潜在意識の特徴 ⑧ひっくり返りの法則・ゴールが自分に近づいて来る

潜在意識の世界では「ゴールが自分に近づいて来る」

潜在意識の世界は、顕在意識、つまり私たちが通常頭で考える世界とはひっくり返っています。

どういうことかと言うと

<顕在意識><潜在意識>
悲しいから泣く泣くから悲しくなる
怖いから逃げる逃げるから怖くなる
不幸だから依存する依存するから不幸になる
自信があればやるやるから自信がつく
お金があれば余裕が出来る余裕があるからお金が入る
人に好かれているから幸せ幸せだから人に好かれる
信頼を得れば自信がつく自信があるから信頼を得る
症状が治れば幸せになる幸せだから症状が治る

・・・きりがないのでこれくらいでやめておきますが、何となく感覚的にご理解いただけるかな、と思います。

よくDoよりもBe、あり方が大事だ、と言われています。勿論、行動が不必要だというわけでは決してありません。
顕在意識では自分がゴールへ向かっていく、と考えていますが、潜在意識ではゴールが自分に近づいて来るのです。

つまり、ゴールが近付いてきたくなる自分、ゴールにふさわしい自分であるかどうか、ということが最も重要です。

恋愛を例に取ると、わかりやすいかと思います。

恋人が欲しいのなら、合コンにでかけて出会いを得る、意中の相手が見つかったらアプローチする、というDoも必要ですが、それ以前に、「意中の女性が近付いてきたくなる自分になる(Be)」の方がはるかに重要で、かつ効果的です。身だしなみ、マナー、思いやり、コミュニケーション能力が身についているなど、「ああ素敵な人(Be)ね」と思われれば、そんなに頑張らなくても意中の相手が近づきてきます。

ただし、BeではなくHaveに寄って来る人も、世の中には少なくありません。年収がいくら、どんな職業や学歴か、どんな人脈を持っているか、マンションや高級車を持っているか(!)など。それはその人が持っているもの(Have)を、自分のものにしたいという所有欲に過ぎません。相手を自分の身を飾るアクセサリーくらいにしか思ってはいません。近寄ろうとする人自身が「何もない、そのままの自分で十分OKだ」と思えていないから、アクセサリーを欲しがっているのです。自尊感情が十分高い人は、このような発想はしません。

ところでまた、フィギュアスケートの羽生結弦選手が、いつの頃からか自分を「絶対王者」と称するようになりました。勿論、絶対王者にふさわしい努力があった上でのことです。私たちは、羽生選手は2個の金メダルを取れたから絶対王者だ、と考えがちですが、実際には彼が絶対王者だから金メダルを得られたのです。

また逆の例で、とても素晴らしい異性に誠実に愛されていても、「自分は彼/彼女にふさわしくない」と心のどこかで思っていると、「いつか振られてしまうに違いない。振られて辛い思いをするくらいなら、自分から振ってしまおう」をやってしまいます。片思いしていた相手に告白されたとたん、急に気持ちが冷めたり、逃げ出したくなってしまうのも同じことです。

出世がしたい、年収幾らになりたい、試験に合格したいも全て同じです。

当Pradoのセラピーの冒頭で、目標設定を必ず行いますが、その際「~な私」にして下さい、とお願いしているのはこういうことです。

自分の外側をコントロールしようとするのではなく

生きていれば、「もうあんな目には二度と遭いたくない!あんな人とはもう関わりたくない!」と思うことはよくありますが、自分の外側をコントロールしようとするのは無理があります。

自分が努力するのが面倒だと、つい「あの人、どうにかして」「ちょっとは反省したらどうなの!?」と相手に変わってほしいと願ってしまいます。具体的な、小さな行動レベル(Do)であれば、丁寧に説明すれば改めてくれることも多いです。しかしあり方(Be)は他人に何かを言われたところで、そう右から左に変えられるものではありません。

もう二度とあんな目に自分が遭いたくないのなら、まず傷ついた気持ちをしっかり吐き出したり、自分で受け止めてOKを出した後、

「ああいう目に遭わない自分って、どんな自分だろう??」
「ああいう人に仮に会っても、振り回されない自分ってどんな自分だろう??」

を考え、できることから行動に移すことが肝要です。

まずはそういう自分になれば(Be)、それにふさわしい選択を自然と行うようになり(Do)、結果望ましい環境が手に入る(Have)という順序になっています。

全ては自分のあり方次第ということは、この潜在意識の「ひっくり返りの法則」によるのです。

>生きづらい貴方へ

生きづらい貴方へ

人と比べない・自分にダメ出ししない・依存も支配も執着も、しない、させない、されない自分に