自尊感情にまつわるコラム

お説教をする人ほど、それを生きていない・お説教の自己欺瞞

優れた人ほどお説教をしないのは

今回取り上げる「お説教」は、相手が自分の子供や部下、後輩など「注意や叱責をしなければならない」立場で、やむを得ずする場合は除きます。

この場合のお説教は「本当はしたくないけれど、相手に態度を改めてもらわなければならないから、その指導をするのが自分の責任だから」行うものです。

こうした「やむを得ずお説教をする、される」ではなく、「お説教をしたがる人・ケース」について取り上げていきます。

こちらが迷惑をかけたわけでもないのに、居酒屋やSNSなどでも「何でこうしないの?」のお説教をされると、どんな人も辟易するものでしょう。「何で結婚しないの?」「何でセミナーを開かないの?」「何でもっと○○しないの?」等々。

ただ、お説教の内容そのものは決して間違っているわけではないからこそ、却って対処に困ります。
「言ってることは正しいのだけれど、でも・・・」と気持ちが消化不良になりやすいです。

「説教を垂れる」という言い回しがあります。つまり、説教は意識のベクトルが下に向いています。どこかで相手を下に見ているのです。

そして優れた人ほど、冒頭の「叱責をしなければならない」場合以外は、お説教はしません。意識のベクトルを下に向けて優れた人になる、ということはありえないからです。
その中で、自分の信念を主張として「私はこう思う」と話すことはあります。

ただそれは、自分の悪戦苦闘の結果として得たものであって、その結果だけを他人がまねることはできません。
その人自身が、やはり悪戦苦闘しながら自分でつかみ取るしかないのです。

どんな価値観・信念でも、それを実践し生きるのには難しさが

「私はこう思う」のどんな主張も、それを実践するのは一筋縄ではいきません。

愛が大事、思いやりが大事と誰でも言いますし、言うことは簡単です。
しかし、一旦実践しようとすると、中々思うようにはいかない自分を目の当たりにします。

好きな人に親切にするのは何の苦労もいりません。
しかし、そりの合わない、いつも嫌な思いをさせられている人にも、同じように親切にするのはそうたやすくはできません。

その自分を知れば知るほど、他人に対して簡単に「何で人に親切にしないの!?」とお説教できた義理ではなくなります。「親切にすることが大事だ」と言ったとはしても。

これは親切だけではなく、どんなことでも同じです。

人は何故お説教をするのか

では一部の人は何故、相手に嫌がられてもお説教をするのでしょうか・・・?

ある心理実験で、被験者を二つのグループに分け、一つにはファストフードのサラダの写真が載っているメニューを、もう一つのグループにはサラダが載っていないメニューを見せたところ、サラダが載っているメニューを見た方が、高カロリーのものを頼んだ割合が高かった、というものがあります。

つまり脳は、サラダの写真を「見た」だけなのに、「自分は健康に気を遣っている。だから高カロリーのものを食べても大丈夫」と思い込んでしまうのです。

これが、セミナーを受講しただけで勉強した気分になったり、facebookで人道的な記事をシェアしたり、「いいね」を押しただけで「自分は人道的な人間だ」と思い込んでしまったりになります。実際には何もしていないのに。

相手に教訓を垂れ、教え導いた気分になると、実際には何も実践していなくても「自分は正しく生きている人間だ」と自分で自分を騙してしまいます。
「正しく生きている人間だということにしておきたい」という自己欺瞞があります。

SNSのリア充自慢や感謝アピールも「リアルが充実していることにしておきたい」「感謝していることにしておきたい」です。
実際に人生が充実し、心から感謝している人は、いちいちアピールをする必要はありません。

親御さんから浴びるように愛情を注がれている子供は、「プレステ買うてもろてん!」とわざわざ友達に自慢したりしないのと同じです。

上記の通り、それを実践し、生きようとしたとたんに「思うようにはできない自分」を目の当たりにします。
「ほれぼれとする自分でなければ愛せない!」のナルシシズムが強いと、その自分を直視するのに耐えられません。

ですから、実践から逃げ、お説教をすることで「正しく生きている人間だということにしておきたい」と、ナルシシズムを満足させようとします。

お説教は、このナルシシズムから脱せない限り続いてしまいます。

お説教をしたがる人ほど、実はそれを実践してはいないのです。

「立派なことを言う人」についていきたくなる心理

お説教をすると即、人が離れていくのなら、誰もお説教をしなくなります。しかし、人間の世は複雑です。

「立派そうなことを言う人」についていきたい人も、この世には少なくありません。
自分の価値観・信念が漠然としていたり、自分がそれを生きている実感が薄いと「これでいいのかな・・・?」と自分の生き方に自信が持てなくなりがちです。

「上から目線で物を言う」態度は、時として「堂々として自信があり、立派そうに見える」ことがあります。本当に自信がある人は、上から目線で物を言ったりはしないのですが。

