自尊感情にまつわるコラム

一流の人ほど何故リア充自慢をしないのか

SNSでのリア充自慢とは

facebookや、最近ではinstagramなどでのリア充自慢ーリアル、実際の生活が充実していることを自慢することーに辟易したり、或いは自分の生活と比べて落ち込んだりする人が少なくないようです。

リア充自慢をもう少し説明すると、

「レストランでの食べ物の写真」
「食事会、飲み会、バーベキューで友人たちと盛り上がっている写真」
「『今日はどこそこへ出張です!』のコメントと新幹線や空港の写真」
「ハワイでのバカンスの写真」

等々をUPして、「人がうらやむような」生活を私はしているんですよ、とアピールすることです。

本当のセレブは、このようなはしたないことはしません。
また、こうしたことは彼らにとっては「さほど珍しくないこと」なので、ことさらに自慢するほどのことでもないでしょう。

芸能人が、SNSやブログでプライベートを公開するのは、ファンサービスの一環です。つまりはこれは仕事の内で、自慢がしたいからではありません。

また、ストーカー被害を避けるため、何でも無防備にUPしたりはしません。場合によっては、事務所のチェックが入っていることでしょう。

また、政治家は有権者の支持を獲得するために、日々の活動をUPして、SNSを使いこなしています。その際、仕事の記事ばかりでは窮屈になるので、時折プライベートの写真を混ぜることはあります。硬軟取り混ぜるのも戦略の内です。

しかし賢い政治家は、いわゆる「リア充自慢」をしたら、有権者がそっぽを向くことを熟知しています。

ですので、芸能人や政治家もそうですし、一流と言われる人たちほど、SNSでリア充自慢はしていません。

「はしたないから」という人様を思いやる理由以外に、それをしないことが自分自身のためにもなることを、直観的にわかっているからです。

経営者の恐怖と孤独

少し話はそれますが、経営者ならではの恐怖と孤独について、触れておきます。

経営者の孤独は、雇われの身とは性質が違うものです。勿論、雇われの身の大変さは大変さとしてあります。どちらがどうではなく、違う、ということです。

「従業員が辞めてしまうかもしれない」
「新商品が大コケするかもしれない」
「売掛金が回収できないかもしれない」
「銀行がお金を貸してくれないかもしれない」

・・・つまり「自分の決断のミスで、ある日突然、会社がなくなるかもしれない」恐怖が経営者にはあります。それと向き合っているかどうかは別として。

仮に人望がある経営者で、どんなに人から尊敬され慕われていても、そのことでこの恐怖と孤独は解消できるものではありません。

雇われの身では、経営者ほど切実に「ある日突然、会社がなくなるかもしれない」恐怖を、常には感じていないでしょう。そしてそれが当然です。

これは経営者に限らず、アスリート、作家、芸術家、芸能人など「未来が保証されていない」職種の人は、すべて同じではないかと思います。

恐怖や孤独と向き合ってこそ、一人前の経営者・アスリート・芸術家に

ただし、これらの恐怖や孤独は、それを感じ、向き合ってこそ一人前です。

いつも誰かとつるんで、取り巻きにちやほやされて喜んで、恐怖や孤独から逃げることに終始しているような経営者やアスリート、作家、芸術家。
そういう人たちで、さすがと思えるような人を、思い浮かべることができるでしょうか・・・?

覚悟とは、これらの恐怖や孤独をエネルギーに変えることです。

トップに立つ人は孤独、とよく言われます。逆から言えば、孤独になれない人は、トップに立てないのです。どんなに才能があり、努力しているつもりでも。

また、仕事が何であれ、或いは仕事をしてなかったとしても、恐怖と孤独を引き受けて生きている人は、人間のあり方としてトップに立てている、つまり一流の人と言って良いでしょう。

一流のあり方とは、有名無名、社会的地位の高い低いとは必ずしもリンクしません。病床で寝た切りの人の中にも、一流の人はいます。

恐怖や孤独を「圧縮」してエネルギーに

トップに立つ人は、恐怖や孤独を引き受けています。ちやほやされることで解消しようとはしません。

安易な方法で解消しないのは、これらをエネルギーに変えているからだと思われます。
ちやほやなどの低いレベルで、恐怖と孤独を癒し、解消してしまっては、エネルギーが洩れてしまいます。

どういうことかと言うと、ゴムホースで水を飛ばそうとするとき、わざとホースの先を指でつぶして、口を狭くします。
そうすると水圧がかかり、エネルギーが強くなって遠くまで水が飛びます。水圧とはエネルギーのことです。
ゴムホースに途中で穴が開いていたら、水が漏れてしまって水圧が下がり、遠くまで水を飛ばせません。

そして恐怖や孤独が強ければ強いほど、それはエネルギーも強いということです。水圧が強くなるのと同じです。エネルギーが強くなればなるほど、遠くまで、つまり高い次元まで到達することができます。

ちやほやされることで、恐怖と孤独を癒そうとするのは、ゴムホースの途中から水を漏らしてしまうのと一緒です。

本当は、ちやほやなどでこの孤独と恐怖が解決するわけはありません。一時しのぎをして、目をそらしているに過ぎません。しかし、「癒された気分」と引き換えに、ゴムホースの途中からエネルギーは漏れてしまいます。

トップとしての責任を果たすこと以外に、この孤独と恐怖が癒されることは、本当はありません。

リア充自慢をしないのは、他人への思いやり、慎み、自分にとってはエネルギーの「圧縮」のため

承認欲求もそうです。彼らも生身の人間ですから、承認欲求はあります。
しかし、SNSで自慢したり、ちやほやされたりなどの低いレベルで承認欲求を満たしてしまっては、ホースの途中から水が漏れるのと一緒です。

顧客の支持を得ること、競合に勝つこと、自社のブランドが高まること等、ずっと高いレベルで承認欲求を満たしてこその、経営者としてのトップのあり方です。

これは作家や芸術家が、作品で評価を得るとか、アスリートが試合に勝つなどのケースも同じことです。

承認欲求を、低いレベルで満足させ、エネルギーのダダ洩らしにしないのです。
承認欲求を高いレベルで満足させるために、エネルギーとして溜め、圧縮します。

ゴムホースから勢いよく水が出れば出るほど、つまりエネルギーが強いほど、遠くまで水は飛びます。高いレベルでの承認を得ることができます。

一流の人ほどリア充自慢をしないのは、他人に不快な思いをさせない思いやり、品位、慎みのためもあります。
そして何より、「低いレベルで満足しない」ために、エネルギーを残しておくからです。

「低いレベルで満足しない」これがまた、「自分は自分で良い」「自分はかけがえのない存在だ」の自尊感情をより高めていきます。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録