お金との向き合い方

お金はエネルギー、恐れから執着すると滞る理由

贅沢をしなくてもお金は日々出ていくものだから

ごく普通の生活をしている人で、お金の心配を全くしたことのない人はいないでしょう。
贅沢をせず、質素に暮らしていても日々お金は出て行きます。

売り上げやお給料が中々増えないと、先行きが不安になるのも当然です。

しかしまた、「お金にくよくよしたり執着するとお金は入ってこない」とか、「『もうお金は充分にある』と先に思えばこそ、充分なお金が入ってくる」(引き寄せの法則ですね)などと聞いたことがある人もいるでしょう。

確かに「お金がない、ない」と思えば思うほど、「お金のない」状況に突き進んでしまいます。
私たちは世界の全てに意識を向けているわけではありません。自分の意識が「切り取った」世界を見ています。そして「切り取った世界」の中にしか進んで行けません。「お金がない」世界を意識が切り取ると、望まないのにその世界に突き進んでしまいます。

でも現実には、貯金通帳の残高がたくさんあるわけではなく、お給料が上がるあてもないのに、どのようにして「お金は充分にある」と思えるようになるのでしょう・・・?

「お金は充分にある」とは「エネルギーはなくならない」

この気づきは「お金は充分にある」と思っている人が、必ずしもいわゆるリッチではないな、と気がつくところからスタートしました。
いいお洋服や持ち物や、車を持っていても、子供がすでに成人していて、そんなにお金が必要ではなさそうでも、「お金がない、ない」と言っている人もいます。

そしてお金に執着している人の中には、少なからぬ割合で、人間を信頼していない人もいます。
いつ何時、人に裏切られるかもしれないと思っていたら、少しでもお金を得ておくことに躍起になるのも自然の成り行きでしょう。

お金で全てが解決できるわけではありませんが、一方で、お金があればなんとかなることも多いからです。
しかし、人間不信のためにお金に執着している人が、「これで充分」になることはありません。

「お金は充分にある」とは「世界はエネルギーに満ちていて、常に循環し、なくなることはない」がベースになっています。

特定の貯金通帳の残高や、お財布の中のお金がなくなることはあります。
しかし、世界からエネルギーが消えてなくなることはありません。お金もエネルギーですから、世界から消えてなくなることもありません。
空気がこの世界から消えてなくなることはないのと同じです。私たちは誰も「空気がなくなったらどうしよう」とは考えません。

世界の全てはエネルギーが形になっている、お金も

例えば一枚の綿のタオルを例にとります。最初はこれは、一個の小さな種子でした。その種子が、太陽の光や水や土の養分を得て、そのエネルギーを変換して育ち、綿になりました。
この綿から糸が紡がれ、布になるのもエネルギーがかかっています。そしてパッケージされ、運ばれ、売られて今手元にあります。これらも全て、エネルギーが変換されています。

自然素材の物だとイメージしやすいので、綿のタオルを例にあげましたが、化学物質からなる物も同じです。

物体は静止していますので、普段は私たちは余り意識していませんが、全てエネルギーが形になったものです。
つまり世界の全てはエネルギーで成り立っています。

お金もそうです。紙幣や硬貨は、実際にはただの紙や金属です。私たちはこれらに1万円札なら1万円分のエネルギーを見ています。

そして私たち人間も尚更、エネルギーそのものです。そしてタオルや紙幣や硬貨と違って、意志や感情、行動力などのエネルギーがあります。

エネルギーはまた、そこにとどまっていては役目を果たせません。石油も燃やされなければただの油です。タオルもタンスの中にしまいっぱなしでは、ただの布切れです。
紙幣や硬貨も、物やサービスに変えなければ、ただの紙や金属です。

お金に執着してはいけない、流れを止めたら入ってこないとは、このエネルギーの性質のことを言っています。エネルギーは流し、循環してこそのものだからです。

まずは自分から質の良いエネルギーを放つ=心を込める

では、通帳の残高が大してないのに、収入のあてがないのにお金を使えば自動的にお金が入ってくるのか、と言えばそうではありません。
もしそうなら、誰も真面目に働く必要はなくなります。お金は使えば、やはりなくなります。

そうではなくて、世界に向かって、まず自分から良質なエネルギーを放っていくこと、つまり心を込めることです。自分のやることに、心が込められているか、どんな心が込められているかです。

放たれたエネルギーはなくなりません。
高校の物理の時間に、「エネルギー保存の法則」を習った人もいるでしょう。エネルギーの形態、つまり形は変わっても、その量全体は変わりません。

一枚のタオルが手元に来るまでに、膨大な、そして様々なエネルギーが変換されています。一つ一つの形が違うから、エネルギーだとわからないだけです。

エネルギーは世界を循環し、回り回って元に戻ってきます。この戻って来たエネルギーの形の一つがお金です。

田舎では、お金の代わりに自分のところで取れた野菜をもらうことがあります。
お金の代わりに、人のご縁や何かの得難い体験だったりすることもあります。お金よりも実は、ご縁や経験の方が、お金では決して買えない得難い財産だったりします。

