自尊感情にまつわるコラム

自己中の「自分大好き」と自尊感情「自分を大切にする」の違い

自己中の「自分大好き」と自尊感情は180度違う

時々「自己中な人の『自分大好き』と、自尊感情とはどう違うのですか?」という質問をお受けします。
自己中な人は自分が一番可愛く、「俺の言うことが聞けないのか!?」などと、何でも自分の思い通りにならないと気が済まず、一見「偉そうで自信のある人」に見えたりします。

しかし自己中な人の「自分大好き」は自己愛・ナルシシズム(Narcissism)です。
つまり「ほれぼれとする自分しか愛せない」なのです。

他人を支配してかしずかせたり、依存して構ってもらったり、ちやほやされたり、親切の押し売りやこびへつらいをして構わせてもらわないと、「ほれぼれとする自分像」を結ぶことが出来ません。自分は完璧であるはずだ!という自己欺瞞が根底にあります。

強そうで偉そうに見えても、心の奥底は不安でいっぱいで、孤独に耐える力が弱いです。
他人に自分の顔色を伺わせないと、自分の存在を保てません。

自尊感情(セルフ・エスティーム Self-esteem)とは、どんな自分でも大切にする、ということ。

決して全てにおいて完璧ではない自分をあるがままに見て(これは大変勇気のいることです)、その自分をいじめたり、薔薇色のメガネをかけてごまかしたり、なかったことにするのではなく、その自分と仲良くする、ということです。

ですから、他人の存在や評価に振り回されることが比較的少なく、孤独に耐える力があります。
「自分は自分、人は人」という境界線をしっかり保ち、自分も他人も同じように尊重できる、ということです。

※ちなみにここではプライド、という意味での自尊心とも区別しています。
日本語ではセルフ・エスティームを自尊心、と訳していることもありますが、日常会話で「あの人は自尊心が高いから・・・」などと言う場合、セルフ・エスティームではなくプライド(Pride)を指している事がほとんどかと思います。

プライドには「誇り」という意味があります。
日本の文化に誇りを持つ、など、アイデンティティの基盤となる大切な感情ですが、他人と比較して誇りを感じていると、それは傲慢と紙一重です。
何かの拍子でひっくり返ると、劣等感になってしまいます。それでは真の誇りとは言えません。

自尊感情、セルフ・エスティームは他人と比較して持つ感情ではありません。傲慢さとも、劣等感とも無縁です。

自尊感情は持って生まれた性格や性質とは関係ありません。

どんな人も、どうかすれば自己中に傾き、また意識的な努力次第で、自尊感情が豊かになります。

では、どのようにすれば、自己中を抜け出し、自尊感情が豊かになっていけるのでしょうか・・・?

アブラハム・マスローの欲求段階説(自己実現理論)

アブラハム・マスローという心理学者が唱えた「欲求段階説」があります。
人間は生理的欲求・安心、安全の欲求・所属と愛の欲求、承認欲求、自己実現欲求を持ち、これは段階を経てより高次の欲求を満たしていく、というものです。

  • 生理的欲求・・・食欲、睡眠欲、排泄欲など、身体の生理的な欲求
  • 安全、安心の欲求・・・身体や生命の安全、安心を求める欲求
  • 所属と愛の欲求・・・居場所がほしい、愛されたい、受け入れてもらいたい、孤独を癒したい欲求
  • 承認欲求・・・認められたい、馬鹿にされたくない、尊重されたい欲求
  • 自己実現欲求・・自分の能力、可能性を最大限に生かしたい、自分がなり得るものになりたい欲求

またマスローは晩年、自己実現欲求の上に、自己超越欲求がある、と考えました。

  • 自己超越欲求・・・自分を超えた存在への志向。自分の利益を超えた平和や、神的存在へ心が向かうこと

自己実現は、自己超越欲求の結果として得られるもの、とマスローは考えました。
そして、生理的欲求から承認欲求を欠乏欲求(欠けているから満たしてもらおうとする)、自己実現欲求と自己超越欲求を成長欲求(より良き存在へと成長したい)としました。

