自尊感情にまつわるコラム

他人の失敗を許せないのは自分の失敗も受け入れられないから

失敗した後、反省を促すのではなく責める人

私たち人間は機械ではありません。ですので、必ず大なり小なり失敗はあります。

失敗をした後、例えば上司が「次からはどうするの?」と再発防止のための反省を促すのは、上司として当然の仕事です。
仮に厳しい言い方をされても、成長を促そうとするのは愛情があればこそです。

しかし、もし上司が反省ではなくねちねちと責める場合、それは上司自身が自分に失敗をすることを許せていません。
失敗=悪、くらいに考えています。「失敗なんかしない、ほれぼれとする自分しか愛せない」だから他人にも許せていないのです。

もしかすると自分の失敗は見て見ぬふりをしたり、ごまかしたり、誰かにしりぬぐいを押しつけて自分は知らん顔をするかもしれません。
これは一見自分の失敗には甘く、許しているようですが、真実は異なります。
失敗した自分に耐えられないから、その事実から逃げ出そうとしているのです。

このような上司の部下になった人は、とんだ災難です。
スルースキルを身につけて、あとはできれば悩みを共感して聞いてもらえる人をみつけておくことをお勧めします。

参考:スルースキルは成熟の証

その上司は、本当は失敗した部下ではなく、自分を憎んでいます。部下に憎んでいる自分を投影しています。
これは自分で気づかない限り、他人が止めることはできません。

成長し続ける人は失敗から学んでいる

部下の失敗をねちねち責める上司は、どんなに威張ってやり手そうに見えたとしても、本当のところは大して仕事はできません。
知能と言う意味での頭は良いかもしれませんが、それは聡明さとは別のことです。

真に出来る人は、失敗から学んでいます。自分も大失敗をし、そこから這い上がった経験が何回もあります。
それは他では代わりにならない貴重な学びだと、心底わかっています。

ですので、失敗した事柄の、その中身に関しては、厳しく向き合わせそこから学ばせようとします。一方で、失敗することそのものは受け入れる度量があります。
相手がしっかり反省し、学んだなら、それ以上ねちねちと蒸し返すことはしません。
相手のやる気を損ない、成長を妨げることでしかないからです。

「友達が失敗した時、失敗そのものを見ていますか?失敗した後の態度を見ていますか?」

自尊感情が低いうちは「ほれぼれとする自分しか愛せない!」「100点取ったら愛してやる!」を自分にやってしまうので、些細な失敗さえ気に病んでしまいがちです。

「ごめんなさい!」と真剣に謝り、あとの対処も終わったのに、なおクヨクヨしてしまう時は、自尊感情が充分に高まっていないサインです。

そしてそれ以上どうにもできない失敗に心が囚われてしまい、本当に必要なことに意識を向けられず、別の損失を引き起こしていることに気がつけない、そんなことも起こります。

しかし人は多くの場合、失敗したことそのものではなく、その後の態度を見ているものです。
自分のことではなく、他人に置き換えるとよくわかります。

「もし友達が同じ失敗した時、失敗そのものを見ていますか?失敗した後の態度を見ていますか?」

こう問いかけると、本当に自分が取るべき態度がわかってくるかと思います。

失敗した時こそ、人の真価が問われる時

私たちは自ら好き好んで失敗を欲しがったりはしません。
成功することを目標に努力しますし、それが手に入ると嬉しく誇らしく思うのも当然です。

しかし、人の真価が問われるのは、成功した時よりも寧ろ、失敗をどう受け止めたかであり、人はその時の態度をよく覚えているものです。

ナポレオンがウォーターローで敗れ、イギリスの海軍に捕虜として捕らえられた時、数万のイギリス人が一目ナポレオンの姿を見ようと波止場に連日詰めかけました。
ナポレオンにより20年間も辛酸をなめ続けたイギリス人にとって、彼は不倶戴天の敵でした。
その憎い敵がついに捕らえられたのですから、イギリス人がどんなに驚喜したか想像に難くありません。

あの有名なナポレオン帽を被った彼がついに船の甲板に姿を現した時、それまで騒ぎ立っていた数万のイギリス人達は、一斉に沈黙し、波止場は水を打ったように静まり返りました。
そして、誰からともなく、一斉に帽子を取り、無言で彼に敬意を表しました。

囚われの身になったナポレオンは、意気阻喪した惨めな姿を晒してはいませんでした。
敗れてもなお、王者の誇りを失わず、敢然として自分が招いた運命を引き受けていました。
その気迫が、数万の敵方の人々の心を打って、自然に頭を下げさせたのです。

(吉野源三郎「君たちはどう生きるか」より要約)

こうした態度は、一朝一夕に成るものではありません。
だからこそ私たちも、日常の「よくある」失敗をどう受け止めていくかにより、少しずつでもナポレオンのこの態度に近づくことは可能なのです。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録