最低限のラインを決める
第6回 人生が変わるのは知識ではなく氣づき

第1回目は無料で提供しています。まず一週間、毎日聴き、ワークに取り組んでみて下さい。その後更に日常の中で実践してみたくなったら、6回分の音声教材(税込5500円)をご購入下さい。

🔗第1回・要約・氣づきメモ

6回分ご購入をご希望の方は、以下のフォームよりお申し込み下さい。

    弊社よりメールにて、振込先口座をご連絡します。振込み手数料はお客様負担になります。入金確認後、6回分の音声教材とPDFが表示される限定公開のURLとパスワードをメールにてお送りします。

    NO IMAGE

    生きづらい貴方へ

    自尊感情(self-esteem)とは「かけがえのなさ」。そのままの自分で、かけがえがないと思えてこそ、自分も他人も大切にできます。自尊感情を高め、人と比べない、自分にダメ出ししない、依存も支配も執着も、しない、させない、されない自分に。