コミュニケーション

居場所をなくすYouメッセージ・互いを認め合うIメッセージ

相手に圧迫感を与えず、かつ毅然とした態度を保つ自己主張とは

コミュニケーションが苦手な人の中でも「思ったことが言えない」「つい相手に迎合してしまう」「イヤだと言えずにつけこまれてしまう」悩みを抱えている人は少なくないでしょう。

その悩みを解消するには、「自分は自分で良い」という自尊感情を高めつつ、健全な自己主張のための実際的なスキルを身につけることの両方が必要になります。

健全な自己主張とはどのようなものか、それを子供のころから見聞きしていないと、自己主張=我を通す、といった思い込みを知らず知らずのうちに持ってしまっていることがあります。

そうなると「思ったことが言えない」のも当然です。そしてまたその結果「いいように扱われる」「黙っていることにつけこまれる」事態を招きかねません。

優れたコミュニケーターは、相手を尊重し、圧迫感を感じさせず、なおかつ毅然とした態度で自分の考えを伝えています。

ただしそれには練習が必要で、特に最初のうちは意識的に反復練習をすることが大切です。この優れたコミュニケーターがやっているのが「Iメッセージ」です。

Youメッセージの連続だと「その場から逃げたくなる」

相手に自分の希望・要望を伝えようとするとき、多くの人がやってしまいがちなのが「Youメッセージ」です。

「早くしなさい!」「宿題は!まだやってないの!?」「いつまでゲームしてるの!?」「これでいいと思ってるの!?」「何で遅れるの!?」「電話くらいしてよ!」

・・・これらの主語はすべて「You」「あなた」です。日本語の会話では主語は省かれることが多いので、あまり意識出来ていないかもしれません。

これを言われ続けて、嬉しい気持ちになる人はいません。その場にいるのが嫌になってしまうでしょう。

しかし本当は、これらのことは皆、「自分が感じていること」です。

「早くしてほしい」「宿題をやってほしい」「ゲームをやめてほしい」「反省してほしい」「遅刻しないでほしい」「電話をしてほしい」のはすべて「自分」です。

自分の要望なのに、あたかも相手の「せい」になってしまっている、このことに相手は反発したり、心を閉ざしてしまったりします。

家庭の中で子供が自分の居場所が感じられなくなるのは、必ずしも親が子供を愛していないためとは限りません。

この「Youメッセージ」によって子供が「愛されている」「自分はここにいて良い」とは感じられなくなってしまう、これはとても残念なことです。

家庭のみならず、職場も同じです。
勿論職場は、自分の居場所づくりのために通うものではありませんが、それでも居心地の悪い職場で能力を発揮することはできません。

相手の心の自由を認めつつ、自分も主張するIメッセージ

Iメッセージとは、「私がこう感じている」ことを伝えるものです。そしてその背景には「自分も相手も、どう感じるかは自由であり、尊重されるべきもの」という姿勢があります、
Youメッセージは相手に有無を言わさず「こうしろ」と命令することなので、そこに相手の自由を認める姿勢はありません。

Iメッセージは3つの要素で成り立っています。

「~が起きた時」

これは客観的な事実のみを伝えます。主観を入れないことが大切です。
Youメッセージでやりがちな「いつも」「この間も」「しょっちゅう」は使いません。これを言うと「いつもじゃないのに!」と相手が反発し、コミュニケーションが途絶えてしまいます。

×「ドアを叩きつけて閉めた」   ○「ドアを音を立てて閉めた」
×「いつもすごく人を待たせる」  ○「今朝、15分遅れた」
×「またお弁当箱を朝になって出す」  ○「今朝、お弁当箱を出した」

×の方は、それだけで相手が「責められている」と感じてしまいます。
○の方は、主観的な判断を入れない客観的事実なので、これに「良い・悪い」はありません。

の具体的な影響

これは「私」に対する影響です。「他の人が」「みんなが」は相手が「本当にそうか?」と疑問を抱きます。
またこの段階では「困ってる」「迷惑だ」は伝えません。相手に「責められている」と感じさせてしまいかねないからです。
相手が「なるほど、そういうことが起こるんだな」と納得するための段階です。

