お金との向き合い方

安物買いの銭失い・自分を安く見積もらないために

お金はその人を映す鏡

お金とどう向き合っているかに、その人自身が現れます。

私は長く百貨店に勤め、ほとんどを売り場での接客販売及びその指導で過ごしてきました。
お会計の際、金銭授受をするトレーに、お金やカードをどのように置くかで、その人の人となりが透けて見えました。
丁寧に置く人、投げ出すように入れる人、様々です。

そしてお金がないないと言う人ほど、お財布の中身がレシートやポイントカードでパンパンで、お財布自体も傷んでいました。
また、机の引き出しに硬貨を入れている人で出世した人も、少なくとも私は知りません。

風水などでは金運アップには長財布が良いなどと言われていますが、これは意識の問題だと思います。上顧客でも二つ折りのお財布を使っている人もいました。

しかし、お金やお財布の扱いがぞんざいな人で、お金のめぐりが良い人はいない、これは断言してもいいでしょう。

安物買いの銭失いを繰り返している場合

お財布、紙幣、硬貨の扱いのみならず、それ以上にお金をどう遣うかにもその人が現れます。

安物買いの銭失いを繰り返している人は、人生のそれ以外の場面でも幸せではないようです。

勿論どんな人にも、「良いと思って買ったけれど、失敗した」「間に合わせでつい安いものを買ったけれど、やっぱり駄目だった」という経験はあるでしょう。
完璧な人間はいませんから、そうした失敗もあって当然です。たまの安物買いの銭失いは、致し方ありません。

しかし、再々安物買いの銭失いを繰り返している、必要ではないのに、ワゴンセールなどでつい衝動買いをし、紙袋に入ったままの品が溜まっている、これが家計を圧迫している場合は要注意です。

自分を安く見積もっていると「それにふさわしいお金の遣い方」に

自己価値感(自分は価値がある存在だという実感)が低いと、自分を安く見積もりがちです。
実際の購買力とは関わりなく、9800円のシャツを一枚買って大事に着るより、980円のシャツをどんどん駄目にしては次々買う(汚れ仕事のために着捨てるなど、敢えてそれを選ぶ場合は除きます)、と言ったことが起こります。

念のためですが「良いものを安く」買うこととはまた別です。「買ったのに使わない」「家計を圧迫している」でなければ、賢い買い物です。

他に以下のようなことがあれば、自分を振り返る機会にすることができます。

  • 居酒屋やカラオケ等で散財する割には、そのお金を貯めておいて、今の自分の立場に見合う、或る程度良い服装や持ち物にまわすことをしない。
  • 趣味の範囲を超えた、家計を圧迫するギャンブル
  • 度を超えた課金制のネットゲーム

自分が納得できる息抜きの範囲を超えていて、もうやめたいと思いながらずるずると続けてしまっている場合は、やはり勇気を出して自分と向き合う必要があるでしょう。

支配欲を満たすために買い物依存症になることも

どんな人も、商品やサービスにではなく、お金を遣ったことそのものに「快」を感じたことがあるかと思います。
失恋の後、やけ酒やけ食いの代わりに、やけショッピングをする人もいます。

それ位、お金を遣うことそのものに、人間は「快」を感じることがあるのです。勿論このこと自体は、度を越さなければ悪いことではありません。

またお店でお金を遣うと、お店の人は下にも置かず丁寧に接してくれます。ニコニコと愛想笑いをして大事にしてくれます。
そうすると、お店の人は「お客さんという立場」に頭を下げているだけなのに、まるで自分自身が偉くなったような錯覚をしてしまうことがあります。自己承認が足りない人、承認欲求を他人に満たしてもらいたがる人ほど、その錯覚に陥ってしまいます。

お金を遣うことそのものの「快」、お店で大事にしてくれることの「快」、これらの「快」に支配されてしまうと、買い物依存症に陥りかねません。

買い物依存症は、自分の支配欲、即ち幼児的万能感を満たしたいがために引き起こされる、と考えられます。一瞬、自分が世界の王様になった気分を味わえるからです。
低い自己価値感の埋め合わせをしているとも言えるでしょう。

参考:人は何故自分/他人いじめをするのか 幼児的万能感から自尊感情へ

その一方で自己価値感が低いと、値段が張るものにはお金を出せず、結果安物買いの銭失いを繰り返して「王様気分」を味わおうとします。

主体性が欠けていると、お金に振り回される

わかっているのに安物買いの銭失いをやめられない、これはお金に支配されている状態です。

私たちは知らず知らずのうちに、お金や、スマホや、ゲームや、インターネットの奴隷になってしまう、現代はそうした危険にさらされっぱなしです。

自分で決めるより、誰かに決めてもらってその通りにした方が楽、どんな人にもこうした「主体性を放棄したい」誘惑があります。
この心の隙をついて、お金、スマホ、ゲーム、インターネット等が忍び込みます。

これはあくまで私の周囲を観察してのことですが、安物買いの銭失いを繰り返す人ほど「だって、あの人が・・・」が多いようです。責任転嫁をする癖がついてしまっています。

嫌な人、困った人に出会わざるを得ないのは、生きていたら当たり前です。その時、愚痴が出ても構いません。悔しさを感じて当然です。
しかし、気持ちをしっかり吐き出す、或いは自分で受け止めた上で、「このことから何を学ぶのか。今後自分はどうしていくか」を考えない限り、その「嫌な人」の奴隷になりっぱなしになってしまいます。

そうすると文句を言って相手を見下し、自分の方が上にいるようで、実は「私はあの人の奴隷」という暗示が潜在意識に入り、益々自己価値感が低くなってしまう、こうした悪循環にはまり込みます。

繰り返す安物買いの銭失いは、根本は人生の主体性を失っていることの、表面に現れた一つの現象に過ぎません。寧ろ、サインと捉えた方がいいでしょう。

そして「自分の人生の主人公は自分」、当たり前のことのようですが、これを生きることによってのみ「自分は奴隷ではない」という暗示を潜在意識に入れ、結果的に自己価値感が高まっていきます。

自分を安く見積もってしまう、これも自己虐待の一つです。これを止めるかどうかも、自分にしか決められません。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録