自尊感情を高める7つの習慣① ネガティブな感情を受け止める

自尊感情は無条件のもの

自尊感情(self-esteem)とは、「どんな自分でもOKなのだ」という充足感の伴った自己肯定感の一つです。

自己肯定感は大切ですが、条件付き(お金や能力や美貌や、学歴や社会的地位などの評価が手に入っているから)で自分を肯定していると、その条件が消えたとたんになくなってしまいます。

自尊感情はこうした条件に左右されません。「100点取ったら愛してやる!」とは180度違う心のあり方です。

自己否定感が強く、特に「(親や大人にとっての都合の)いい子」で育ってきた人の中には、自分のネガティブな感情を否定する傾向がよく見られます。
怒っちゃいけない、妬んだり憎んだりする自分は醜い、寂しい顔を見せてはいけない、等々。

人間の感情を大別すると快か不快に別れます。
人間は快は感じたいし、不快は感じたくありません。
ですので、反射的に不快な感情を抑圧しようとする癖がついている人は、決して少なくありません。

ただ、快=喜び、幸福、楽しさ=善、不快=怒り、悲しみ、妬み、寂しさ=悪、とレッテル貼りをしてしまうと、自分を追い詰めてしまいます。
快=善、では必ずしもありません。「しめしめ、あいつをだまして上手くいった」とか、「ざまあみやがれ」なども快の感情です。

快か不快かの感情は、このこと自体に良い悪いはなく、ただ「この状況に自分が満足しているか、満足していないか」のサインに過ぎません。

ネガティブな感情を「なかったことにしない」

感情であれ、何かの信念、考え方であれ、過去の経験であれ、「なかったことにする」のは自己虐待になります。

3つの自己虐待・「いないことにされた私」

自尊感情を豊かにするためにまず大切なことは、不快な感情を自分で受けとめ、適切に処理しているかどうかです。

不快な感情を感じることが即問題なのではなく、不適切な行動化(面と向かって罵る、八つ当たりする、ネットなどで中傷するなど)と、身体化(体の症状に出ること、やる気が出ない、慢性的な疲労感、頭痛や肩こりなど)が問題とされるだけです。

不快な感情を、自分がしっかりと受け止めないと、その感情が自分の外側に飛び出てしまいます。不適切な行動化とはこのことです。典型的なものは八つ当たりです。

また自分一人で受け止めきれない時は、信頼できる人に話を聴いてもらうことも大切です。しかしそれも、「まずは自分が受け止める」がベースにないと、「私の代わりにあなたどうにかして」と言わんばかりに、相手の迷惑を顧みずに深夜まで同じ愚痴に付き合わせてしまいかねません。

或いは本音と裏腹なことを言って、周囲を困らせるなどもそうです。「お母さんなんかどっか行っちゃえ!」は幼い子供には許されても、大人がやることではありません。

不快な感情をしっかり受け止めているから、不適切な行動化に出ず、結果的に他人から見て「あの人はいい人ね」になります。しかし当の本人は、怒りや悔しさや、時には恨みや憎しみの感情に向き合っているので、自分をいい人だとは思っていない、実際に起きているのはこうしたことでしょう。

そして不快な感情を抑圧し、「なかったこと」にしようとすればするほど「身体化」を招きます。
お医者さんに診てもらっても「どこも悪くないですよ」と言われるのに、慢性的な体の不調がある場合、この感情の抑圧がないかどうか振り返ってみるといいでしょう。

私がほとんどのクライアント様に、セッションの初めの方でまずお願いすることは

「ネガティブな感情を感じてもOK」

と自分に許可を出すことです。これをセッションとセッションの間の宿題にすることも多いです。

またセラピストが行う共感とは、単なる慰めのためではありません。慰めだと依存になりかねません。「その感情はOKだ」とクライアント様が受け止められるための、補助のためなのです。

「そう感じたことを、どう感じていますか?」

家族療法の第一人者のバージニア・サティアが、クライアントにした質問があります。
「あなたはそのことをどう感じていますか?そしてそう感じたことを、どう感じていますか?
心にとって重要なのは、二番目の質問です。

自尊感情が低い間は、「こんなことで怒る自分が情けない」とか、「あの人が私を怒らせた。あの人のせいで、こんな不快な気持ちにさせられた」の自罰か他罰になりがちです。「そう感じたこと」に許可を出せていないからです。

もっと自尊感情が下がると、屈辱的な扱いをされたり、利用されていてもそのことに気づけない(「私が悪かったのかな?」「あの人のことだから、きっと何か事情があるに違いない」)、怒ることすらできなくなります。いじめが続いてしまうのは、いじめられた側が、自分が蔑ろにされていることに、粗末に扱われていることに怒れないことも理由の一つです。

許可を出せるようになると、不快な感情は感じつつも、「何がそんなに嫌だったんだろう?」「今後どうすればこんな思いをせずに済むだろう?」など、「そう感じたこと」に興味が持てるようになります。興味を持つと、人はおのずと前向きな学習をします。そして結果、「嫌だった経験を無駄にしない自分」を育てます。

この自分が育てば育つほど、取り越し苦労をしなくなります。嫌なこと、望まないことが起こっても、学びに変え、無駄にしないと心のどこかでわかっている、真の自己信頼感が育つからです。自己信頼感とは、何もかもが思い通りになる自分のことではありません。

自分にダメ出しがやめられないのは、「私は何もかもが思い通りにできるはずだ、なのにできない私はダメなんだ」をやっている、ということです。

客観視と自己共感・自尊感情の土台

自分に許可を出してこそ、その感情をしっかり受け止められる「もう一人の自分」が育ってきます。つまり客観視できる自分です。

「もう一人の自分」が育っていないと、怒りや憎しみ、恨みや不安の感情と、自分自身を一体化してしまいます。真実は、それ以外の自分もちゃんといます。自己否定感が強くなるのは、それ以外の自分がどこかに吹っ飛んでいるためでもあるのです。

そしてどんな人も、生まれ持って客観視できる人はいません。生まれたての赤ちゃんに、そんな力はありません。

また客観視しつつ、自己共感すること「そんなに嫌だったんだ」「やっぱり傷ついていたんだ」これが自分への思いやりを育てます。思いやりとは共感と想像力(「こんなことをしたら相手はどんなに嫌がるだろう」「今すぐにでも被災地に飛んで行って助けたいけれど、受け入れ態勢が整うまではかえって迷惑になるから待つ」など、「相手の立場に立って考える」こと)の掛け合わせです。

自分への思いやりが育っていないと、欠乏した愛情を埋め合わせるために、他人に要求してばかりの「クレクレ星人」や、「かまってちゃん」その裏返しの「かまわせてちゃん」になってしまいます。人間関係のトラブルは、ほぼこのことに起因しています。

自尊感情が高まるとは、不快な感情を感じなくなることではありません。寧ろ増えることすらあります。不快な感情を恐れず、受け止められる自分が育つ、客観視と自己共感ができるということです。

客観視と自己共感が習慣化されている人は、少々の困難にも決してめげず、自分を投げ出してしまうことはありません。結果「自分は自分でいい」「そのままの自分で価値がある」自尊感情を、また高めていく好循環が生まれるのです。

>生きづらい貴方へ

生きづらい貴方へ

人と比べない・自分にダメ出ししない・依存も支配も執着も、しない、させない、されない自分に