自尊感情にまつわるコラム

何故引き寄せが上手く行かないのか・欠乏欲求と感謝の関係

ブームで終わった「引き寄せの法則」

約10年ほど前ですが、「引き寄せの法則」が大ブームになりました。

「自分が発している波動と同じものが『引き寄せられる』、だから豊かになりたければ豊かな気分になりましょう」

「感謝しましょう。自分が如何に豊かかに意識を向けて感謝しましょう。
そうするとその『豊かさ』の波動に応じて更に『豊かさ』が引き寄せられます」

などと「引き寄せ本」に書いてあると、

「そうか!自分のリソース(資源)に意識を向けることが大事だ!」

とその時は思っても

先行きは不安だし、
売り上げは中々上がらないし、
成績は思うように伸びないし、
「えー、あの人あんな人だったなんて!」といちいち傷つくし、
「ああ、またやっちゃった」と自分が情けなくなるし、

こんなことが積み重なると、「豊かさ」ではなく「欠けているところ」に意識が向きっぱなしになります。結果的に「豊かさ」は引き寄せられません。

そして生きていくことは誰しも、こうした不安、対人関係の悩み、自分に対する不全感がつきまとうものです。それが人が生きている証でもあります。

成功した人、お金があって幸せそうに見える人にも、こうした悩みがやはりないわけではありません。

では「引き寄せの法則」はでたらめのインチキか、と言えばそうではありません。

「引き寄せの法則」とは、実際には何をすることなのでしょうか?
ただ「何となく『豊かな気分』になること」と、何が違っているのでしょうか?

生きている限りつきまとう欠乏欲求

ところで、心理学者アブラハム・マスローの欲求段階説というものがあります。
人は低次の欲求を満たし、より高次の欲求に移っていく、というものです。

  • 生理的欲求・・・食欲、睡眠欲、排泄欲など、体の生理的な欲求
  • 安全・安心の欲求・・・心身の安全を確保したい、危険から身を守りたい欲求
  • 所属と愛の欲求・・・仲間が欲しい、居場所が欲しい、一人ぼっちは嫌だ、という欲求
  • 承認欲求・・・人に認められたい欲求、無視されたり、軽んじられることを辛く感じる欲求
  • 自己実現欲求・・・自分の能力を最大限に生かしたい、最大限の「成り得る自分」になりたい欲求
  • 自己超越欲求・・・自分自身や、自分の利益を超えた平和や神的存在へ心が向かうこと

この欲求段階説の内、生理的欲求から承認欲求を欠乏欲求と言い、自己実現欲求と自己超越欲求を成長欲求と言います。
「欠けているものを埋めたい」が欠乏欲求、「成長したい」が成長欲求です。

ただし欠乏欲求は、人が生きている限り、一旦満たされたら終わりではなく常につきまとい続けます。最高次の自己超越欲求を生きている人にも、当然生理的欲求も安全・安心の欲求もあります。

そして成長欲求には入ろうとして入るものではなく、この欠乏欲求を自分で満たす、その習慣が付いた結果としておのずと入るものです。

特に精神的な欠乏欲求(安心・所属と愛・承認)に関するものについて以下に説明します。

この世に完全な安心はありません。
ですので「何が何でも上手く行かないと困る!!」ではなく、「上手く行かなくても、失敗しても、そこから学び立ち直れる自分」が育っていない限り、不安にさいなまれ続けてしまいます。
これは大きな失敗だけを指しません。日々の小さな「上手く行かなかったこと」を、ただ責めるのではなく、教訓にし、工夫し改善する、この習慣が大切です。

またどんな人も、大なり小なり信頼を裏切られ、心が傷つくことは避けて通れません。
ですので、「孤独に耐えられる自分」を育てていないと、「所属と愛の欲求」が脅かされっぱなしになります。

「こんな人だと思わなかった!」孤独に耐える力と人間関係

そして他人からの、外側からの承認は、その時限りのものです。
常に自分を振り返り、自己承認をする習慣がないと、外側から承認を得よう得ようとする「くれくれ星人」「かまってちゃん」「かまわせてちゃん」になってしまいます。
承認とは褒めることではなく、「以前と比べて、自分はこのように成長することが出来た」と事実を認めていくことです。

欠乏欲求を自分で満たす習慣がないと「欠けているところ」に意識が向きっぱなしに

つまり、これらの精神的な欠乏欲求を自分で満たす習慣が付かないと、ずっと欠乏欲求に振り回され続けてしまいます。
その間、「既にある豊かさ」ではなく「欠けているところ」に意識が向きっぱなしになります。

頭だけで言葉だけで「感謝している」つもりになっていても、意識の80~90%を占める潜在意識が、「欠けている」方を向いているので、引き寄せの法則は実現しません。

潜在意識の特徴 ⑤意識を向けたものを引き寄せる

欠乏欲求は、生存のために誰にとっても不可欠です。これ自体をなくすことはできません。
欠乏欲求を自分で満たす習慣がついて、ようやく「欠けているもの」から「既にあるもの」へ意識を向けられるようになります。

感謝は「する」というより「わきあがる」境地

そして自分には既に満たされている、この実感を経て「ああ、ありがたいなあ」と感謝の念がわきあがります。

感謝は自信と同じく、頭でやろうとしてやるものではなく、わきあがってくるもの。そして流れ去る感情(嬉しい、楽しい、つらい、悲しい)とは違い、境地です。

そして感謝すればこそ、恩に報いようとします。
恩に報いる行動に移さず、口だけで感謝をアピールしている人は、実際には大して感謝してはいません。

感謝の境地に至って初めて、真の意味で「相手を見る」ことができます。

自分の「欠けているところ」に意識が向いている最中は、相手を見ているようで見ていません。
ともすれば相手を、「自分の欠けているところ」を埋め合わせる道具くらいにしかー自覚の有無にかかわらずー思えなくなります。人間関係で人が深く傷つくのは、多くの場合、このことが原因と言っても良いでしょう。

相手をしっかり見られればこそ、相手の期待に応えられます。そして結果として「豊かさ」が巡ってくる、引き寄せとはこの順序になっています。

これはお勉強でわかる、できることではありません。
日々自分と向き合い、実践していくことであり、そしてまた「誰かには出来て、誰かには出来ない」類のものではありません。

その意味において、幸福とは意識的な努力の結果であり、誰でもその人次第で幸福になれます。

Pradoの心理セラピーでは、「幸福になりたいが、自分ではやり方が分からず、堂々めぐりになってしまう」人には援助が出来ます。
「誰かが幸福を授けてくれる」ことを期待している人には、残念ながら何もできません。

環境を整えることはできても、誰かが誰かを「幸福にする」ことはできないのです。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録