Prado心理セラピーの特徴

自尊感情を高める Pradoの心理セラピーの特徴

icon-leaf 本気で人生を変えたい方のための心理セラピーです。
単に話を聞くだけの心理セラピーではありません。
クライアント様の潜在意識のパターンにアプローチします。
潜在意識のパターンが変わらない限り、人生は変わりません。

 icon-leaf 一回のセッションは2時間(初回は2時間半)と多くの心理セラピー、カウンセリング(通常1時間、長くて1時間半)よりも長めに時間を設定しています。
人は通常、表面に現れる「問題」「症状」「困った現象」にしかフォーカスできていません。

 icon-leaf これらの奥にある、その方の「魂の成長課題」を潜在意識の中から引き出します。この「魂の成長課題」を果たし、結果自尊感情が高まること、これのみが真にその方を癒すとの信念の元にセッションを行っています。
ですから、1時間では足りないのです。

 icon-leaf 「魂の成長課題」を果たすとは、具体的には「次に同じような事が起きた時、より望ましい反応・選択が出来るようになること」です。私たちの身の回りの起こる出来事そのものを、変えることはできません。しかし自分の反応と選択を変えていくことは出来る、これを実感することによって、自尊感情が結果的に高まります。

 icon-leaf 自尊感情を高めることが、当Pradoの心理セラピーの目的です。
うつ、不安、対人緊張、対人不安、依存症等、心の悩みは千差万別ですが、多くの心の悩みの根幹には「自尊感情の不足」があります。
(※脳の器質性疾患や、先天性障害は除きます。これらはPradoの心理セラピーの対象範囲外となります)

 icon-leaf 自尊感情が不足したまま、問題・症状だけを取り除こうとしても、対症療法に過ぎず、同じことの繰り返しになります。
多くのクライアント様と接してきて、行きつくところは「いかに自尊感情を回復するか」の結論に達しました。

多くの心の悩みの根幹・「あるがままの自分を受け入れられない」自尊感情の不足

 icon-leaf 自尊感情(self-esteem)とは

無条件に自分は価値があり、かけがえのない存在であると感じていること。
何かが出来るから、とか、人格的に優れているから、ではなく、生まれたての赤ちゃんがそのままで尊いのと同じように、何があってもなくても自分の存在そのものが尊いと感じられること。
「都合の悪い自分」をも、「それも自分だ」と受け入れることができること。
他人や、何かと比べて自分をvery goodとするのではなく、無条件にgood enoughである状態。

 icon-leaf 自尊感情が豊かな人は

        icon-circle 困難を乗り越える力があります。
        icon-circle 傷つくことはあっても、立ち直れる自分を知っています。
        icon-circle 喜怒哀楽全ての感情を大切にしています。
        icon-circle 自分も他人も大事にでき、誠実に人に接します。
        icon-circle 失敗や挫折から学びを得て、成長することが出来ます。
        icon-circle 責任を取ることが出来るので、周囲から信頼されます。
        icon-circle 健全な自己主張も、相手の言い分に耳を傾けることも出来、豊かな人間関係を築けます。
        icon-circle 周囲に流されることも群れることもなく、孤独に耐える力があります。

自尊感情が低いと生じがちな「生きづらさ」の例

 icon-check-square-o 人からどう思われるかが過剰に気になる。人から嫌われないかどうかが行動の基準となる。いい人でいたい。

  • 人から評価されない、嫌われることもあるということを受け入れられない。
  • 何でも駄目出しをしてしまう。逆にすぐに迎合してしまう。「本当は自分はどうしたいか」がよくわからない。

 icon-check-square-o 不安が強いため、試し行為をする。遅刻をしたり、約束を破ったり、相手が迷惑に感じることをして「こんな自分でも受け入れてもらえるか」を試そうとする。

