自尊感情を高める7つの習慣

自尊感情を高める7つの習慣① ネガティブな感情を受け止める

自尊感情は「条件付き」のものではありません

自尊感情(Self-esteem)とは、「どんな自分でもOKなのだ」という充足感の伴った自己肯定感の一つです。

自己肯定感は大切ですが、条件付き(お金や能力や美貌や周囲からの評価が手に入っているから)で自分を肯定していると、その条件が消えたとたんになくなってしまいます。
自尊感情はこうした条件に左右されません。「100点取ったら愛してやる!」とは180度違う心のあり方です。

自己否定感が強く、特に「(親や大人にとっての都合の)いい子」で育ってきた人の中には、自分のネガティブな感情を否定する傾向がよく見られます。
怒っちゃいけない、妬んだり憎んだりする自分は醜い、寂しい顔を見せてはいけない、等々。

人間の感情を大別すると快か不快に別れます。
人間は快は感じたいし、不快は感じたくありません。
ですので反射的に不快な感情を抑圧しようとする癖がついている人は決して少なくありません。

ただ、快=喜び、幸福、楽しさ=善、不快=怒り、悲しみ、妬み、寂しさ=悪、とレッテル貼りをしてしまうと、自分を追い詰めてしまいます。
快=善、では必ずしもありません。「しめしめ、あいつをだまして上手くいった」とか「ざまあみやがれ」なども快の感情です。

快か不快かの感情は、このこと自体に良い悪いはなく、ただ「この状況に自分が満足しているか、満足していないか」のサインに過ぎません。

ネガティブな感情を「なかったことにしない」

感情であれ、何かの信念、考え方であれ、過去の経験であれ「なかったことにする」のは自己虐待になります。

自尊感情を豊かにするために大切なことは、不快な感情を自分で受けとめ、適切に処理しているかどうかです。
不快な感情を感じることが即問題なのではなく、不適切な行動化(面と向かって罵る、暴力をふるう、ネットなどで中傷するなど)と身体化(体の症状に出ること、やる気が出ない、慢性的な疲労感、頭痛や肩こりなど)が問題とされるだけです。

そして不快な感情を抑圧し、「なかったこと」にしようとすればするほど「身体化」を招きます。
お医者さんに診てもらっても「どこも悪くないですよ」と言われるのに、慢性的な体の不調がある場合、この感情の抑圧がないかどうか振り返ってみるといいでしょう。

私がほとんどのクライアント様に、セッションの初めの方でまずお願いすることは

「ネガティブな感情を感じてもOK」

と自分に許可を出すことです。

自分に許可を出してこそ、その感情をしっかり受け止められる「もう一人の自分」が育ってきます。
この「もう一人の自分」が育っているかどうかも、自尊感情に大きく影響します。

自尊感情が豊かな人は、ネガティブな感情を抑えつけたり、それを感じる自分を罰したりするのではなく、大切に受け止める、ーあたかも愛情豊かな母親が「どうしたの?辛かった?悲しかった?」と我が子に優しく尋ねるようにーその習慣が身についています。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録