潜在意識の特徴

潜在意識の特徴 ⑨過去・現在・未来の区別がない

過去のことを気に病んでしまう理由

顕在意識、つまり頭では、過去と現在と未来の区別がついています。
ですから人はしばしば

「もう終わったことなんだから、いつまでも気に病むものじゃないよ」とか
「まだ先のことなのに、どうしてそんな取り越し苦労をするの」

などと、相手を慰めるつもりでそのようなことを言ったりします。

しかしそう言われたところで、終わったことを気に病んだり、取り越し苦労をすることをすぐにはやめられません。
それができれば誰も悩みはしないのです。

ほとんどの場合、「今現在、この瞬間には『困ったこと』は起きていない」ものでしょう。
だから多くの人が「『今ここ』を生きましょう」と言います。
逆に言えば、「『今ここ』を生きる」ことは実はたやすくありません。

感情は潜在意識の領域です。
過去のことを気に病む、とは、感情が癒されていないというサインに他ありません。

そして人は、起きた出来事そのものよりも寧ろ、その出来事の起きた意味を見つけられないために苦しんでいることが多いのです。
「何でこんな目に遭わなきゃならないの!?」

乗り越えた困難は、武勇伝になります。武勇伝になったとは、意味を見つけられたということです。

脳は出来事のショック度が大きいものであればあるほど、「意味づけ」をしようとします。どうでもいい出来事には、いちいちそのようなことはせず、記憶から削除します。
「この出来事はこれこれの意味だ」と意味づけをして、次に同じような事が起きた時にどうすれば生き延びられるか、その準備をしようとしています。

そしてこの意味付けが、ポジティブかネガティブかではなく、「自分が生き延びやすいような」意味付けをします。

自尊感情(自分の存在はかけがえがないという感情)が低い人ほど、期待を裏切られてショックを受けなくて済むという「保険」のために、最初からネガティブな、悲観的な意味づけをしがちです。

「彼からラインの返信がないのは、彼が心変わりしたからだ」
「財布を落とした私は、どうしようもない人間だ」
「隣の奥さんに今朝『おはようございます』と言った時、奥さんは『おはようございます』とは言わなかったのは、私を嫌っているからだ。奥さんが私を嫌っているのは、私が嫌われ者だからだ」等々。

当然のことながら、こうした意味付けをすればするほど、自尊感情の低下を招いてしまいます。自分で自分を生きづらくしてしまっています。

心理セラピーで行っていることの多くは、起きた出来事に、よりよく生き延びられ、かつ自尊感情が高まるような意味を新たに探す、そのお手伝いをすることです。

潜在意識の中には未来も入っている

「こんな自分になっていこう」と決めた時点で、その未来の自分は潜在意識の中に入っています。

スタイリストさんなど、お洋服が好きな人の中には「2、3年先の『なりたい自分』を服で先取りしてみましょう。そうすると望む未来が思ったより早くやってきます」とおっしゃる方もいます。これは大変理にかなっています。

あまり先過ぎると、どこかに無理が生じ、背伸びをし過ぎた嘘になってしまいます。
少し先の、手を伸ばせば届きそうな未来の自分であれば、そう無理はありません。
2、3年先の「なりたい自分」を服で表現した時にワクワクする、それは潜在意識がGOサインを出している証拠です。

また、物事を結果的に上手くいかせる人は
「どうやったらできるだろう?上手くいくだろう?」
だけを考え続けています。

「上手くいかなかったらどうしよう」は考えません。「上手くいかない」フレーム、枠組みで未来を見てしまっているからです。

例えば「どうやったら東京に行けるだろう?」は、「東京に行かない」ことは、その時既に考えていません。飛行機でも新幹線でも高速バスでも、手段は何であれ、いつか必ず東京に辿り着きます。

問題の原因究明をするなら、「何で上手くいかないんだ?」よりも、「何をしたら/しなかったら上手くいっただろう?」を考えた方が効果的です。「何で上手くいかないんだ?」は、原因ではなく、言い訳を探してしまうことが非常に多いからです(「今日は給料日前だから、天気が悪いから、お客さんが少ないんだ」など)。

「潜在意識には未来の自分も入っている」とは、棚から牡丹餅的に素敵な未来が降ってくる、ということではありません。「どうやったら東京に行けるだろう?」を考えた時点で、既に「東京に行く」道筋はついている、ということです。

心理セラピーの成否は、この考えが日常的にできるか、ということにかかっています。

誤った引き寄せの法則で、「自分にとって都合の良い未来だけが、ある日突然やってくること」を望んでいる間は、「都合の悪いことを恐れる自分」になっています。それでは、自分を信じていることにはなりません。自尊感情が高い状態とは言えません。

東京に向かう道中、たとえ何かアクシデントがあったとしても、どうにか乗り越えて東京に辿り着くことができる、と思えてこそ、東京への一歩を踏み出すことができるのです。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録