お金との向き合い方

「安い=良い」が「お金を得る=罪悪感」にならないために

千差万別のお金のブロック

世の多くの人が、収入を増やしたいと望んでいることでしょう。
棚から牡丹餅や、人をだましてお金を取ろうとする、そんなことは考えずに真面目に努力しているのに、何故か中々収入が増えない場合、自分がお金に対してどんな思い込みを持っているか、振り返ることが必要になります。

「お金持ちは悪い人」「貧しいことが清く正しく生きている証」「お金を稼ぐとは上手いことを言って騙すこと」等々の思い込みがあると、「お金を得る」ことにブレーキがかかってしまいます。
「お金を得る=罪悪感=良い人生を送れない」になってしまっているからです。いわゆるお金のブロックと言われるものです。

こうした思い込みは、思い込みですから、事実とは異なります。しかし、中々自分では気づきません。だからこそ、解除しない限り何年でも続いてしまいます。

また、これも潜在意識の領域である自己価値感(自分には価値があると言う実感)が低いと、現実の能力とは関係なく、「自分はより高い報酬を得るには値しない」という自己イメージを知らず知らずに持ってしまいます。これもまたお金のブロックになります。

このように、お金のブロックは千差万別です。

今回は、多くの人が持っているであろう「安い=良い」という思い込みに、焦点を当てていきます。

潜在意識は一般化したがる

ところで、私たちの脳、潜在意識は一般化をしたがります。
一般化とは、例えば「男とはこういうもの」「上司とはこうあるべきもの」「太ることは良くないこと」等、それ以外の可能性を排除する考え方のことです。

或る状況においては「太ることは良くない」かもしれませんが、「太った方が良い」こともあります。しかし人間の脳は「太ることは良くない」と「太った方が良い」の思い込みを同時には持ちません。

人間の脳は事実を全てそのままインプットすることはできません。目に映ったもの全てを記憶していたら、脳はパンクしてしまいます。
ですので、事実を「地図にして」脳の中に入れています。

その時行われるのが、一般化・削除・歪曲です。

一般化とは、地図の記号のようなものです。〶の記号は、そこに郵便局があるという印です。郵便局の建物自体は、全部異なっていますが、〶の記号はひとつです。

郵便局の建物のあり様を、全て記憶する必要はなく、「そこに郵便局がある」とわかれば良い、そういう時、地図には一般化した〶の記号をつけます。

ちなみに削除とは、地図には電柱や看板や、落ちているゴミまで描いていない、ということです。不要なものは削除します。しかし、実際には電柱も看板もゴミも存在しています。

歪曲とは、地図の道路がまっすぐ描かれているようなことです。しかし、実際には定規で引かれたようにまっすぐにはなっていません。

私たち人間は、自分の脳の中の地図で、世界を推し量っています。そしてこの世界地図は全員異なり、また目に見えません。

「安い=良い」の一般化を解除

そしてこの一般化・削除・歪曲は、繰り返せば繰り返すほど、わだちが深まるように強化されます。

日々の買い物で、同じ品が安く買えると得をした気持ちになる、当然のことですが、これが繰り返されると「安い=良い」の一般化が強化されます。

これは裏から言うと「高い=悪い」になります。「安い=良い」と「高い=良い」を同時に脳の中にインプットすることはできません。

こうなると「高い=悪い」が、「高い収入を得ること=罪悪感」に転じることがあります。そしてこれがお金のブロックになってしまいます。

そこで現実には、全てが「安い=良い」なのか、今度は顕在意識の頭、つまり理性を使って考えることが必要になります。
これが一般化を解除する、ということです。

私たちが日々商品やサービスを買ったり、祝儀不祝儀や謝礼など、人様に直接お金を払う時、大きく分けて以下の3つのパターンがあります。

1.元々安いもので良い

例えば、我が家のトイレットペーパーは、古紙再生率の高い、余り漂白されていないものを使っています。12ロールとか18ロールとかで300~400円といった「元々安いもの」です。
これは私自身の価値観で、「トイレットペーパーは安いもので充分」と思っているからです。

