自尊感情にまつわるコラム

「不幸話」をまだ関係が浅いうちにする人にご用心

簡単には口に出せない「本当に辛かったこと」

ショックなことに遭った直後は別ですが、本当に心が深く傷ついたことは、人はそうたやすく口に出せません。

辛い感情に向き合わなくてはなりませんし、聞いている相手が受け入れられなかったり、相手の無理解にさらされると更に傷が深まるため、相手を心から信頼していないと話せないのが自然な心の動きです。

これはセラピストやカウンセラーに対してであってもです。ですのでセラピストの重要な仕事に「人間理解を深める」があります。

愚痴や不平不満であってさえ、見栄や遠慮が働く浅い間柄の相手、つまり「まだ気を遣っている間」はそうペラペラしゃべりません。

しかし中にはほぼ初対面に近い人に対して、セラピーやカウンセリングでもないただのおしゃべりなのに、相手がぎょっとするようなこと、「親に虐待された」「家庭内暴力があった」「再々大けがを負った」といったようなことを話しだす人がいます。

或いは心理系のワークショップなどで、デモンストレーションやペアワークでそうしたテーマを持ち出すことは、よくよく考えれば不自然なことです。

これは一体どのような意図があってのことでしょうか・・・?

「人が弱っていくのを見るのが元気の素」の人には近寄らない

ところで、精神疾患の一種にミュンヒハウゼン症候群があります。ミュンヒハウゼンとは「ほらふき男爵」と言われたドイツ貴族の名前です。周囲の関心や同情を引くために、病気を装ったり、時にはわざわざ自分の体を傷つけたりします。

肉体的な病気、けが以外でも、「解決する気のない、同情を引きたいための不幸話」は、広義のミュンヒハウゼン症候群と考えていいでしょう。医療関係者やカウンセラー、セラピストで、このミュンヒハウゼン症候群の患者・クライアントに悩まされたことのない人は、恐らくいないと思われます。

多くの人は同情心から「ああ気の毒に、どうにかしてあげたい」と思うと、は親身になって色々手助けをしようとします。しかし「不幸話」を浅い間柄の人にペラペラしゃべる人は、どんなに助け船を出されても色々理由をつけて自分から拒否します。
「不幸話」が解決してしまったら、同情を引けなくなるから当然と言えば当然です。

そしてまた、そのうち助け船を出す方が疲れてくる、弱ってくる、この「人が弱っていくのを見るのが元気の素」これが本当の目的です。歪んだ支配欲を満足させたい、そしてこれには自覚がないので、何度でも繰り返します。
「人が弱っていくのを見るのが元気の素」の人はこの世にはいる、それを重々肝に銘じておくことが第一歩です。

このような人が自らを省みて行動を変えることは、よほどのことがない限り起こりません。また起きたとしてもいつになるかはわかりません。

ですから、こうした人には、腹も立つし抗議したくもなりますが、まず刺激しないこと、そしてさりげなく引きさがって距離を開けるのが一番です。

気持ちが優しく、人に尽くす人ほど「カモ」にされやすい

関係がまだ浅いのに、トラウマ的なことを話す相手には、気持ちが優しく、真面目で純情な人、そして悪く言えば世間知らずな人ほどターゲットにされやすいです。自己価値感の低さを埋め合わせるために、自己犠牲を払う癖のある人は要注意です。

意地悪な人、冷たい人、或いは世間の裏も表も知り尽くしている海千山千の人には話しません。

また自我が強く、巻き込まれにくい人、「自分の人生は自分の責任」が芯から腑に落ち、それを生きている人もターゲットにはされません。「それであなたはどうしたいの?その不幸好き、いつまでやってるの?」と自分に責任を負わされることは、何としても避けたいからです。

人の不幸に心を痛め、「どうにかしてあげたい」と反射的に思う、そうした人間の心の動きをよく知り、利用しようとします。

しかし後述しますが、この「どうにかしてあげたい」は実は思い上がりであり、真の思いやりではありません。

行動に移す人は美辞麗句を振りかざさない

また不幸話をペラペラしゃべる人は、美談や美辞麗句を語りたがる傾向があるようです。

積み上げがなく中身が薄い人ほど美辞麗句を振りかざします。そして「○○さん、さすがです」「素晴らしいです」と言ってもらうと喜んだり、或いは口にするだけで自分がヒューマニストになったような気分になっています。不幸話をして関心を引こうとすることの、バリエーションとも言えるでしょう。

しかし、口で「人を大事に」「思いやり」「感謝」と言っても、行動が伴わなければ人を大事にしている人でも、思いやりがある人でも、恩に報いている人でもありません。

が、人は案外こうした人にころりと騙されてしまいがちです。

真に自分に自信がある人は、気づきを行動に移します。行動に移せばこそまた気づきが深まります。

真に自分に自信があるとは、そのままの自分を受け入れる自己受容度が高いということです。なので、「人を大事にしている/思いやっている/感謝している人だということにしておきたい」はなくなります。また、失敗談を面白おかしく話すことはあっても、仰々しい言葉で自分を飾ることをしません。

自信がある人ほど、基本的に自分のことは話さない傾向にあります。ですから、意外と目立たないのも特徴です。

「あなたを何とかしてあげたい」は思い上がり

見るからに意地悪そうな人は、こちらも最初から用心します。しかし実際には、そのような人はそうたくさんはいません。

「人が弱っていくのを見るのが元気の素」の人は、最初の印象は悪くない場合がほとんどです。むしろ人当たりが良かったり、か弱そうに見える人だったりすることすらあります。

最初から警戒されては「人が弱っていくのを見るのが元気の素」を得られないからです。また社会的地位が高い人の中にも少なからず存在します。ですので、肩書きに惑わされないことも大切です。

第一印象は覆りにくいものです。
ですから初対面の人に会う場合は、身だしなみや挨拶などに充分に留意することも必要です。
その一方で「第一印象が全てではない」ことを心に留めておくことが、結果的に自分と相手を守ります。

そして何より、自分を幸福にできるのは自分だけ、他人は環境づくりをすることはできますが、それをどう受け取り生かすかはその人次第です。

これを自分が日々生きることで、共感や同情をしたとしても、安易に「私があなたを何とかしてあげましょう」と反射的には思わなくなります。「あなたを何とかしてあげたい」は思い上がりも甚だしいのです。

自尊感情の高さとは、「あなたを何とかしてあげたい」の思い上がりがなくなることでもあります。そして自分にとって大事なことを行動に移す、言行一致の生き方をしていればこそ、関係が浅いうちの不幸話にすぐ違和感を感じ、結果的に巻き込まれにくくなります。

自尊感情が高まることによる生きやすさとは、こうしたことにも表れています。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録