「ドアを音を立てて閉めた時」
×「みんな驚いた」  ○「私はドキッとした」

「今朝、15分遅れた時」
×「他の人に迷惑をかけた」  ○「私は『どうしたんだろう』と思った」

「今朝、お弁当箱を出した時」
×「私はすごく困る」  ○「臭いを取るのに時間がかかった」

「私」がどう感じているか

「ドアを音を立てて閉めた時、私はドキッとして、落ち着かなくなった
「今朝、15分遅れた時、私は『どうしたんだろう』と思って、心配した
「今朝、お弁当箱を出した時、臭いを取るのに時間がかかって、困った

特にの段階で、相手が「うん、うん」と同意できるかが重要ポイントです。

上の文章は典型的なIメッセージの例題なので、ぎこちなく感じるかもしれません。
自然な会話としては

「ドアを音を立てて閉めると、ドキッとして落ち着かないの」
「今朝、15分遅れた時、『どうしたんだろう』と心配したわ」
「今朝、お弁当箱を出した時、中々臭いが取れなくて、困ったの」

などになります。

Youメッセージだと

「あんたはいつもドアを叩きつけて閉める!」
「いっつも人を待たせるのね!」
「何で朝になってお弁当箱を出すの!」

になってしまいます。

Iメッセージは、ほとんどの人にとって、まずは練習が必要です。

最初はできるだけ小さな、日常的な事柄を題材に、紙に書き出すとわかりやすいです(トイレの便座が上げっぱなし、ゴミ出しを忘れる、脱いだ服を裏返して洗濯かごに入れてほしい、洗面台の水滴を拭いてほしい、などなど)。

Iメッセージを伝えた後、相手の抵抗を減らすリフレクティブ・リスニング

IメッセージはYouメッセージよりも、相手の抵抗が少なくはなりますが、それでも相手に行動を変えてもらうことが目的ですから、抵抗が起きることがあります。

その時に一旦、相手の言葉をそのまま受け止めて返すのが、リフレクティブ・リスニング(反映的傾聴)です。

お弁当箱の例だと

「今朝、お弁当箱を出した時、中々臭いが取れなくて、困ったの」
「ごめん、つい忘れちゃうんだ」
「忘れちゃうのね」

この時「何で忘れるの!」だとまたYouメッセージになります。

そしてここでは、相手は自分の行動が迷惑をかけていることを自覚し、謝っていますが、「つい忘れてしまう」ことに困惑もしています。
それをそのまま受け止めることにより、「同じ立場に立って解決しよう」という土台が出来ます。

ここで

「忘れずに出すために、どんなことが出来るかなあ?何か工夫できることはないかしら?」

と投げかけると、相手もただ責められているとは感じず、共に解決しようとするメンバーシップを感じることが出来るでしょう。

健全なコミュニケーションの背景・「心の中で感じることは全てOK」

このIメッセージとリフレクティブ・リスニング(反映的傾聴)は、コミュニケーションスキルの基本的なものです。

そしてこれは、基本でありながら大変奥が深いものです。

何故ならどれくらい使いこなせるかは、「心の中で感じることは、あなたも、私も、全てOKだ」ということの、理解の深さに比例するからです。

自分や相手の心の中の、怒りや、不平不満や、苛立ち等を「感じるべきではない」と罰していると(いつも”ポジティブな”感情だけを感じる”べきだ”、をやってしまうと)、Iメッセージで率直に伝えたり、リフレクティブ・リスニングで受け止めたりはできないのです。

逆に言えば、Iメッセージやリフレクティブ・リスニングを使うことで、「あなたは何を感じても良い」と言外に伝えることもできます。

そして家庭であれば家族に、特にお子さんに、「そのままの自分で、この家にいていいんだ」と感じてもらうことが出来るでしょう。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録