  • 脅し(泣き脅しも含む)て人を思い通りに動かそうとする。
  • 付き合う気もないのに自己満足のために異性の気を引こうとする。結果異性からの信頼を失う。
  • 過干渉、親切の押し売り。心配するふりをして相手に自分が言った通りに行動させずにはいられない。断られると傷つき、怒る。

 icon-check-square-o 「相手は何を望んでいるか」に関心を向けられない。一方的に自分ばかり話し、会話がキャッチボールにならない。

 icon-check-square-o 他人と同じ目の高さに立つことが出来ない。

 icon-check-square-o ネガティブな感情を感じる自分を罰する。「あの人嫌い」「関わりたくない」と思ってはいけない、と思っている。

 icon-check-square-o 先に簡単に謝ってしまう。「すみません」を連発する。

 icon-check-square-o Noが言えない。またNoと言われると全人格を否定されたような気がする。

 icon-check-square-o 0か100か思考が強く、行動できない。行動できないと実績を積めないので、ますます自信を失う。

 icon-check-square-o 失敗を極度に恐れる。失敗から学べる、のではなく、失敗=自分はダメだ、と考えがち。

 icon-check-square-o 人に仕事を任せたり、頼む事が出来ず、一人で抱え込む。

 icon-check-square-o 「まあ、こんなこともあるさ」「駄目でもともと」「またやり直したらいい」と思えず、思い通りにならない自分や他人を内心であっても罰し続ける。

 icon-check-square-o 「ねばならない」「~すべき」が強く、自分にも他人にも「60点でOK」と思えない。過度な完璧主義。

 icon-check-square-o 自分を大切にしない人と付き合う。他人に利用されやすい。

  • 夫や恋人が避妊をしない。
  • 異性に「キープ」されているのに、ずるずると交際を続けてしまう。
  • 自分に嫌がることばかりする人と距離を置くことが出来ない。
  • 一緒に居ると妙に疲れる相手と居る。
  • 恋人や友人にお金を貸して、返してもらえない。お金を貸すことを断れない。

 icon-check-square-o 自分を犠牲にしていれば、いつか相手はわかってくれる、と思っている。

 icon-check-square-o 特定の行動を注意されただけなのに、まるで全人格を否定されたかのように傷ついてしまう。

 icon-check-square-o 「太っている私は醜いから嫌い」「○○ができない自分は駄目人間だ」⇒「だから痩せたい」「○○ができるようになりたい」という自罰的な動機で目標を立てる。
この動機では必ず挫折します。一時的に上手くいったとしても後で反動が来ます。
「太ってる自分」「○○ができない自分」を「なかったことにしたい」という自己虐待になるからです。

 icon-check-square-o 身近な人の不快、不満の全てが、自分の責任のように感じる。「自分さえ我慢すればいい」と気持ちを抑えようとする。だが心の奥底で相手に対して恨みが溜まり、いつか爆発する。

 icon-check-square-o 依存心が強くなりがちで「誰かが何とかしてくれる」「誰かに決めてもらってその通りにしておきたい」と自己決定と自己責任から逃げようとする。

 icon-check-square-o 取り越し苦労(「もし、~だったらどうしよう」)や、終わったことをクヨクヨ(「なんであんなことになったんだろう」) ばかりし、「今を生きる」ことができない。

 icon-check-square-o ジャンクフードばかり食べる。健康に気を使わない。

 icon-check-square-o 安物買いの銭失いをする。計画的な買い物ができない。生き金を使えない。

 icon-check-square-o LINEで既読スルーされるのが怖い。相手に直に確認しようとせず、LINEに振り回される。

 icon-check-square-o 本音で話せる人間関係を築けない。常に「いい人」や「いじられキャラ」などを演じているような気がする。

自尊感情の豊かさはどんな人にも

この自尊感情の不足したまま、心の問題が解決することはない、と言っても過言ではないでしょう。
(脳の器質的な疾患や、先天性障害、ホルモンバランスの乱れや強い薬の副作用による抑うつなどは除きます)

そして上に挙げた「自尊感情が低いと起こりがちなこと」はほぼすべての人が、程度の差はあれ経験しているかと思います。

つまり、自尊感情とは後天的なものであり、何歳からでも自分で育てていくことが出来ます。
人は自尊感情が豊かになればなるほど、例外なく生きやすくなります。

あなたがもし、「生きづらさ」を感じているのなら、それは自尊感情の低下が原因かもしれません。

あなたが今どんな環境にいるとしても、或いはこれまでの環境がどんなものだったかにせよ、あなた次第で「生きづらさ」を手放し、「生きやすさ」を手に入れることは可能なのです。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録