一方、実家では色や柄のついた、もっと柔らかいものを使っています。つまり、もう少々高いものです。

人によって何が元々安いもので充分かは異なります。これは購買力も関係しますが、寧ろ価値観の方が影響が大きいでしょう。

2.元は或る程度の値段がしていたものが、安く買えると嬉しい

これも私自身の例ですが、夏場に着るTシャツやポロシャツは、一回洗濯したらよれよれになるような安物では困るので、或る程度作りがしっかりしたものが欲しい、ただ洗濯機でガンガン洗えて、3年も着たら惜しげなく買い替えられるものが良い、と考えています。

今年の流行をいち早く取り入れたいとか、人気の品がなくなったら嫌だと思うほどのおしゃれさんではないので、セールになるのを待ってまとめ買いをしています。

このように「”安物”では困るが、”安く”買えると嬉しい」はほとんどの人が思っていることでしょう。

3.様々な理由で、或る程度の金額を自分から払いたい

安全、安心、信頼に関わることは、自分から或る程度の金額を払いたい、と思うこともあります。

例えば子供の教育に関わることは、「他を切りつめても、少々値段が高くても良い教育を受けさせたい」と考える親御さんも多いでしょう。

また旅行や外食など、自分だけならグレードを下げても良いけれど、大事な人を招待するのなら奮発しようとすることもあります。

心から御祝いや御礼をしたい場合も、「安ければよい」とは考えません。自分が出来る範囲で、かつ相手に気を遣わせない範囲の金額を包もうとします。

 

つまり、私たちはいつでも、「安い=良い」だけでお金を払っているわけではなく、常に「高い=悪い」と考えているわけでもありません。ただ、普段は余り意識していないかもしれません。

自分の稼ぐ力が「安い=良い」だと収入は伸びない

商品やサービスを売る仕事をしている人で、その商品やサービスが「安いとお客さまに喜ばれる」ことが多いと、「安い=良い」が日々刷り込まれてしまうかもしれません。

しかし商品やサービスが「安い=喜ばれる=良い」であって、その人がその商品やサービスを調達し、供給する力はまた別です。これを混同していると、お金のブロックになり、収入は伸びません。

その人の収入は、商品やサービスではなく、それらを「調達し、供給する力」への対価です。

お給料を支払う側に立てば、この「調達し、供給する力」は上記3の「信頼に基づき、それに見合った金額を支払いたい」になるはずです。

(労働力を「安いもので充分」だとその企業の力そのものがそぎ落とされ、経営者自身の首を絞めます。また労働力を「元々良いものを安く買いたい」は、ブラック企業です)

日常のお買い物で、上記の1や2の機会が多い場合、うっかりすると「安い=良い」が刷り込まれ続けるので、「これまで3のお金の使い方は、どんなものがあったか」を振り返ってみましょう。

そして人生を豊かにしてくれたのは、むしろ3のお金の使い方であった、と気づくかもしれません。

そうなると、自分に対して3のお金の使い方をしてくれるということは、相手の人生も豊かにする、と考えることもできるでしょう。

潜在意識の中の一般化を拾い上げる、心理セラピーで重要なこと

私たちの潜在意識の中に無数の思い込みがあり、この思い込み通りに人生は形作られます。
そしてこれは、普段自分では中々意識出来ません。”潜在”意識の中だからこそです。

今の自分の人生が、望んだとおりの結果になっていない場合、それには何らかの原因があります。

人は多くの場合「頑張りが足りない」と考えて、自分を鞭打とうとします。勿論、価値あるものを得ようとするならそれなりの対価は支払わなくてはならず、その対価の一つに「努力」も含まれています。

しかし、例えば「安い=良い」「高い=悪い」の思い込みが収入にも影響したまま、自分を鞭打って頑張っても、望む結果は得られません。

そしてこれが積み重ねられると、「こんなに頑張ってるのに」「人生は望み通りにはいかない」「人生は楽しくない」「毎日が楽しくない」になりかねません。

心理セラピーで重視していることの一つは、クライアント様のお話しの中から、その方の望みを制限している、潜在意識の中の一般化を拾い上げることです。

これはどんな人であっても、自分一人ではなかなか気づきにくいものです。他者の力を借りる意義は、こうしたことにもあります。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録