自尊感情にまつわるコラム

自分と他人の境界線

心の境界線

境界線(英語ではバウンダリーと言います)を明確にしましょう、と聞いたことがあるかもしれません。

今回取り上げる境界線とは、物理的なものではなく心に関することです。

自尊感情が低下すると、自分と他人の境界線があいまいになることがあります。
自分ではどうにも出来ないことなのに、自分のせいのように感じたり、完全に相手の自由、相手が決めることなのに「なんでこうしないの!?」と口をはさまずにいられなかったり。

こうしたことが、無用なストレスを生み、また人間関係をこじらせる要因ともなります。

そしてこの心の境界線は、一旦引けたつもりでも、ストレスがかかると曖昧になりがちです。

その都度「境界線があいまいになっていないか」自分でチェックして、改めて引き直す習慣が「生きやすさ」に繋がります。

関心の輪と選択の輪

心の境界線を以下に図解していきます。

人間の意識に上るもの、上らないものをまずわけます。意識に上るものは大なり小なり「関心があるもの」、上らないものは「関心がないもの」になります。

私たちは世界の全てに意識を向けているわけではありません。関心の輪の中にあるものだけに意識を向けています。

%e9%96%a2%e5%bf%83%e3%81%ae%e8%bc%aa_page0001

関心の輪の中に選択の輪があります。
選択の輪とは、「自分が選択できることかどうか」です。

アメリカ大統領選挙に関心を持つことはできますが、選挙権のない日本人には選択できません。

今日の天気に関心は持てますが、選択することはできません。しかし、天候の具合によって「対処方法を選択する」ことはできます、この「対処方法」は選択の輪の中にあります。

いけすかないあの人のあり方に関心を持つことはできますが、あの人のあり方そのものは選択できません。しかしあの人との「関係性をどうしていくか」は選択の輪の中にあります。

%e9%81%b8%e6%8a%9e%e3%81%ae%e8%bc%aa%e2%91%a0_page0001

境界線/選択の輪をより明確にする三つの要素

私たちは「関心はあるけれど、本当は自分が選択することではないこと」に意識が向き過ぎ、あたかも「自分が選択できること」と混同してしまうことがあります。

「これは自分が選択することなのかどうか」を明確にする三つの要素があります。

①責任
「子供の借金を親が返す」「子供の宿題を親が代わりにやる」これをすると境界線は曖昧になります。責任は、私たちの心にとって、筋肉を増やしてくれるダンベルのような役割があります。

ダンベルを上げ下げするのはきついかもしれませんが、その時々に合った負荷をかけないと、体と同様に心の筋肉はつきません。

②限界
自分の能力、立場、そして「この選択は全体にとってどうなのか」という判断、これを忘れてしまうと「自分ではどうにもできないこと」なのに「それはおかしい!間違ってる!こうあるべき!」を振りかざし、境界線がぐちゃぐちゃになることがあります。

これには自分を客観視するメタ認知能力が必要です。

参考:メタ認知能力・自分をあるがままに見る力

③価値観
選択の輪の中には無数の選択肢があります。そしてどの選択肢を選ぶか、その際重要になるのが自分の価値観です。
何故、その選択肢を選ぶのかに、自分が何を大事に生きているのかが反映されます。この価値観が明確になっていればいるほど、選択に迷いがなくなります。

参考:自尊感情を高める7つの習慣 ⑥価値観を明確にする

%e9%81%b8%e6%8a%9e%e3%81%ae%e8%bc%aa%e2%91%a2_page0001

「あの人何でああなの!?」は関心の輪の中、「あの人との関わりから、私は何を学ぶだろう?」は選択の輪の中

人間関係において、不快な感情を感じることそのものが即悩みになるわけではありません。
「自分ではどうにもできない」関心の輪の中にあることに、意識が向き過ぎ、そこにはまり込んだ時に「悩み」になります。

「あの人、何でああなの!?」
「あの人がおかしい、悪い。だからあの人が変わるべき」

確かに道義的責任はあの人にあって、こちらは何も悪いことはしていないでしょう。しかし、どんなに理不尽に思っても、「困っている方が動く」しかありません。

買ったお皿にひびが入っていた、その時じっと待っていてもそのお皿が良品に化けることはありません。お店に電話をするなりして交換してもらう手間をかける、そうやって「困っている方が動いて」初めて事態は改善されます。

上記の質問は反応的に「出てきてしまう」ものです。もう一人の自分が、この悔しい気持ちを一旦充分に受け止めた後に、

「あの人との関係性を私はどうしたいだろう?」
「この関係性を改善するために、私は何が出来るだろう?」
「私はあの人との関わりから、一体何を学ぶだろう?」

こうしたWhat或いはHow、そして主語をIにした質問にすると、その途端に事態は「選択の輪」の中に入ります。
こうすると「悩み」から「課題」「チャレンジ」に変わっていきます。

自分ではどうしようもないことには、責任を負えません

「選択の輪」を意識すると、「自分が出来ること、そして責任を負えること」はそう多くないのだな、と気づいていくでしょう。

今日の天気は、私たちの誰にも、どうにもできません。雨の日に「お足もとの悪い中お越しいただいて、ありがとうございます」とは言えても、雨になったことそのものをわびることはできません。
しかし、地球の温暖化・気候変動に関しては、私たちが出来る範囲内での責任はあります。

職場など、「立場上」ミスをした人になり代わって、全体の代表としてお詫びすることはあります。しかしそれは「立場として」謝っているのであって、具体的な責任の所在はまた別の話です。

境界線があいまいだと、自分ではどうしようもできない相手の反応にまで、責任をしょいこもうとしてしまいます。
人の目が気になり過ぎる場合、「相手が自分をどう感じるか」という「相手の選択」にまで責任を負おうとしていないか、振り返るきっかけにすることができます。

また幼児的万能感がいくらかでも残っていると、まるで自分の正義感が世界の掟であるかのように思ったり、雨が降ったことさえ自分のせいのように感じたり、「自分が世界の中心にいて、自分の考えたように世界はあるべきだ」をやってしまいかねません。

参考:人は何故自分/他人いじめをするのか 幼児的万能感から自尊感情へ

相手の環境を整えることはできても、その環境をどう受け止めるかは相手次第

相手の反応も、自分の「選択の輪」と同様、その人の価値観の反映に過ぎません。そして価値観は「正しい・正しくない」ではなく「好き・嫌い」の問題です。

自分の配偶者や子供が病気だったり、うつになったり、それに心を痛めるのは家族として自然なことです。家族が元気になれば自分も嬉しく、ほっとするのも人情です。

しかし誰しも、他人に健康や幸福を「強いる」ことはできません。家族であろうと健康や幸福になっていくのは「その人の選択の輪の中」にしかありません。
他人は、今の相手にもっともふさわしい環境を整えることしかできない、これをもどかしく思うかもしれません。

しかし、相手を信頼するとは、このもどかしさに耐えるという忍耐力の上に成り立っているようです。
そして信頼こそが、ー情緒的な優しさを超えてー私たち人間を人間たらしめます。

境界線を引く、何度でも引き直すのは、この信頼の土台を培うためでもあるのです。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録