レジリエンス(再起力)

トラウマ・症状が慢性化する7つのストラテジー(戦略)

堂々めぐりにはまり込む慢性ストラテジー

心理セラピーが奏功するのは、心の悩みはほとんどの場合「自ら作り出している」からです。

きっかけは自分の責任ではない環境によるものも多いですが、同じ環境にいる全ての人が「悩みにはまり込む」わけではありません。
どんなに劣悪な環境に生まれ育っても、「悪魔に魂を売り渡さず」自己教育に成功し、自尊感情豊かになることに自らを導いた人に何人も出会ってきました。

一方でどんな働きかけを周囲がしても、その手を自分から振り払い、不幸に溺れて行く人も。

心理セラピーでは「悩みから抜け出したいが、やり方がわからず堂々めぐりになってしまう」人に対しては援助が出来ます。

そしてこの「堂々めぐり」にはあるパターンがあります。
そのパターンを「慢性ストラテジー(戦略)」という7パターンとして抽出したのが、英国の心理セラピストのアンドリュー・オースティンです。

この「慢性ストラテジー」の7パターンを、以下に説明していきます。

①「もし~だったら(What if)」クエスチョン

自尊感情が低いと、困難を乗り越える自信がないために、あらかじめ「保険」をかけようとするパターンが働きがちです。
「もし上手くいかなかったらどうしよう」「最悪の事態が起きたらどうしよう」など。

最悪の事態を想定して対策を立てることは必要でしょう。そしてその上で、自分が望むものに改めて意識を向けることが大切です。
「自分が望むものに意識を向け直す」ことをしないと、「上手く行かない方」へ意識がはまり込み、結果望まないことの方が実現します。

②「なぜ(Why)」クエスチョン

人間の脳は起きた出来事に意味づけをしたがります。「次に何をしたらいいか」に備えるためです。
そして自尊感情が低ければ低いほど、ネガティブな意味づけをして、また「保険」をかけようとします。

特にWhyクエスチョンの主語が他人になると、「答えの出ない質問」になり堂々めぐりになります。「何であの人はあんなことをするのだろう」
このWhyクエスチョンの代わりにHowとI、canを使うと効果的です。「私はどのように対処できるだろう」などと自分に質問すると、堂々めぐりから抜け出せます。

③「たぶん」反応

現在の状況を訊かれた時に「わかりません」や「たぶん~です」の答えになると、現在地を測ることができません。
また、セラピー後「次に同じようなことが起きた後、これまでとはどんな違った選択ができますか?」と尋ねられた時にも「わかりません」「たぶん~です」だと、脳のナビゲーションシステムに目的地を入力できません。

これも「上手く行かなかった時に失望しない」ための「保険」をかけようとする心理が働いています。

人が迷子になるのは「現在地がわからない」か「目的地がわからない」、或いはその両方です。この「たぶん」反応があると、結果的に迷子になってしまいます。

④変化よりも問題を自分から探す

これまで自分が進んできたことよりも、「まだこれが問題だ」「これが解決できていない」とマイナス面を自分から探す、ということが起こります。
これも先行きに対する不安感からきています。

ここで小さな実験をしてみます。いま目に映るもので、「青い物」がどれくらいあるか、1分間周囲を見回してできるだけたくさん記憶します。そして目を閉じた状態で「赤い物」がどれくらいあるか、思い出してみましょう。
おそらく、すぐにたくさんは思い出せなかったことでしょう。

「問題ばかりに意識を向ける」とは、「青い物」だけに意識を向けていることと同じです。そうすると、脳の中は「青い物」「問題」だらけになります。
「青い物」ではなく「赤い物」が欲しいのなら、「赤い物」に意識を向けない限り、存在していても脳の中には入ってきません。

⑤否定的な名詞化

「私にはトラウマがあります」「私はうつです」「私はアダルト・チャイルドです」など、これらは全てプロセスであり「こと」なのですが、名詞化するとまるで「物」のように捉えてしまいます。

トラウマもうつもアダルト・チャイルドも、ウイルスや細菌のような「物」ではありません。

名詞化することで「厄介な『物』が自分に取り憑いている(だから誰かに取り除いてもらわなければならない)」になってしまうと、「自ら変化を起こす」ことが難しくなり、結果慢性化してしまいます。

これらの否定的な名詞化を、他人への説明の際に便宜上使う場合でも、「これは『物』ではなくて『こと』なのだ」との自覚が肝要です。

⑥問題を「被る」態度

⑤の通り、「厄介な『物』が自分に取り憑いている(だから誰かに取り除いてもらわなければならない)」は、「この不快な反応は、良くも悪くも自分のパターンだ。だからこそ変えることが出来る」とは正反対の態度です。

困難な現実は、自分が起こしたことではないかもしれませんが、それに対する反応は自分だけのものです。

「この『問題』を誰かに取り除いてもらわなければならない」だと、心の問題は解決できません。

⑦ノシーボ(プラシーボの反対)反応

プラシーボとは偽薬のことです。砂糖を固めただけの錠剤でも、権威のある人がそれらしく説得して飲ませると症状が改善する、といったことです。

ノシーボ反応はプラシーボ反応とは逆で、砂糖を固めた錠剤を飲ませただけで気分が悪くなってしまいます。

アーサー・バースキー(米国・ボストンのブリンガム&ウイメンズホスピタルの精神科医)によると、このノシーボ反応を示す患者は、「どんな治療を施されても、ほとんど何も解決しない」と最初から決めこんでいます。
こうした場合にも、他者からの介入は全く効果はなく、慢性化します。

根本には人生に対する主体性の欠如が

これらのパターンについて、韓国の大企業の幹部に対して研修した際「まるで自分のことを言われているかのようだ」という反応が返ってきたそうです。
つまり能力・パフォーマンスが高い人にも、これらの慢性ストラテジーは起こりえます。

この慢性ストラテジーには共通して、人生に対する主体性の欠如と、「『保険』をかけておきたい、つまり困難を避けたい」という心情が見て取れます。

これには私たちは困難を乗り越えることで貴重な学びを得て来たこと、そして「自分の人生の主役は自分」を思い出すことが、慢性ストラテジーを抜け出すための基盤となるでしょう。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録