自尊感情にまつわるコラム

「どうしても許せない」裏切られた心の回復とは

意図的にやったことでなければ許せても

よく「人を許した方が自分が楽になれる」と言われます。確かに、普通の心ある人なら自ら好き好んで「許したくない」わけではありません。許さずにいること自体がストレスですし、どんな人も「許したいけれど、許せない」葛藤に悩むのです。

相手が意図的にやったことではないこと、うっかりミスや話の行き違いで起きたことなら、相手が真摯に謝り、原状回復できれば大抵の人は許すでしょう。
(ミスであっても取り返しのつかないことなら、事の大きさによっては許せなくて当然です)

しかし、意図的に信頼を裏切られたこと、相手が嘘をついて欺いていたと知った時の心の傷は、大変深くなります。簡単に許せなくて当然でしょう。

その時「許せない自分は心が狭いんじゃないか」などと、自分を責めると更に苦しくなってしまいます。

そしてまた、相手が悔い改めて心を入れ替えたり決してせず、のうのうと涼しい顔をしてまた同じことを繰り返していると、余計に心の傷が深くなります。

どうやってこの許しがたい感情に折り合いをつけていくか、これは千差万別でこれだけが正解、というものはありません。
今回は一つの事例をヒントとして取り上げます。

信頼していた人に裏切られた女性のセッションから

ある女性が、長年信頼と尊敬を寄せていた相手から、実は欺かれ、裏切られていたというご相談を受けました。
彼女の気づきの部分の会話は以下の通りです。

(このクライアント様から「もしこれが他の人のお役に立つのなら」のたっての願いのため、記事にすることにしました。また、個人の特定を避けるため、事実の詳細は省きます)

クライアント様:C

C:「実はあれもこれも、嘘だったんだとわかった時は、本当にショックでした。『一生許せない!』と思いましたね。そしてあっさり騙されてしまった自分が、不甲斐なかったです」

私:「『一生許せない!』という思いを失くしたい、とお考えですか・・・?」

C:「そうですね・・。なくなったら楽になるでしょうけれど。でもあの人がやったことは、誰に対してでも許せることじゃないです」

私:「そうですよね。やった行為は、Cさんに対しても大変失礼だったし、誰に対してでもやってはいけないことですね」

C:「私がある友人に『何でこんなことをするのか理解できない』と言ったら、『僕は共感はしないけど理解はできるよ。そういう人たちって、他人はその都度の消耗品なんだよ。不信感は植えつけ放題で平気なんだ』って。
彼の言うことは、頭では理解できても、心情的にはまるで理解できないです」

私:「なるほど。私はCさんが、心情的に理解できない人でよかった、と思いますよ。それはCさんの中にないことだから、理解できないんですよね」

C:「そうですか・・ありがとうございます。だからこそ騙されてしまったのかもしれないですけど」

私:「心情的には理解できない、つまり『他人を消耗品としてみる』ことは決してしないCさんのままで、更に何があったら、次に似たような人に出会ったとき、あんな風に騙されてしまわずに済むと思いますか?」

C:「かつては『この人についていけば安心』という人が欲しかったんだと思います。その心の隙を突かれたというか。
あんまり上手いことを言う人は、眉唾ですね~(笑)。口当たりの良いことばかり言う人には『これは本当かな?』とペンディングして、すぐに飛びつかないことだと思います。どんなにすばらしい人でも、他人である以上参考意見でしかないんですよね」

私:「すぐに飛びつかない、これは客観視の姿勢ですね。その客観視をしているCさんから、Cさんを欺いた相手を今はどう思っていますか?」

C:「やったことは許せませんけど・・・。でも、結局は、あの人は自分で自分をまがい物にしてしまってるんですよね。人間って、そう馬鹿じゃないし、もう騙される人も減ってくるでしょう。全部自分に返ってくると思いますよ」

私:「そうですね。人を許せない時って、相手を正してやりたくなるものですけれど、自分が自分を正そうとしなかったら、結局は全部自分に跳ね返ってくるものですね」

C:「そう思います。私が頑張ってお説教しなくていいんだなって(笑)」

行為やあり方が許せなくてもいい、それを理解できない自分でいい

少々解説めいたことを言うと、Cさんを欺いた人の行為や、あり方をよしと思わなくていい、許せなくていい、ということです。
それと、「自分が世界の中心に居座って、間違った行為やあり方を正さなくてはいけない」ことは別だ、ということが、Cさんの腑に落ちたのでしょう。

「許せない!」と感情的になっているときは、この「自分が世界の中心に居座って、間違った行為やあり方を正さなくてはいけない。でもできない」のジレンマに陥り、それが自分を苦しめていることが多いです。

またCさんのお友達は「そういう人たちってこれこれなんだよ」と解説し、「教えたまわる」ことでCさんを助け導こうとしました。よく人がやってしまうことですが、大抵上手くいきません。

「頭ではわかるけど・・」になってしまいます。これで「ああ、そうですね」とCさんが納得できれば、最初から悩みはしないのです。

私は「Cさんがそれを心情的に理解できないということは、それがご自分の中にないからですね」と、「Cさんの心の中ではこういうことが起こっているのではないですか?」と言語化して提示しました。
これには、良い悪いの評価はなく、ただ「そういうことが起こっているのでは?」と示しただけです。

人は悩んでいる時、愚痴や不平不満を言葉に出しても、「自分の心の中で起きていること」がよくわかっていません。だからこそ混乱し、悩むのです。

そして「そのCさんでよかったと、私は思いますよ」と「その自分でいいんだ」の自己承認のきっかけを差し出しました。Cさんはそれを素直に受け取ってくれました。

心の隙を突かれてしまうことは誰にでも

Cさんの気づきにあった通り、客観視の姿勢や、また「自分は自分でよい」という自己受容、そして「自分の歩みを自分で認めていく」自己承認が、心の隙を埋め、巧妙に騙されることを減らすでしょう。

しかし、何が起きるかわからないのが人生です。病気や事故、思いがけないトラブル等で、心が弱くなることはどんな人にも起こります。

その時、心の隙を突かれることはやはりあるものなんだ、自分は絶対大丈夫と思わないことが、結果的に自分の身を守ってくれるでしょう。

信頼を裏切られた心の傷は、傷口がふさがっても跡は残ることも

心の傷は、癒えた後すっかり消えてしまうものと、傷口がふさがっても跡が残るものがあります。

信頼を裏切られた心の傷は、癒えた後、普段はその存在を意識していなくても、やはり跡が残るものでしょう。

「相手もやむを得なかった、そうせざるを得なかった」とか、「自分にも原因があった」などと或る程度許容できる場合と、そうでない場合があります。
ですから、全てはケースバイケースで、根気強く一つずつ向き合う必要があります。

生きていくことは、無傷ではいられないことです。「無傷ではない自分」を受け入れていくことも、自尊感情の大切な要素です。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録