自尊感情を高める7つの習慣

自尊感情を高める7つの習慣④ 不安の耐性を高める

不安に自ら押しつぶされたり、見て見ぬふりをするのではなく

目標を達成した自分をイメージしたとしても、それが現実のものになるまで不安がよぎることもあります。そしてそれは自然なことです。

私たち人はえてして、不安を綿菓子のように膨らませて地球よりも大きくし、自分から押しつぶされたり、逆に不安材料を見て見ぬふりをやってしまいがちです。
しかしいずれも、私たちの人生には余り役に立ちません。

悩みやすい人とは、不安を感じやすい人とも言えるでしょう。ただ、不安を感じるのが即悪いわけでは決してありません。
サイコパスなど「息を吐くように嘘をつく」人は世の中にいて、彼らは不安を感じにくい脳になっていればこそ、平気で嘘をつけます。

当Pradoのセラピーで目指しているのは、不安を「感じない」のではなく、不安を「受け止め、振り回されない力」をつけていくことです。

脳の前頭連合野を活性化させ、扁桃体の不安を抑制

セラピー・セッションでは、目標設定を必ず行い、過去の振り返りから気づきを得て、物事の見方を変える、こうしたことを多く行います。これは大脳新皮質の、前頭連合野という額のあたりにある箇所を活性化させることです。

前頭連合野とは、客観性を担い、また脳の別名「パニックボタン」と呼ばれる扁桃体を抑制する働きがあります。不安も扁桃体というパニックボタンが押されている状態です。

客観視ができる状態になると、不安を見て見ぬふりも、綿菓子のようにふくらませて自分から不安に押しつぶされることも減っていきます。誤った楽観視ではなく、「物事をあるがままに見る」力をつけていくことが、不安の耐性を高めることになっていきます。

あるがままに物事を見るという勇気

若き日の徳川家康が、三方ヶ原の戦いで武田信玄に大敗北した時、「しかみ像」と言ってその時の恐怖と悔しさを噛みしめている自分の姿を絵師に描かせました。
そして生涯手元に置きました。
それだけではなく、この「しかみ像」を代々の将軍に引き継がせました。

不快な反応が起こらないようにするのが、今の世の主流なのかもしれません。
しかしこの難しい時代を生きる私たちだからこそ、もっと、「不安を直視する力」について考えても良いでしょう。

自尊感情を高めるとは、あるがままに物事を見る力を高めることでもあります。そしてこれには勇気が要ります。

自尊感情が高まるから、この勇気が身につきますし、勇気を出す練習をすればこそ、自尊感情が高まります。

不安はあっても良いのです。この不安を、「あるがままに物事を見る」勇気を養うきっかけにすること。これが自尊感情を高める習慣の一つです。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録