自尊感情にまつわるコラム

人を動かそうとするよりも、相手の本心を映す鏡に

人を動かそうとする時、言葉で説得しようとしても

恋愛、夫婦関係、子育て、社員の教育、商談、交渉等々、人は「相手を動かそうとして」言葉で説得しようとします。
自分の都合で相手を動かそうとすることもあれば、周囲のため、その人のためを思って、ということもあるでしょう。

具体的な行動レベルであれば、「ちゃんと言葉で説明してくれないとわからない」こともたくさんあります。

新入社員に「お客様を大事に!」とだけ言っても、どうしていいかわかりません。お辞儀の仕方、電話の受け答え等、具体的な立ち居振る舞いを言葉で説明したり、実際にやって見せたりして伝える必要があります。

しかし、心のあり方、生き方は、言葉で説得できるものではありません。

誰かの影響を受けて、自分が変わった時は

私たちには「あの人との出会いがなければ今の私はない」「あの出会いの以前と以後で、自分の人生が変わった」そんな影響を人から受ける時があります。

「いや、私にはそんな経験はない!」と思う人もいるでしょう。しかし私たちは、良きにつけ悪しきにつけ、人からの影響を受けずにはいられません。
それを今は覚えていないだけです。

(もちろん「悪く」影響を受けることもあります。だからこそ、人付き合いは慎重に選ぶ必要があります)

誰かの影響を受けて、自分が変わった時、相手は言葉で貴方を説得しようとしたでしょうか・・・?

何気ない言葉や、或いは、情熱を込めた言葉に、心を動かされたかもしれません。

しかしその時、相手は貴方に「こうしなさい、これを選びなさい」と無理強いしようとしたでしょうか・・・?

「立ってください」

NLPのマスタープラクティショナー・コースや、その他の心理系のワークショップなどで、「立ってください」のワークをすることがあります。

二人一組となって向かい合い、片方が椅子に腰かけ、もう片方は立っています。立っている方が「立ってください」とだけ言い、座っている方が立ちたくなったら立つ、といういたってシンプルなワークです。

実際にやってみるとよくわかりますが、この時、「立ってください」を言う方が、ほんの少しでも「立たせてやろう」「早く立ってよ!」などと思っていると、相手は立てません。

呼吸を合わせ、相手との一体感を感じ、立っても立たなくてもそれは問題ではないという、ある種の無の境地になると、相手は立たずにはいられなくなります。

「立ってください」と言葉で言わずに、黙って行うこともあります。それでも、座っている方が「立たずにはいられなくなる」ことが起こります。

このワークは、立っている方が、完全に相手の鏡になりきれるか、ということが問われます。相手の鏡になりきった瞬間に、座っている方が「鏡に映った立っている自分」に合わさずにはいられなくなるのです。

相手という鏡に自分の本心が映ると

操作ではなく変容が起こるとき、必ずこの「立ってください」が起きています。

山本鈴美香著「エースをねらえ!」の中で、こんなシーンがあります。

「エースをねらえ!」は物語が進むにつれ、主人公岡ひろみが自身を語る割合が減っていき、周囲の登場人物を通じ岡のあり方が浮き彫りになっていきます。

後半、宗方の死後、桂が岡のコーチになってから、神谷裕介という高校生が登場します。

神谷の母は病弱のため、神谷が小学3年生の時に、夫をうわごとで呼びながら看取られずに急死しました。
母の死後も父親は多忙で、一人息子の神谷を顧みません。新たな母親を迎えますが、神谷は心を開くことが出来ません。

「いつ俺がそんな事を頼んだんだ!

もう母さんのことは忘れたのか!
あれほどの思いで死んでいったのに よくそんなことができるな

誰がこんな見ず知らずの人を 母親だなんて呼ぶものか!」

また神谷はテニスの才能を持ちながら、テニス王国西高に進学しても、再三の誘いに関わらず入部しようとしません。
キャプテン・香月は、何度も言葉で神谷を説得しようとしましたが、反発されるだけで上手くいきませんでした。

ある日神谷は、桂の寺のテニスコートにいる岡をみつけます。
岡はたった一人でコートの周りの雨水を、雑巾一枚で拭っていました。

「この人は プールいっぱいの水でも 雑巾一枚で搾り取ってしまうかもしれない

どんなに周囲を偽っても 自分の心はだませない

濡れた地べたを雑巾で拭うような そんなことさえ夢中になれるあの人がうらやましい

そんなにもテニスに惚れているあの人がうらやましい
俺だってテニスがしたかったんだ!

亡き母に甘え 父を恨み 継母を憎み

ただそれだけで過ぎてゆく時がむなしい!
惨めな人生がたまらない!!」

神谷はその足で桂の寺に飛び込み、自分にテニスを教えてくれと懇願します。

小さくても完全な丸の自分・無心ということ

テニスコートを雑巾で無心にぬぐっていた岡に、神谷は「本音の自分」を見たのでしょう。
岡がしぶしぶ嫌々やっていたなら、或いは「私はこんなに立派なことをしている」と思っていたら、神谷の心の殻は決して破れなかったでしょう。

岡の無心の境地が、神谷の本心を映す鏡となりました。

岡はその時、神谷の存在に気がつきません。人は時として、自分でも気づかずに偉大なことを成し遂げます。

また作中、お蝶夫人の言葉に

「『わたしがやる』とか『わたしならできる』とか
いつも自我が表面に表れる者は頂点には登りきれない

天才は無心なのです」

というものもあります。

自分を欠けた丸だと思っていると、その欠けを埋めることに躍起になり、他人すら欠けを埋める道具にしてしまいます。
評価・評判・結果をコントロールしたくてたまらなくなり、自ら振り回されてしまいます。
それでは、相手を映す鏡にはなれません。

どんなに小さくても、完全な丸だと思えているかどうかです。
小さいかもしれない、でも完全な丸と思えればこそ、無心になれます。

幼い子供たちは、自分を小さいけれど完全な丸だと思っているでしょう。だからこそ、ぐんぐん成長します。はいはいや、たっち、よちよち歩きを「失敗したら恥ずかしい」などと思いません。

「こんなよちよちとしか歩けない自分は、不完全な欠けた丸だ」などと思わず、小さな小さな丸を大きくすることだけに夢中で生きています。

私たち大人は、子供たちの無心のあり方から、多くを学べます。

また責任のある大人は、幼い子供のころとは違った、無心のあり方に至ってようやく、相手を映す鏡になることができます。

そして、鏡に映った自分の本心に気づいた者は、どんなにつらい道が待っていようと、その本心通りに生きることから降りることは、もうできません。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録