潜在意識の特徴

潜在意識の特徴 ⑥何をやったかより、どんな心が込められているか

修道女渡辺和子さんの若き日の逸話

ノートルダム修道会の修道女、渡辺和子さんは、岡山のノートルダム清心女子大の学長を長く務め、また「美しい人に」を始めとした多くの著作でも知られています。
その渡辺さんが、修道女になる一つ手前の、修練女としてアメリカで修行していた時のお話です。

渡辺さんは修道院に入る前は、大学で英文秘書として、当時は大変珍しかった女性管理職としてバリバリ働いていました。
ところが修道院での仕事は、掃除、洗濯、皿洗い、繕い物等々、キャリアウーマンだった渡辺さんからするとつまらない、面白くない仕事だったそうです。
勿論そのような本音は口には出しませんでしたが、態度や、手つきにおのずと現れていました。

ある日修道院の広い食堂で、長いテーブルの席に一枚ずつお皿を置くように命じられました。
渡辺さんの仕事ぶりを見ていた先輩の修道女が、渡辺さんにこう尋ねました。

「あなたは何を考えて仕事をしていますか」
「別に、何も」

するとその修道女はこう言いました。

「あなたは時間を無駄にしている」

驚いた渡辺さんに、更にこう告げました。

「その席に着く一人一人のために、祈りながらお皿を置きなさい」

「何を、どれくらい、上手にやったか」よりも「どのような心が込められているか」

顕在意識は、「より上手にできたか、よりたくさんやったか」を重視しますが、潜在意識は「どのような心が込められているか」を重視します。

判断は顕在意識の領域です。ですから「上手/下手」「たくさん/少し」「難しい/易しい」など“定規を当てて測れること”を重視します。

「どのような心が込められているか」は、定規で測れるようなことではありません。しかし、私たちの潜在意識同士は、皆つながっていますので、「どのような心が込められているか」は言葉に出さずとも、或いは上手に隠しているようでも、必ず伝わってしまいます。

例えばお洋服屋さんの販売員が、お洋服が大好きで本当にお客様のためを思って接客していたら、少々販売スキルが洗練されていなくてもその心意気はお客さんに伝わるものです。逆に「売らんかな」だけの販売員さんは、どんなに笑顔を作って洗練された販売スキルを持っていても、やはりその心はお客さんに伝わってしまいます。

またプレゼンテーションでは、話す方は「何を話すか」に意識が向いてしまいがちですが、聴いている方は「何を話したか」よりも「どのように話したか」、つまりどんな心がそこに込められていたかに印象づけられるものです。

世間的な評価評判よりも、どんな心が込められているか

人間の行動の動機には二つしかない、それは愛か恐れかだと言われています。

人間の心の幸福には、どんな動機でそれをやったかが、非常に重要です。例えば怒りが即悪いのではありません。何に対してどのように怒っているのかです。自分の尊厳が傷つけられたから怒っているのか、自分のエゴが通らなかったから、拗ねて怒っているのか。

自分と向き合うとは、どんな動機、どんな心でそれを選んだのかに向き合うことでもあるでしょう。そしてそれは目には見えません。ただ、いずれ自分の人生に、かならず返ってきます。因果応報とはこうしたことではないかと思います。

例えば、結婚や恋愛=良いこと、おめでたいこと、とは限りません。互いに依存し支配しあう関係もそう珍しくありません。ですから逆に、別れることも、誰もそれはあらかじめ望みはしないことですが、愛のためということもあります。昔は離婚が世間的に好ましくないこと、とされていました。こうした体裁のために関係を続けてしまうと、それは自分の心を偽ることになるでしょう。

これ以上関わりあうことは、互いを傷つけあうだけと判断したなら、勇気をもって別れる、離れる。様々な事情ですぐに行動に移せなかったとしても、心の整理と決断はできます。これが成熟した大人の判断のように思います。

勿論これは、恋愛や結婚だけに限りません。人間関係全般において同じことです。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録