今、手元に十分な現金がない、収入が入ってくる具体的な予定が立たず、不安になってしまう時は、既にあるお金以外の豊かさに、どれだけ意識を向けられるかが鍵になります。お金は豊かさのほんの一部に過ぎず、幸福の道具立ての一つに過ぎません。

例えば、心身が健康であることや、家族が無事であること。この日本の社会が、どんなにインフラが強固に整備され、いろいろと不安材料はあるものの、今日は平和に過ごせていること等々、数え上げたらきりがありません。

自分の意識が「欠乏」にフォーカスすれば「欠乏」に、「豊かさ」にフォーカスすれば「豊かさ」に、私たちは否が応でも突き進みます。

そしてエネルギーは常に動き続けてこそのもの。ですから、その時限りのものです。
一期一会とは、もう一度やり直してエネルギーを込め直すこと、つまり心を込め直すことはできない、ということです。

日々の小さな仕事に、この時限り、込め直すことのできないエネルギーを流し、放つ。お金或いは富は、得るものというより、戻ってくるもの、帰ってくるものです。きれいな心を放てばその結果が戻り、良心のなさはその結果が戻ります。良心なき人が、なまじ小金を得ていると、それ以外の分野、人間関係や健康面で、必ずしっぺ返しが来ています。

ですから「お金が欲しい、入ってこなかったらどうしよう」と心配する必要はありません。

その心配をする暇があれば、良質なエネルギーを流す、その行動に移した方が余程良いでしょう。それが例えば、お掃除だったり、心身のケアをすることのような、小さなすぐできることであっても。

お金の心配をしない人は、このことが直観的にわかっています。

江戸時代末期の僧侶・良寛さんの逸話に、このようなものがあります。

或る藩のお殿様が良寛さんの評判を聞き、是非自分の城下の寺の住職になって、藩政を支えてほしいと懇願しました。
良寛さんは五合庵という大変貧しげな庵に住んでいたので、そのお殿様は「立派な寺を用意するから、こんな貧しい暮らしではなく、もっといい暮らしが出来ますよ」と誘いました。

その時良寛さんは「焚くほどは風がもてくる落葉かな」という俳句を殿様に贈り、その申し出を断りました。

「恐れのために貯め込む」とエネルギーは滞る

目的があっての貯金や、不意の出費に備えてのある程度の貯金は必要かと思います。
冠婚葬祭の出費や、家電製品が急に壊れたなどはあり得ることですし、そうした備えはあっても当然でしょう。

しかし「恐れのために貯め込まずにはいられない」をしてしまうと、それは「世界を信じていない」暗示が入ってしまいます。
そしてエネルギーは滞ってしまいます。

また、自分の不全感を、お金(良い持ち物やブランド品などであっても)で埋め合わせたいと思うことも、「恐れのために貯め込む」のと同じです。
本当のお金持ちほど、良いものを大切に使いますが、綺羅を飾ることはしません。意外なほどに質素です。

私たちは、技術や能力に完全な自信は持てません。道を究めようとすればするほど、「終わりってないなあ、道は遠いなあ」と思うものです。
しかし、それに込める心は、邪心のないきれいな心を精一杯込めているか、それに自信が持てているのかが問われるのでしょう。

そしてまた、邪心のないきれいな心を形にしたいから、自然に技術や能力を高めようとするのであって、心があるから技術が伴わなくても良いということにはなりません。
それでは真の邪心のなさとは言えません。

きれいな心で仕事をしている人であっても、日々の創意工夫の積み重ねは必須です。単なる一生懸命だけではなく、「どうやったら人様のお役に立てられるだろう?昨日よりも今日、少しでも改善できることはどんなことだろう?」と心を配り続ける、それが心を込めるということです。

並みのセールスマンは「どうやったらこの商品が売れるだろう」と考え、
優秀なセールスマンは「どうやったらこの商品はお客様の役に立つだろう」を考える、と言われます。

後者の質問をスマホの待ち受けに入れて一日一回読めばいい、ということではありません。常に、心がそう思っているか、全ての行動が「どうやったらお役に立つか」の発露になっているかが問われます。

ここまで読んで、もし「そうは言ってもなあ・・・、やっぱりお金の心配をしてしまうなあ」と思われたら、「裏表のないきれいな心を仕事に込めて、お金の心配をせず、それでいてお金を得ている人」を探してみましょう。直接・間接、有名無名は関係ありません。逆に「人を欺いて、短期的にはお金を儲けても、長い目で見たら人心が離れ、さみしい人生になった人」を探してみるのも良いでしょう。

「豊かさ=お金」になっているうちは、世界を恐れというフィルターで眺めています。人間の動機は二つしかない、それは愛か恐れかだ、と言われます。恐れは生き延びるための本能であり、愛は後天的に養い育てるものです。本能なので恐れを完全になくすことはできません。津波が来たら走って逃げるのも、恐れという本能が生きていればこそです。

ですから、恐れ以上に、愛が上回っているかが問われます。お金に執着してしまう時は、愛が恐れを上回っていませんよ、というサインなのかもしれません。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録