潜在意識の特徴

潜在意識の特徴 ⑩人の成長はS字曲線の理由

人は正比例で成長することを期待しがちですが

何らかの目標を持って努力し始めた時、人は頭、つまり顕在意識では努力が足し算のように、正比例で積み上がっていくと期待します。
しかし、実際にはスタートしてからしばらくは成果が出ず、あきらめかけた時にぐんと成長します。

子供の頃に自転車を乗る練習をした時のことを例に挙げます。
運動神経の良い人は苦労せずにすぐに乗れるようになったかもしれませんが、多くの人は何日も練習したのではないかと思います。
何度も転び、「中々乗れるようにならないなあ・・・」とあきらめかけた矢先に、ある日突然すいすいと漕げる様になった、そんな経験をされた方も多いでしょう。

鉄棒の逆上がりとか、縄跳びの二重跳びとかでも、同じように「昨日まではできなかったのに、ある日突然できるようになった」ことでしょう。
逆上がりが「一昨日は半分まで上がり、昨日は4分の3まで上がって、今日は全部出来た」というようにはいかないのです。

「中々できるようにならない」日々があればこそ、ある時を境にぐんと成長します。
これは潜在意識では、足し算ではなく掛け算、しかも自乗で成長していくからです。そして潜在意識の領域の方が、8~9倍で大きいからです。

逆の例を挙げてみます。
テストの前に一夜漬けをしても、翌日の試験の時にいくらか思い出せればいい方で、その後は忘れてしまう、一夜漬けとは「そうしたもの」です。
例えば一夜漬けに8時間かけたとして、同じ8時間を30分×16日に分けて勉強した方がずっとよく身に着きます。
もし、積み上げが「足し算」なら、8時間は8時間ですから、一夜漬けでも同じ成果が出るはずです。しかし実際はそうではありません。

1日30分の勉強を1単位とすると、潜在意識では自乗で増えて行きますから8日後には下の表のようになっています。
Xは30分の勉強を1単位とした時に「合計何単位やったか」、Yは「成長度」です。

顕在意識での積み上げ・足し算(y=x) 1 2 3 4 5 6 7 8
潜在意識での成長・掛け算(y=x2 1 4 9 16 25 36 49 64

つまり30分の勉強をを8日間続けた時点で、潜在意識には64の積み上げがあります。この時点で仮に、まとめて4時間やっても8しか潜在意識には入りません。既に大きく差がついています。

これをグラフ化すると以下のようになります。

「諦めかけたくなる時」はぐんと伸びる直前

多くの人が曲線がぐんと上にのびる直前で諦めてしまうので、「やっても無駄」と思ってしまいます。
「諦めかけたくなる時」は、実は曲線がぐんと伸びる手前まで来ていることが多いのです。

そして中々成長していないような時でも、実はじわじわと線は上がっています。この少しずつの成長をキャッチできると、潜在意識は「認めてくれた!」と張り切りだします。

誰しも努力を認めてもらうと嬉しいですし、気がついてもらえないとがっかりしてしまいます。潜在意識も同じです。一人の人間の中でも同じことが起こっています。

人の成長に現状維持はない、前進か後退のみ

そして成長し続ける人は、このS字曲線を繋いでいっています。
一旦上がっても、そこで慢心しません。慢心すると線が下がってしまうことを直観的に知っています。

人の成長・進歩には、「現状維持」は残念ながらありません。前進か後退しかない。これもあらゆる分野で、事を成した人達が異口同音に口にする言葉です。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録