自尊感情にまつわるコラム

「終わったことをくよくよ」から抜け出すために

「終わったことをくよくよしても仕方がない」けれどくよくよしてしまうのは

「しまった!ああすればよかった、こんなことするんじゃなかった」と後悔し、その後もずっとくよくよしてしまう・・・そしてそこから中々抜け出せない人は少なくありません。
「しまった!」と一瞬思う、この反応は、その人の責任感や良心の表れでもあります。

しかしこれが「終わった後もいつまでもくよくよ」の後悔になると気が滅入りますし、うつの温床にもなりかねません。

「成功は自分のおかげ、失敗は他人のせい」くらいに考えている図々しい人は、こうした悩みを持ちません。

一方で、責任感も良心もちゃんとあり、その時は「しまった!」と一瞬思うけれど、後々までくよくよしない人もいます。

この違いは一体何でしょうか?
どのようにすれば、責任感や良心を持ちつつ、出来るだけ早く「くよくよ」から抜け出せるようになるのでしょうか・・・?

後悔は「違う選択が出来たはず」の自分があるから

人間は「最初から出来もしないこと」には後悔はしません。「出来たはずなのに、しなかった」ことに後悔します。

ところで、多くの人が座右の書に挙げている「君たちはどう生きるか」(吉野源三郎著)は、戦前の旧制中学二年生、15歳の少年コぺル君の成長物語です。

コぺル君は友人の北見君が上級生から目を付けられ、リンチを受けるかもしれない、と話を聞きます。

他の二人の友人と共に、北見君を守る約束をしたコぺル君でしたが、ある雪の日、とうとうその上級生らが北見君を殴りつけます。
二人の友人は北見君をかばいましたが、

「北見の仲間は、みんな出てこい!」と上級生にすごまれた時、コぺル君は恐怖のあまり、とうとう出ていくことが出来ませんでした。

激しい後悔から、ついに高熱を出して寝込んでしまうコぺル君。

病気が治りかけたころ、コぺル君のメンターとも言える叔父さんに、心の内を涙ながらに洩らします。

「叔父さん、僕ね・・・とてもすまないことを、しちまったんだ」

叔父さんはコぺル君の話を受け止めた後、こう言います。

「そうか、そんなことがあったのか。
・・で、コぺル君、君はどうしようと思うの?」

コぺル君は北見君に、本当にすまないと思っていること、北見君が殴られた時、平気で見ていたのではなく、とても心配してたことをわかってもらいたい、と叔父さんに話します。

「僕、どうしたらいいんだろう・・・?」
「そんなこと、考えるまでもないじゃないか、今すぐ手紙を書いて、北見君にあやまるんだ」
「でも、叔父さん、そうすれば北見君は機嫌をなおしてくれるかしら・・・?」
「それは、わからないさ」
「じゃあ、僕、いやだ」

すると叔父さんは普段見せたことのない厳しい調子でこう言います。

「潤一君(コぺル君の本名)!そんなことを考えるのは、まちがってるぜ。なぜ男らしく、どこまでも責任を負おうとしないんだい?
どんなに辛いことでも、自分がしたことから生じた結果なら、男らしく耐え忍ぶ覚悟をしなくちゃいけないんだよ。
考えてごらん、今度の失敗だって、そういう覚悟が出来ていなかったからだろう?
一旦約束した以上、どんなことになっても、それを守るという勇気が欠けていたからだろう?」

人間だけが感じる苦しみとは

その後叔父さんは、コぺル君に宛てたノートにこう綴っています。

自分の行動を振りかえって見て、損得からではなく、道義の心から、「しまった」と考えるほどつらいことは、恐らくほかにないだろうと思う。

そうだ。自分自身そう認めることは、ほんとうにつらい。だから、たいていの人は、なんとか言い訳を考えて、自分でもそう認めまいとする。

しかし、コぺル君、自分が過った場合にそれを男らしく認め、そのために苦しむということは、それこそ、天地の間で、ただ人間だけが出来ることなんだよ。

あるがままの自分を大切にするとは、「言い訳をして認めない」ことの正反対です。「間違いを犯した自分」をそのまま受け止めること、これには勇気がいります。

そしてこの時生じる苦しみは、「人間だけが感じる」ことができるものであり、これが人間の高貴さを作ります。

後悔を反省に変えるために必要なこと

ただくよくよ、グズグズと後悔することと、高貴さに変えていくこととの間には、どんな違いがあるでしょう・・・?

