自尊感情にまつわるコラム

義務感は恐れ・責任感は愛・使命感は自分を超えたものへの愛

人が人を信頼するのはちやほやではなく責任感

人が人を真に信頼するのは、ちやほやしてくれたり、甘やかしたりではなく、責任を持ってくれるかです。

部下を叱れない上司が真に信頼を得ることはありません。嫌なことは言わない代わり、痛みを伴うことからは逃げる人が、信頼されることはないのです。

責任を持てる人は、例えばボランティア活動など無給の仕事であっても、責任を負うことから逃げません。寧ろ自ら買って出て、人の役に立てることを喜びとします。

責任感の有無は、気持ちがやさしいなどの持って生まれた性格とは無関係です。ある程度の年数を生きていれば、「人当たりは柔らかくても、面倒なことからは逃げる人」の一人や二人に出会っているでしょう。

何故、責任を持つことから逃げる人と逃げない人とに分かれるのでしょう・・・?この違いはどこにあるのでしょう・・・?

「それをやらなければ罰せられるから」の義務感は恐れ

ところで、勉強にしろ仕事にしろ、「嫌々やっている」「それをやらなければ罰せられるから。上司や先生に怒られるから」の義務感は、恐れからきています。
ですので、うるさく言う人がいなくなった途端に、やらなくなってしまいます。

ただ、義務感が全く悪いというわけではありません。

例えば、学生時代にテストがあればこそ、苦手な科目でも何とか勉強しようとします。テストがなければ私たちの学力はうんと低くなってしまったでしょう。

納税や社会保険料の納付なども、ほとんどの人は義務感でやっているでしょう。或る程度のことは、義務感で縛られなければ私たちはやらない、という側面があります。

それでもやはり、動機のほとんどがこの恐れから来る義務感であれば、人生が苦痛に満ちたものになってしまいます。

「嫌々、しぶしぶ」なのか「愛情や愛着」からなのか

また例えば、終業時間を過ぎたけれどいくらか仕事が残っている時、ほとんどの人は残業代がつかなくても残って仕事を仕上げます。

「それをしなければ仕事が滞るから」「周りに迷惑がかかるから」などの動機のためでしょう。

更にその動機に潜む感情が、「やらなかったら誰それさんに怒られるから」などの嫌々、しぶしぶなのか、誰が何を言っても言わなくても、「これが仕事だから。仕事が大事だから」の愛着からくるのか。

嫌々、しぶしぶは恐れから来る義務感であり、「仕事が大事だから」は愛着であり責任感です。愛着があればこそ、人は少々のことで投げ出すこと自体が嫌になります。

真の意味で自分を愛している人は、仕事にも愛情を持てます。責任感の有無は、自分を大切にする愛に比例していると言ってもいいでしょう。

逆から言えば、責任から逃げて回る人はそれだけ自分を愛していません。我が身かわいさのために逃げているようですが、本当のところは自分を信じていないからです。「どうせ自分にはできっこない」「誰かが代わりにやってくれないかなあ」と、誰でもなく自分で自分を貶めているから逃げるのです。

無責任さは「自分を応援しない」という自己虐待でもあるのです。

3つの自己虐待・「いないことにされた私」

挑戦できるのは自分を信じ、愛しているから。だから困難や責任から逃げない

挑戦とは必ずしも、難しいことに挑むことばかりではありません。「どうやったらもっと上手くいくかな?」「このやり方のままでいいのかな?」「もう少し手を入れてみよう」等、小さな創意工夫を積み重ねることも挑戦です。その創意工夫も、やっていることに愛着を感じればこそです。

実際、何かをやり遂げるとは、この小さな創意工夫の積み重ねに尽きる、と言っていいでしょう。人間は昨日と今日とでは、そう大きくがらりと変われません。仕事や学業のみならず、心のあり方も、ティッシュペーパーを一日一枚積み重ねる、この地道な作業をやるか、やらないかなのです。

そしてこの地道な創意工夫を常日頃積み重ねている人が、大きな困難が来ても受けて立つことができます。言われたことだけこなし、それ以上のことをしようとはしない人には中々できません。

