「私が、私が」の間は頂点には登り切れない・無心ということ

「力を出し切らないプレイをこそ恐れよ」

「エースをねらえ!」の登場人物と言えば、主人公の岡ひろみよりも、お蝶夫人を連想する人も多いでしょう。強く美しく華やかな彼女は、まさしく舞う蝶のごとくでした。

ただし物語の冒頭では、少々高慢な印象でした。宗方に対し「不愉快ですのよ あの子(岡)と同列に見られるのが!」と食って掛かるシーンもありました。

しかしお蝶夫人も、岡や宗方らとの関わりの中で、岡を無償の愛で愛するようになり、懐の深い聡明な大人の女性に成長していきます。

物語の序盤、岡とダブルスを組んだ最初の試合で、岡は相手ペアに集中攻撃され、混乱し、ガタガタになってしまいます。お蝶夫人は岡に

「ひろみ!何なのさっきのプレイは!
負けることを怖がるのはおよしなさい!

たとえ負けても あたくしはあなたに責任をおしつけたりはしない
それより 力を出し切らないプレイをすることをこそ恐れなさい!!」

と叱咤激励します。

お蝶夫人の、負けよりも責任転嫁という卑怯な態度を嫌う誇り高さと、「力を出し切らないプレイをこそ恐れよ」という本質を生きる姿勢が、この発言には込められています。

お蝶夫人の誇り高さの裏側にある努力と、それを人に見せない大人びた姿勢に、岡はあこがれ、影響を受けていきます。

そしてその誇り高さは、物語が進むにつれ徐々に変わっていきます。

「天才は無心」

宗方の死後、岡のコーチは桂大悟に引き継がれます。

桂は、宗方を失った岡が立ち直るその日まで、断酒をしていました。そしてもちろん、桂はこのことを一切口外していなかったものの、岡に、そして周囲の人々におのずと知れるところとなりました。お蝶夫人もその一人でした。

ある時、岡は桂が断酒を解いてくれたものとひそかに喜んでいましたが、実は酒ではなく水を飲んでいたことにショックを受けます。そしてその様子を察したお蝶夫人は、岡を訪ね、次のような話をします。

「あたくしがテニスに対して責任感を持つようになったのは
二人の選手(宗方仁と桂大悟)が同時にテニス界を去ってしまった時
『日本庭球会の夜明け前は一体いつまで続くのだろう・・・!』

がっくり肩を落とした父に言ったのですよ
『あたくしがいます お父様!あたくしが強くなります!』
あたくしにならできると思ってそう言ったのですよ

それが間違いだった
『わたしがやる』とか『わたしにならできる』とか
いつも自我が表面に出る者は頂点には登りきれない
天才は無心なのです

ひろみ 近頃あたくしにも やっとわかりかけてきたことです
一目で天才のごとく見える人は 既に真の天才ではない
一目で天才と見えない天才こそが 真の天才なのです
あたくしはだめでした」

お蝶夫人はこうして自分を憐れむ風でもなく、淡々と自分の限界を認めました。

一方、無心の天才である岡は
「お蝶夫人!何故こんなことをおっしゃる!?」
と自分のことを言われていると気づきません。それがまた、救いになっています。自分の天才性をわかってしまった天才は、苦しい生涯になってしまうからです。

陽を生み出すのは陰・お蝶夫人という偉大な敗者

お蝶夫人はテニスの実力と美貌で、大変目立つ存在でした。高校在学中は常に取り巻きに囲まれていました。しかし「あたくしのまわりには あたくしを理解しない者ばかり残る」と孤独でもありました。ちやほやされて喜ぶような女性ではなかったゆえの、孤独だったでしょう。自分に取り入らんがためのちやほやなどで、自分をごまかすことはできなかったのです。

お蝶夫人の孤独はどうやって癒されたのでしょうか。それはお蝶夫人自身も無心に、見返りを求めない愛を岡にそそぐことによってでした。

物語の最終盤、岡のダブルスのペアとなった、オーストラリア人のランキングプレーヤー、ジャッキー・ビント宛に、死の間際の宗方が出した手紙の文面が回想されます。

岡ひろみは 竜崎麗香(お蝶夫人)が生涯のペアと
心に決めていた選手だった ということだ

前にも話したが 岡は竜崎に魅かれてテニスを始めた

竜崎は岡とならダブルスが組めると考えていた
しかし 君という選手が出現した

あのプライド あの気性
さぞ悲しみ動揺したことと思う
が 彼女は黙って身を引いた
そして君に手紙を書き始めた

岡への愛情と 岡の成功を願う祈りにあふれた手紙が
今も君の手元に届き続けているはずだ

忘れないでほしい
君と岡との岡のペアの陰で泣いたのは
君の妹のジョージィだけではない

竜崎麗香という 己に厳しいあれほど賢明な女性の夢も
打ち砕かれたのだから

そしてお蝶夫人の生き方は、お蘭(緑川蘭子)との以下の会話に結晶します。

「あなたもあたくしも テニスが好きで
青春の情熱をテニス一筋にかけてきました

でも 緑川さん・・・
あの素晴らしかった宗方コーチの愛弟子と言えるのは
結局 岡ひろみただ一人だったと思いませんか」

「ええ その通りです・・!」

物語は岡がウィンブルドンへの武者修行のため、ただ一人の日本代表として旅立つところで終わっています。

スポットライトを浴びるのは岡ひろみだけですが、その裏には、お蝶夫人のような偉大な敗者の存在が必ずあります。陰あっての陽、陽を生み出すのは陰なのです。

「わたしがやる」「わたしにならできる」の間は、陰になることはできません。
そしてまた、陽であるためには、陰あっての自分であることを、深く心に刻んでいることが必須なのだと思います。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

NO IMAGE

生きづらい貴方へ

自尊感情(self-esteem)とは「かけがえのなさ」。そのままの自分で、かけがえがないと思えてこそ、自分も他人も大切にできます。自尊感情を高め、人と比べない、自分にダメ出ししない、依存も支配も執着も、しない、させない、されない自分に。