自尊感情にまつわるコラム

恨みの感情を癒す2つの方法・返報性の原理

 中々解消しづらい恨みの感情

「恨んだところで仕方がない」と何度自分に言い聞かせても、中々その恨みは解消しない・・・多くの人がそうした経験があるでしょう。
恨みの感情が早めに解消されれば人生はそれだけ楽になります。

しかしこの恨みの感情は、大きいものであればあるほど、他のことで紛らわそうとしても消えません。
時には何年も、何十年も解消しないことがあります。

それは何故でしょうか・・・?
またどのようにすれば、この恨みの感情は癒されるのでしょうか・・・?

返報性の原理とは

ところで、人間の心理には「返報性の原理」があります。
「お返ししたい、お返ししないと気持ちが悪い」と反射的に感じる作用です。

試食販売などはこの返報性の原理を活用していると言われています。
試食した後、お店の人に愛想よく勧められると「何だか買わないと悪いような気分になってしまう」、そうした心理です。
こうした経験があると、試食においそれと手を出さなくなったという人もいるでしょう。

これまで大して意識していなかったのに、ある異性に好意を向けられると、余程相手を軽蔑しているとか、生理的に受け付けないとかでない限り、何となく相手のことを好きになってしまう。これも返報性の原理です。
ナンパ師はこの原理を悪用しています。

よく自己啓発の本で「感謝しましょう。感謝が大事です」と書かれているのは、「受けた恩を『お返ししたくなる』、その行動を取りたくなるほどに、心から感謝しているか」ということです。
言葉だけで感謝していても、「受けた恩をお返ししよう」と実際に行動に移していなければ、その人は実際には大して感謝してはいません。

参考:恩に報いようとする人はやたら感謝をアピールしない

ポジティブな感情でもネガティブな感情でも、この原理は作用します。
「ポジティブだからお返しして、ネガティブなものはお返ししない」などと、心、つまり潜在意識はそのような区別をつけません。

「思い知らせてやりたい!」の恨みも返報性の原理のため

ですから、理不尽なことをされて傷ついた場合、「思い知らせてやりたい!」と恨みの感情を抱くのも、この返報性の原理のためです。
つまりその人の心が正常に機能している証拠です。

ただし現実には、報復の連鎖は泥沼を招くだけで、誰をも幸せにはしません。

そのため心ある人ほど、恨みの感情を抑え込んだり、罰したりしがちです。「こんな感情は持ってはいけない!危険だ!」
しかしまたそれをすると、出口を塞がれた感情の持って行き場がなくなります。

自分に向かうと身体化(倦怠感、不眠、円形脱毛症、頭痛や肩こりなど)したり、より立場の弱い人に無意識にでも八つ当たりするなど、不適切な行動化になることがあります。

感情の強さに比例して働く、返報性の原理

人が激しい恨みの感情を抱くのは、特に信じていた人に裏切られた時でしょう。肉親など近い関係ほど情が絡むので恨みになりやすいです。

「ほんの行きずりの人」「どうでもいい人」や「軽蔑している相手」に少々嫌がらせをされても、その時不愉快にはなりますが、その出来事が終わったり、関わりさえ持たなくなれば忘れてしまうことが大半でしょう。その後も長い間、恨みを引きずることは、余程のことでない限り、余りないようです。

「かわいさ余って憎さ百倍」ということわざがあります。
相手に対する信頼・尊敬・愛情が大きければ大きいほど、裏切られた時のショックは大きくなります。
失恋のショックから立ち直るのに時間がかかるのも、その相手を信じ、愛していればこそです。

恨みの感情を抱いた時、抑え込んだり、なかったことにするのではなく、この返報性の原理に沿って処理する必要があります。

ひとつは恨みの対象そのものを、相対化して、小さくとらえ直すことです。
上に書いた通り「どうでもいい人」「それほど思い入れのない相手」には、通常不愉快にはなっても「思い知らせてやりたい!」と激しく恨んだりはしません。

もうひとつは、報復そのものを昇華することです。
昇華とは、この場合は報復など、社会的に良しとされていない事柄を、次元の高いものに引き上げて実現することです。詳しくは後述します。

