自尊感情にまつわるコラム

共感の意義・「この悲しみのもって行き場」を自分の内側に

共感と同情の違い・共感の必要性

心のことは目に見えません。コミュニケーションもまた目に見えず、会話はどんどん流れてしまうので、「似て非なること」をやってしまいがちです。

注意と叱責とお説教、提案とアドバイス、主張と抗議、似ていますが実は異なります。

その中でも共感と同情は、まったく似て非なるものです。見かけは似ていますが、「自分が相手をどう見ているか」の差が言葉の内容以上に伝わってしまいます。

共感能力という言葉はあっても、同情能力という言葉はありません。

共感が必要と言われていても、何故、どのように必要なのか。同情とはどう違うのかを掘り下げていきます。

他者の共感は、自己共感を助けるため

共感、承認(認めること)、受容(受け入れること)、これらをしばしば人は、他人から得ようとしがちです。
しかし本来、共感も承認も受容も、「自分が自分に対してするもの」です。

例えば、他人から承認を得たがる人ほど、実際に承認されると「そんなことありません!」と自分から否定することがあります。素直に受け取れません。

そうすると、せっかく承認した内容とは逆の「そうではない私」の暗示が強化されてしまいます。
他人が承認しても、自分がそれを受け止め、認めなくては意味がありません。つまり、自己承認です。

コミュニケーションのスキルとして、「相手が使った言葉をそのまま使う」があります。

これは言葉を変えてしまうと、自己否定感が強い人ほど「そんなことありません!」になりがちだからです。
(例「人に迷惑をかけたくないんです」「とても誠実なんですね」→「そんなことありません!」になることも)

相手が使った言葉をそのまま使う(例「人に迷惑をかけたくないんです」「迷惑をかけたくないんですね」)と、相手はそれを否定することはできません。

セラピストを含めて、他者が共感、承認、受容するのは、この自己共感、自己承認、自己受容を助けているのに過ぎません。

相手に共感、承認、受容を「与えて」いるのではない、まして「してあげている」のではない、これを肝に銘じるのが対人援助の鉄則です。

差し出せるのは、相手が自分で共感、承認、受容する「きっかけ」だけです。

心の苦悩は「この悲しみのもって行き場」が自分の内側に作れないこと

では何故、自己共感が必要なのでしょうか?

セラピーで扱うのは「心の中で起こっていること」です。
現実的な事柄には、クライアントからアドバイスを求められない限り、セラピストは立ち入りません。

心の悩みの多くは、「今更現実は変えられないし、変えられるとも思っていない。でも『この悲しみのもって行き場』が見つからない」ということでもあります。

ひとつの例を挙げます。

ある女性が結婚を考えていた恋人から別れを切り出されました。

彼女は「別れたくない」と哀願しましたが、哀願されたからと言って翻意するくらいなら、彼も最初から別れようとはしません。
ですので、結局は別れることになりました。

彼女は自分たちの仲の良さに自負を持っていたため、突然の別れに納得できませんでした。長い間ぐるぐると悩み続けました。
現実のどうにもできなさに疲れ果ててしまいましたが、しかしだからと言って、悲しみのそのものが消えるわけではありません。

長い時間ののち、彼女は、自分が本当にほしかったのは「彼」でも「復縁」でもなく、「ごめんね」の一言だったことに気がつきました。

もし、彼が一言でいいから、心から「ごめんね」と言ってくれたら、この悲しみに居場所を与えることができたのだろうと。
そしてこんなに恨まず、身を引くことができただろうと。

そしてそれは、今は自分が自分に作るしかないことにも。

そこで初めて、「彼はもう二度と、自分の元には帰ってこない」現実を受け入れることができました。
残念には思うけれど、致し方なかったのだと折り合いをつけることができたのです。

それに至ってようやく、彼を恨むこともしなくなりました。

新たな現実を生きるためにも「この悲しみのもって行き場」を

彼女は「この悲しみのもって行き場」を自分の内側に作れなかった間、「恨んだって仕方がない」と理性ではわかっていても彼を恨み続けました。

或いは、演歌の歌詞にあるように彼を「死んだ人と同じ」と思い込もうとしました。

つまり、現実を受け入れられなかったのです。

現実を受け入れられない間は、次のステップには進めません。

よく人は「気持ちを切り替えて・・」とか「もっといい人とのご縁があるよ!」などと慰めたり励ましたりしますが、悲しみが大きければ大きいほど「はい、そうですね」と切り替えることは中々できません。

「この悲しみのもって行き場」を作り、現実を受け入れ、そして初めて、新たな現実へ踏み出せます。

「この悲しみのもって行き場」を作るのは、ただの慰めではなく、まして自己憐憫でもなく、次の、新たな現実を生きていくためです。

下手な同情は勇気をくじき、共感は勇気の土台に

新たな現実を生きようとする、これは勇気に満ちている状態です。

共感は、この勇気に満ちた状態になるためにするものです。

ここが同情との違いです。同情は「かわいそうがること」、つまり相手を下に見ています。
お悔やみの気持ちとして「お気の毒に」と伝えることもありますが、いつまでもかわいそうがっていては、相手の自尊心を傷つけます。

自尊心を傷つける、とは勇気をくじくことです。

生きていくことは、ルンルンで楽しいことばかりではありません。
誠実に、まっとうな生き方をしようとすればするほど、辛い思いをすることも起こります。

その時に私たちを縮こまらせず、新たな現実を、地に足をつけて生きるために必要なのは勇気です。

共感は、その勇気の土台のためにすることなのです。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録