「立派そうなことを言う人」に共感し、賛同しただけで「自分もその仲間だ、それを生きている人間だ」と思っておきたくなる、サラダの実験と同じ心理が働きます。

一旦この(まやかしの)安心感を得てしまうと、人は中々この安心感を手放そうとはしません。自分から騙されてしまうからくりがここにあります。

こうして「立派そうなことを言う人」の取り巻きが出来上がります。

「それを生きているか」の見分け方

「本当にそれを生きている人」と共感しあいたい、或いは、実践し先に進んでいる人から、フィードバックをもらいたい、と考えるのはごく自然であり、健全な判断力を培うためにも大切なことです。

口先だけのお説教ではなく、「本当にそれを生きているか」のチェックポイントを以下に挙げます。

行動を見る

その人を判断するのに最も適しているのは、その人の行動を見ることです。行動だけを見るつもりでいいでしょう。
人間の本音は、言葉ではなく、常に行動に現れます。

人間の本音は行動に現れる・自分の本音を探るヒント

何をしているのか、何をしていないのか。
自分が手を汚すこと、痛みが伴うことから逃げ回っていないか。
誤解や憎しみを買うことになっても、やるべきことをやろうとしているか。

人の矢面に立つことから逃げない人は、信用していいでしょう。

 一貫性があるか、裏表がないか

上記の「行動を見る」とも関連がありますが、一貫性があるかも非常に重要です。
一貫性とは、その人の無意識レベルまで、その生き方が浸透していないとできないことだからです。

勿論完璧な人間はいません。どんなに親切な人でも、全ての人に親切に振る舞うことはできないこともあります。

ただそれが「そういうこともあるよね」のレベルなのか、「ちょっと、信じられない」レベルなのか。

「ちょっと、信じられない」レベルとは、例えば「人に親切にしましょう」と口では言いながら、自分にとって有益な人には親切にし、利益をもたらさない相手には嫌がらせをしている、などです。

その人の今の限界を超えて、実践しきれない、ということと、あきらかな裏表があることとは異なります。

 I(私)メッセージか、You(あなた)メッセージか

お説教は言葉を換えれば、You(あなた)メッセージです。「何であんたこうしないの!?」
主張はI(私)メッセージになります。「私はこう思う」

「私はこう思う」は、自分の信念に責任を持つ態度です。そして、違う考えや反論を受け入れる態度があればこそのものです。

居場所をなくすYouメッセージ・互いを認め合うIメッセージ

ブログやSNSでの文章で判断する場合、このI(私)メッセージか、You(あなた)メッセージかが、比較的わかりやすい判断材料になります。

 相手に選択の自由を認めているか

You(あなた)メッセージ「何であんたこうしないの?」は、相手に選択の自由を認めていません。
人は間違ったり、回り道をしなければわからないこともある、これを認めようとはしていません。また相手の言い分を聴こうとする態度でもありません。

You(あなた)メッセージは、実は自分が相手にしがみついています。自分が孤独に耐えられません。

この孤独の耐性の弱さを、お説教という形にすり替えています。

 同じ目の高さに立っているか

相手の選択の自由を認める、とは、相手と同じ目の高さに立っていないとできません。

上からでもなく、下からこびへつらうでもなく、立場の上下はあっても、人として同じ目の高さになっているかです。

自尊感情とはかけがえのなさ・同じ目の高さに立つために

これらのチェックポイントは、すべて、常日頃から自分がそれを生きていてこそわかります。
この記事をプリントアウトしてチェックすればいい、というものではありません。

自分がそれを生きていれば、この記事の内容は忘れても、「あれ!?何か違うな?」と自分の潜在意識が違和感としてシグナルを送ってくれます。

「お説教をしたがる人のはけ口」になりがちな方へ

この記事を読んで頂いている方の中には、「お説教をしたがる人のはけ口」になってしまう人もおられるかもしれません。

素直で、聞き分けが良く、食って掛かったりあからさまに無視したりなどせず、そして少々気の弱い「いい人」ほど「お説教をしたがる人」にとってはうれしい存在です。

相手が上司だったりすると、断りにくく、内心うんざりしながらどうしていいかわからないこともあるでしょう。

話している内容そのものは、決して間違ってなどなく、また相手は(本当は自己陶酔なのだけれど)、その人のためだと思い込んでいるので余計に厄介です。

これは小手先のテクニックでは、根本的な解決にはなりません。

自分が何を大事に生きているかを自ら発見し、それを実践し続けることしかありません。これはどうかすると年単位の努力が必要です。

しかし、口先だけで実践していない人と、「中々思うようにはできない自分」と向き合いつつ、実践を続ける人とでは、やがて明らかに存在感に差が付きます。
どんなに口が上手で、自己演出に長けていても、地道に実践している人には決して叶いません。

この存在感は、無意識で感じ取るものです。

この存在感の差を相手が感じ取ると、もう「口先だけのお説教」をしようとはしなくなります。

そして本当に、生き方に共感し、励ましてくれる人が自然と集まってくるようになります。彼らは決して、自己欺瞞が目的の「お取り巻き」ではありません。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録