出来事の重さによっては、「小さくとらえ直す」ことはできないものもあります。
家族を事故などで奪われた場合など、その出来事を「小さくとらえ直す」ことはむしろ不自然でしょう。

これを以下に見て行きます。

恨みの感情の癒し方 ① 恨みの対象を相対化する

悩みの現実そのものは変わらなくても、見方を変え、自分の世界地図が広がることによって「相対化」されると気持ちが楽になります。

同じ悩みを持つ人同士で、その悩みを分かち合う会合があちこちにあります。
それは「悩んでいたのは自分だけではなかった」と現実そのものは何も変わっていなくても、気持ちが軽くなることを目的としています。

人が悩んでいる時、悩みの現実そのものよりも、「こんなことを悩んでいるのは私だけだろうか」という孤独感の方が辛く感じることがあります。
こうした孤独感は、悩みを「絶対化」しがちです。そして「絶対化」は自分の世界地図を圧倒してしまいます。

参考:自尊感情を高める習慣⑤ 乗り越えた課題から気づきを得る

また恨みは相手に対する期待の裏返し、ということもあります。

信じていた相手に裏切られ、ショックを受けるのは(「こんな人だとは思わなかった・・・!」)、それは相手にそれだけ期待があればこそです。
親からもらいたかった愛情を、他の大人が代わって与えてくれたとしても、それで帳消しには中々ならない、それは親に対する期待が消えないからでしょう。

親は親なりの最善を尽くしていた、しかしそれは子供の自分が望んだやり方ではなかったとか
世の中には「嘘をついても平気な人」「人を利用することを何とも思わない人」もたくさんいるのだ、自分はこれまで、たまたま運よく巡り会わなかっただけだったとか
皆が皆、自分の心に向き合って、心の気高さを失うまいと生きているわけではないのだとか

こうした見方を拡げることによる「相対化」ができると、相手は何も変わっていなくても、こちらの気持ちが楽になってきます。
「この恨みを返してやりたい!」気持ちが弱まってくる、返報性の原理の作用が小さくなるからです。

またこれは人に言われるのではなく、自分で「気づく」ことが大事です。

多くの人が自然にやっているのはこの「相対化」です。当Pradoのセラピーでもこうした相対化を多く行います。

恨みの感情の癒し方② 報復そのものを昇華する

例えば家族を事故によって奪われたなど、出来事を中々相対化できないこともあります。これは「世の中そんなもの」ではすまされません。

この場合は「思い知らせてやりたい!」つまり報復したい、相手に返したい気持ちを、抑え込み消そうとするのではなく、別なものに変えていく必要があります。

ある芸能人の小学生の娘さんが交通事故に遭って亡くなりました。
ついさっきまで元気にしていた娘が、突然いなくなる、その悲しみやショックはいかばかりかと思います。

どんな曲折を経たのかはわかりませんが、その芸能人の方は、やがて自分の知名度を生かして、「こんな思いをする人が少しでも減るように」と交通事故撲滅のための活動を始めました。

昇華、とはこうしたことです。

もっと日常的な例を挙げると、上司にこっぴどく叱られた、悔しい思いを嫌がらせで返すのではなく、その上司に一目置かせる存在になろう、と発奮材料にするのも昇華です。

スペインのことわざに「幸福に生きることが最高の復讐」があります。

同じ仕返しをすれば、自分もその相手と同じレベルの存在です。
そんな情けないことを自分に許さないことが品位、心の気高さでもあります。

「恨んでもしょうがないでしょ!」では追いつめられるだけ

この恨みの感情の向き合い方は、①と②のいずれか、もしくは両方が必要です。

報復の連鎖はなにも良いことをもたらさない、それは誰しもがわかっています。
だからこそ、恨みの感情に対して、他人や自分に「恨んだってしょうがないでしょ!」とお説教をしがちです。

しかし、人間の心の「返報性の原理」はお説教で止まるものではありません。
かえって心は追いつめられるだけです。

返報性の原理は、良きにつけ悪しきにつけ動き続けるもの。

これに沿って感情に向き合い、処理することが真の癒しとなります。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録