コぺル君は確かに後悔していました。それは叔父さんも認めていました。

しかし、「北見君が自分を許してくれないのなら、謝りたくない」という態度を、叔父さんは決して許しませんでした。

「許してくれるのなら、謝る」では本当の謝罪にはなりません。取引でしかありません。叔父さんはコぺル君のこの態度を厳しく戒めました。
「許してくれるのなら、謝る」態度は、心からの反省ではありません。「許してもらうためにとりあえず謝る」も同じことです。

コぺル君には叔父さんが言った通り、「北見君に率直に謝る」しかありませんでした。
しかし叔父さんに言われるまで、それをしなかった、つまり「くよくよと悩む」状態でした。

これには「もし、北見君が許してくれなかったらどうしよう」「北見君が自分を許してくれないことを、受け入れられない」「北見君が自分を許してくれることしか、欲しくない」という心情が見て取れます。

ここには実は、「自分が世界の中心にいて、世界は自分の考えた通りにあるべきだ」という幼児的万能感が隠れています。

後悔と似ていますが、自責も実は、「現実にはそうふるまえなかった自分」を受け入れられないという幼児的万能感が背景にあります。

参考:人は何故自分/他人いじめをするのか 幼児的万能感から自尊感情へ

幼児的万能感は「ぬくぬくとした心地よさ」です。これを打ち砕き、自尊感情ーコぺル君の場合、友達との約束を、恐怖のためにやぶってしまったふがいない自分も、また自分だ、ということーへ移っていくには痛みが伴います。

この痛みとは、叔父さんの言葉の中にある「責任」「男らしく(これは女性であっても、女々しくではなく雄々しく、凛とした態度のことでしょう)耐え忍ぶ」「覚悟」「勇気」のことです。

「しまった!」と一瞬思った後に、くよくよする後悔にはまり込むのか、起きてしまった現実を、そのまま受け入れ、反省にするのかの分かれ道はここにあります。

くよくよと後悔している人に、多くの場合、人はそれ以上ー叔父さんのようにー厳しく言いません。それを狙って、「反省することから逃げる」人も存在します。

理想に近づこうとする努力と、理想通りには生きられない受容と

15歳のコぺル君に幼児的万能感が残っていたのは無理からぬことです。
しかしまた幸いなことに、コぺル君には真実を教えてくれる叔父さんの存在と、つらい言葉でも耳を傾ける素直さがありました。

コぺル君はこの後勇気を出して、北見君へ謝罪の手紙を書きます。そして勿論、北見君も他の二人の友人も快くコぺル君を許します。

コぺル君の人生はこの後も続きます。「道義の心から『しまった』と思うこと」はまた起こるでしょう。

叔父さんが説いた勇気は、持って生まれた性格ではなく、後天的に自分で育てるものです。
コぺル君がどんなに勇気を育て続けても、やはりまた「恐怖で足がすくみ、大事な友人を裏切ってしまう」ことは起きるかもしれません。

それほど勇気を持つ、勇気を育て続けることは、誰にとっても決してたやすくはありません。

勇気ある自分、その理想に近づこうと努力することと、同時に常に理想通りには、誰も生きられない、これを受け入れることもまた、勇気です。

一見相反する両面を受け入れ、それを生きること。これをすることで少しずつ、人間だけが持ちうる高貴さに近づけるのだと思います。

 

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録