人はしばしば、「頑張ってこういう自分になったら(ダイエットに成功したら、試験に受かったら、素敵な恋人や配偶者を得たら)自分を認め、愛し、自信が持てる」と考えがちです。その発想だと「こうするべき、こうしなければ」の「べき・ねば」、恐れから来る義務感で自分を鞭打とうとしてしまいます。

しかし真実は順序が逆です。「自分を認め、愛し、自信を持っているから、責任から逃げず、挑戦し、困難を乗り越えることができる」のです。

経営者であれスポーツ選手であれ、第一線で活躍し続けている人たちは、常人にはなかなかできない努力をし、困難を乗り越え続けていても、どこか楽しそうで、また感謝の境地に至っています。それも心から自分を大切しているから「より高い世界に自分を連れて行ってあげたくなる」のです。ですから困難に際して、安易に投げ出すこともしないのです。

そして、困難を自分の意志で乗り越えた実感がまた、自信を深め、矜持を持たせます。この好循環が自尊感情を高めます。

責任と愛は表裏一体です。

どんなにちやほやしてきたり、プレゼントや差し入れをくれたり、或いは口先で「いいこと」を言っていても、自分が置かれた立場を理解せず、責任や困難から逃げる人には愛はありません。

そしてまた、自分の限界をわきまえることも責任の内です。SNSなどでの「過労自慢」は全く自慢になっていません。

責任は一度果たせばいいものではなく、果たし続けるものです。闇雲に抱え込んで倒れてしまうのは、本人は責任感のつもりかもしれませんが、実は「ほれぼれとする完璧な自分でなければ愛せない」のナルシシズムがあります。このナルシシズムと、自分の限界をわきまえる姿勢は相反するものです。

その時々の自分の限界を客観視し、責任を果たし続けられる環境を整える努力が、真の愛でしょう。

使命感は自分を超えた次元への愛

自分の使命を知りたい、と思う人は多いでしょう。

ただ、責任や困難から逃げ続ける人に、天から使命が下りてくることはありません。物事には順序があります。

愛に裏打ちされた責任を果たし続ける人が、さらにその愛をより高い次元のものに向けた時に、自分の使命がわかります。

使命感とは、自分や、自分の家族さえ無事に暮らせればいいという狭い意識とは相反するものです。

そして責任感から使命感に昇華する際、時として心の深いところから揺さぶられるような、辛い経験を経ることも少なくありません。

心の傷を使命に昇華する人間の偉大さ

そして使命感が動機になると「宝くじが一億円当たったら、やめてしまう」ことはなくなります。まして「ライバルに先を越されたからやめてしまう」などと言うことも。

また「あいつがやれるなら俺だって」という発奮材料にするねたみは抱くかもしれませんが、「足を引っ張ってやれ」という低い次元のねたみはありません。これらの段階ではまだ、使命を生きているとは言えません。

使命を生きると、ライバルはむしろ同志だと、リスペクトする心を持つようになっています。これも自分を超えたものへの愛の発露です。

自分が生きている間に、少しでも世の中を良いものにしたい。その具体的な中身は様々ですが、このことを切々とした感情を伴って感じていることが使命感です。

仕事であれば、売り上げや利益が気になるのは当然のことです。

しかし、使命感が動機になっていると、売り上げや利益は目的ではなく、むしろ「使命を果たし続けるための」手段に変わります。安定した利益を上げられればこそ、使命を果たせるという発想に変わります。

「ピンチはチャンス」と思えることが使命を得た証

使命を得ていれば、何もかもが順風満帆で、ルンルンで楽しいわけではありません。がけっぷちに立たされることはやはり起こります。

その際「ピンチはチャンス」と思えるかが、その人が使命を得ている証でしょう。

ピンチは、その人の心のあり方を見直したり、新しいスキルや、新たな分野へのチャレンジなどが必要であるというサインです。これを乗り越えれば、さらに大きな使命が果たせるからやってきます。

ピンチをただの災難、嫌なことと捉えているのは、まだ「恐れから来る義務感」の段階です。

ピンチをチャンスと思えるかも、自分を信じ、大切にし愛していればこそ。自尊感情が高まっていればこそなのです。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録