自尊感情を高める7つの習慣

自尊感情を高める7つの習慣④ 不安の耐性を高める

不安に自ら押しつぶされたり、見て見ぬふりをするのではなく

目標を達成した自分をイメージしたとしても、それが現実のものになるまで不安がよぎることもあります。そしてそれは自然なことです。大きな目標であればあるほど、達成には時間がかかるので、不安がよぎるのは当然のことです。

私たち人はえてして、不安を綿菓子のように膨らませて地球よりも大きくし、自分から押しつぶされたり、逆に不安材料を見て見ぬふりをやってしまいがちです。
しかしこれは確実に、目標達成から私たちを遠ざけます。

悩みやすい人とは、不安を感じやすい人とも言えるでしょう。ただ、不安を感じるのが即悪いわけでは決してありません。
サイコパスなど「息を吐くように嘘をつく」人は世の中にいて、彼らは不安を感じにくい脳になっていればこそ、平気で嘘をつけます。

また不安は恐れから生じます。恐れは生き延びるための本能なので、失くすことはできません。

当Pradoのセラピーで目指しているのは、不安を「感じない」のではなく、不安を「受け止め、振り回されない力」をつけていくことです。

脳の前頭連合野を活性化させ、扁桃体の不安を抑制

セラピー・セッションでは、目標設定を必ず行い、過去の振り返りから気づきを得て、物事の見方を変える、こうしたことを多く行います。これは大脳新皮質の、前頭連合野という額のあたりにある箇所を活性化させることです。

前頭連合野とは、客観性を担い、また脳の別名「パニックボタン」と呼ばれる扁桃体を抑制する働きがあります。不安も扁桃体というパニックボタンが押されている状態です。

前頭連合野は、客観性だけでなく、想像力、理性、忍耐力、責任を取ること等、人間の人間らしさ、社会性や心の成熟を担う箇所です。

セラピーで行っていることは、ざっくり言うと、前頭連合野をいかに活性化させ、鍛えるかということでもあるのです。

自己承認により不安の耐性を高める

ただ不安に耐えろと言っても無理があります。それは不安の抑圧を生み、却って自分の足を引っ張ります。
大切なことは「コツコツと進んできた、確実に意識が変化している自分」に自分が気づき、承認していくこと、つまり自己承認です。

私たちは目に見えやすい結果をほしがります。昇進すること、収入が増えること、結婚すること、体重が減ること、等々。

しかし、結果はーそれがかりそめのものではなく本物ならー心のあり方の変化に「後から」ついてきます。しかし、心のあり方は目に見えません。

この心のあり方の変化に、敏感になること。当Pradoのセラピーで重要視していることの一つです。セッションの初めや、最中に、気づきや変化に意識を向けることをかなり頻繁に行います。

自分が確実に、積み上げてきている「事実」を承認すること、これが自己承認です。

自己承認は、賞賛とは異なります。賞賛は事実を「評価」することです。承認はただ「そういう事実がある」と認めていくことです。

この自己承認も、客観性がないとできません。つまり、上記の脳の前頭連合野が活性化される必要があります。

自己承認の習慣をつけることによって、不安を綿菓子のようにふくらませて自分から押しつぶされたり、また逆に「不安材料を見て見ぬふり」もしなくなります。過剰な不安がそもそも起きづらくなり、不安がよぎってもすぐに抜け出しやすくなります。

そして、誰でもなく自分が自分を励ますようになります。自己承認とは自分で自分を励ますことでもあります。

自分が自分を励ます、このことこそ、自尊感情が豊かな人の大きな特徴です。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録