潜在意識の特徴

潜在意識の特徴 ⑧ひっくり返りの法則

潜在意識の世界では「ゴールが自分に近づいて来る」

潜在意識は顕在意識の思考とはひっくり返っています。

どういうことかと言うと

<顕在意識> <潜在意識>
悲しいから泣く 泣くから悲しくなる
怖いから逃げる 逃げるから怖くなる
不幸だから依存する 依存するから不幸になる
自信があればやる やるから自信がつく
お金があれば余裕が出来る 余裕があるからお金が入る
人に好かれているから幸せ 幸せだから人に好かれる
信頼を得れば自信がつく 自信があるから信頼を得る
症状が治れば幸せになる 幸せだから症状が治る

・・・きりがないのでこれくらいでやめておきますが、何となく感覚的にご理解いただけるかな、と思います。

よくDoよりもBe、あり方が大事だ、と言われていますが、勿論行動が不必要だというわけでは決してありません。
顕在意識では自分がゴールへ向かっていく、と考えていますが、潜在意識ではゴールが自分に近づいてくるのです。

つまり、ゴールが近付いてきたくなる自分、ゴールにふさわしい自分であるかどうか、ということが最も重要です。

恋愛を例に取るとわかりやすいかと思います。
恋人が欲しいのなら、合コンにでかけて出会いを得る、意中の相手が見つかったらアプローチする、というDoも必要ですが、それ以前に、「意中の女性が近付いてきたくなる自分になる(Be)」の方がはるかに重要だ、ということです。

当Pradoのセラピーの冒頭で、目標設定を必ず行いますが、その際「~な私」にして下さい、とお願いしているのはこういうことです。

自分の外側をコントロールしようとするのではなく

私も含めて「もうあんな目には二度と遭いたくない!あんな人とはもう関わりたくない!」などと思うことはよくありますが、自分の外側をコントロールしようとするのは無理がありますね。
世の中本当に色々な人がいて、それを自分がどうこうすることはできないからです。このことは、いきなり環境をコントロールしようとしていることです。

「ああいう目に遭わない自分って、どんな自分だろう??」
「ああいう人に仮に会っても、振り回されない自分ってどんな自分だろう??」

まずはそういう自分になれば(Be)、それにふさわしい選択を自然と行うようになり(Do)、結果望ましい環境が手に入る(Have)という順序になっています。

結局は全ては自分のあり方なのだということは、この潜在意識の「ひっくり返りの法則」によるのです。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録