自己中・自己愛(ナルシシズム)は欠乏欲求を他人に満たしてもらおうとすること

マスローによると、様々な問題や症状は、この欠乏欲求が長期にわたって満たされないために起こる、とされてきました。

人間である限りどんな人にも、この欠乏欲求は起こるものであり、これを自分で満たす習慣がついていないことが問題を引き起こす、と思われます。

(念のため、ですが、まだ親の庇護の元にある幼い子供は別です。子供達は無条件に愛情や承認を与えてもらってこそ成長します。ここでの話は、自己決定ができる大人を想定しています。)

自己中な人、自己愛(ナルシシズム)が強い人、いわゆる構ってちゃん、またその裏返しの構わせてちゃんは、「他人を使って」これらの欲求を満たそうとします。

真に向き合うべき課題から言い訳をして逃げるのも、自分の責任を全うせず、他人に押し付けると意味では同じです。
これが人間関係の諸問題の根底にあるでしょう。

これを止めない限り、ワークショップなどでコミュニケーションのスキルだけを身につけても、根本的な信頼関係を築くことはできません。
寧ろコミュニケーションスキルを他人を操作し、支配するために使うこともありえるのです。

自尊感情が豊かな人とは、欠乏欲求を自分で満たす習慣が身についている人

自尊感情が豊かな人は、自分で自分を大切にする習慣が身についています。
つまり、欠乏欲求を自分で満たす習慣こそが、自尊感情を高めていきます。
だからこそ、自分の中のネガティブな反応、感情を無視したり否定したりせず、大事にすることが出来るのです。

ネガティブな感情を怖れたり、恥じたり(「こんなことで怒ったり、嫌ったりする自分は情けない、恥ずかしい」)しません。
それは「欠乏欲求が満たされていない」大切なサインだからです。

自分の心と向き合い、心の声に耳を傾け、その上で「どうしたいか」を考えること、この習慣が欠乏欲求を満たします。

自分で自分をあやしたり、認めたり、励ましたりして、所属と愛の欲求や、承認欲求を満たそうとします。
時には家族や友人に話を聞いてもらったり、助言してもらうこともありますが、相手に過度に負担を掛けない配慮をすることができます。

すなわち「自分の面倒は自分で見る」「自分の尻は自分でぬぐう」という自己責任を全うする、自立した大人、ということだと思います。

そして結果として、より高次の「成長欲求」に自然と移行します。
大切な自分だからこそ、より次元の高い世界に連れて行ってあげたくなるのです。

能力以上に人生を左右する「人間観」

簡単に言ってしまうと、自己愛と自尊感情では人間を以下のような存在と捉えていると言えるでしょう。

自己愛:人間=利用する対象
自尊感情:人間=尊重される存在

ところで、日本語には「~観」という言い回しがあります。人生観、結婚観、恋愛観、など。
人間関係、仕事、お金、家庭、健康、どの分野を取ってもその人がどのような「~観」を持っているかでポテンシャルの発揮の仕方が変わります。

「あなたはどのような『~観』を持っていますか?」

と尋ねれば、大抵の人は体裁のいいことを言うでしょう。
しかし人間の本音は行動に現れます。

ある人が職場で、関係のない第三者を巻き込む形で、別の人から仕事上の嫌がらせを受けました。

「仕事を何だと思ってるんだ!」

と嫌がらせを受けた人は大変激怒したそうです。

しかし後から、その嫌がらせをしてきた人を「仕事をその程度にしか考えていなかったんだな」と思うようになりました。
つまりその程度の「仕事観」だったのです。
嫌がらせをした人も、決して能力が低いわけではなく、努力もする人だったそうです。
しかしその人の「仕事観」以上の結果を出すことはありませんでした。

人間関係であれ、仕事であれ、お金であれ、「~観」はつまるところ「人間観」です。

自分がどのような「人間観」を持っているか、すなわち自分という存在をどのように捉えているかが、能力以上に人生を左右します。
人間を、自分を、かけがえのない、尊重される存在として扱っているかどうか。
これが「自尊感情が豊かかどうか」です。

かけがえのない存在と捉えていれば、自分に対しても相手に対しても、時間や、感情や、何を食べ、何を着て、どのような事にお金を使い、どんな人と付き合うか、どんな話をし、話し方をするのか、その一つ一つの選択を大切にします。

それが信頼を築きます。
自分に対しては自信です。

真の自信とは、他人からの評価に左右されるものではなく、「一つ一つの選択を大切にしている」その積み重ねからくるものだと思います。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録