「親が死んだらほっとする」のは過酷な状況を生き抜いたから

非常に多い親との葛藤とのご相談

当Pradoのご相談の中で、群を抜いて多いのが「親との葛藤」に関わることです。
当初は、別のテーマ(うつ状態や、職場の人間関係など)を持って来られる場合も少なくありません。
しかしセッションが進むにつれて、親、特に母親との葛藤がテーマになることが大変多いです。

潜在意識は「扱いやすい」事例から扱うので、こうした順番になるのはごく自然です。
比較的扱いやすい事例を通して、自尊感情を高め、向き合う準備が出来たところで、クライアント様の潜在意識が「いよいよこれを乗り越えたら、もっと生きやすくなるよ」とテーマを上げてくるのでしょう。

それほど、親との葛藤は根深いのです。

親を受け入れるか、関わりを絶つかは自分を大切にした「結果」

クライアント様の置かれている状況は全て異なります。

ですので、十把一絡げに「親を許すべきです!受け入れるべきです!」などとこちらから申し上げることはありません。現実的な心身の安全にかかわる事例も少なくないからです。

当初は「親との関わりを絶ちたい」と思って来られたクライアント様でも、最終的に自ら、親を受け入れる選択をされる方もいらっしゃいます。

また「一切の関わりを絶つ」選択をされる方もおられます。

私がどのクライアント様に対しても取り組むのは、「ご自分の辛かった感情を受け止め、自分で自分を大切にする術を得ること」即ち自尊感情を高めることです。

これが出来るようになった「結果」、クライアント様の潜在意識が、親を受け入れた方が自分を大切にできるのか、関わりを絶った方が自分を大切にできるのかを選んでくれます。

「内面化」する親の言動

過酷な状況を耐え抜き、生き抜いてくれた、幼く小さかった自分、その自分があればこそ今の大人になった自分がいます。自棄になってぐれたり、人の道を外れるような迷惑をかけたりせず、真面目に生きて来た方がほとんどです。

大人になった今でも苦しい思いが止まないのは、この小さな自分がまだ潜在意識の中で「この辛さをわかって!!!」と訴えているからです。

親、特に母親の言動は、子供の心に「内面化」します。内面化した親の言動は、その子供の自尊感情を大きく左右します。「自分はそのままで愛され、認められている」もしくは「○○でないと、自分は愛されない、認められない」「○○な自分は、お母さんが喜ばない。だから本当は○○したくても、それはしてはいけない」など。

後者の積み重ねが、自分の本音を押し殺し、「自分がどうしたいかわからない」「周囲の評価評判に振り回されてしまう」といった生きづらさを引き起こします。

ほぼすべての家庭で、親のエゴによって子供が傷ついてしまいます。全くそれが起きない家庭も想像しづらいものです。しかしこれも、親の自尊感情の有無によって、相当大きく左右します。自尊感情とは品位の高さとも関係があります。「子供を自分のエゴのはけ口にするなんて、自分が恥ずかしい。耐えられない」これが品位です。

「自分は良い親に無条件に愛されて育った」そう願わない子供はいないでしょう。だからこそ、親がどんなに理不尽なことをしても、子供は健気にも親をかばいます。しかしこれは、現実をそのまま認めているわけではありません。「自分は良い親に無条件に愛されて育った」その物語が欲しいがために、現実の方をゆがめて認識してしまう、目に見えない悲劇が起きてしまいます。成人後、時間がかかってもこの認知のゆがみを正して行かないと、生きづらさはなくなりません。

イメージの中で、「親の体の中に入ってみて気づく」こととは

セッションでは必要に応じて、「許しがたい相手の体の中に入ってみる」イメージを使ったワークをすることがあります。
これはクライアント様が充分準備が整い、またセラピストのガイドがあった上で行います。いつでもできるわけではありません。

イメージの中で親の体の中に入ってみて気づくことは、幼かった自分にとっては恐怖の対象だったけれど、実際には「恐れる相手ではなかった」ことがほとんどです。親のがらんどうの内面や、親自身が恐れに満ちていればこそ、周囲を威嚇せずにはいられなかった、などがわかります。

これは頭でわかるのではなく、心で実感することが重要です。そのためにワークをします。

「弱い犬ほどよく吠える」という諺があります。しかし子供の自分に、それがわかるはずもありません。

大人になった後、セラピストという第三者の補助を得ながら見方が広がると、気持ちは少しずつでも楽になっていきます。

子供が親の死をどう受け止めたかが、親の人生の成績表

また、今はまだ親が死んではいないけれど、「親の葬式に出たくない」と人知れず悩む方もおられます。実際には、そういう方ほど「他人様に迷惑を掛けられないから」と親の葬式を出すものですが、「周囲は慰めてくれたけれど、自分は涙も出なかった」。これも偽らざる心情です。

「棺蓋(おお)いて事定まる」ということわざがあります。人の評価は、棺桶の蓋が閉まった後に定まるものだ、という意味です。

人は他人にはいい顔ができても、遠慮の要らない身内、特に子供に対しては本性が現れます。子供は自分を裏切らない、一途に愛してくれて見捨てないと思っていれば尚更です。

子供が親の死をどう受け止めたかが、「愛を遂行したか、エゴが愛を上回っていたか」の子から親への人生の成績表です。

自分の親が「エゴが愛を上回る人生だった」と認めるのは、子供としてこんなに情けないことはないでしょう。ですが、現実をゆがめたままで、本当は親の「言いなり良い子ちゃん」だったのに、「自分は良い親に愛されて育った」と自分をごまかしたままよりかはずっといいのです。自分をごまかすのは自己虐待であり、それも結局はエゴだからです。

関連記事

自尊感情の低下とは自己虐待の結果自尊感情(self-esteem)とは「あるがままの自分を大事にする」ということです。これは自己卑下や傲慢とは180度違う態度です。自尊感情を高めることが、誰にとってもたやすければ、人は自分や他人をい[…]

自分は騙されていたと認めるのは辛い作業ですが、「騙されたままでいるよりかずっと良かった」これが自尊感情の高い心のありようなのです。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

NO IMAGE

生きづらい貴方へ

自尊感情(self-esteem)とは「かけがえのなさ」。そのままの自分で、かけがえがないと思えてこそ、自分も他人も大切にできます。自尊感情を高め、人と比べない、自分にダメ出ししない、依存も支配も執着も、しない、させない、されない自分に。