潜在意識の特徴

潜在意識の特徴 ⑤意識を向けたものを引き寄せる

「引き寄せ」のためには具体的な行動が必要

ひところ「引き寄せの法則」が話題になりました。
得たいものをイメージしてワクワクすればそれが手に入る、といったところですが、手に入れるためにはやはり行動が必要です。

「ハワイのビーチで素敵な時間を過ごしている私」をいくらイメージしても、ある日目が覚めたらハワイにいた、ということは起こりません。

しかし一旦「ハワイに行こう!」と決めたとたん、何故かハワイに関するものが目に飛び込んできたり、人づてに欲しい情報を得られたり、そのような経験をした人はきっと多いと思います。「ハワイ」というアンテナを立てていればこそです。引き寄せとは結果ではなく、プロセスが引き寄せられるのです。ふとした思いつきやひらめきも、引き寄せの内です。

そして、ハワイ旅行に行くための具体的な行動、プロセスを踏んでこそ、ハワイへ行くことが出来ます。

実は誰しも、良きに着け悪しきに着け、引き寄せの法則は実践しています。より望ましいものを引き寄せるために、様々なコツがありますよ、というのが世間で言われる引き寄せの法則です。

脳の中は意識を向けたものだらけ

それでは、脳の中で起こっていることを説明しましょう。

今、目に映る物で「赤いもの」がどれくらいあるか1分間よく見渡して下さい。
そして目を閉じた後、「青いもの」がどれくらいあったか、目を閉じたまま即答できるでしょうか・・・?
恐らく、一生懸命思い出そうとしないとわからなかったかと思います。

私たちは、目で見ていても、耳で聞いていても、脳の中にすべてをインプットしているわけではありません。意識を向けたものを「重要だ」と脳が勝手に判断し、勝手に優先順位をつけて、インプットしようとします。優先順位の低いものは、勝手に削除されます。

上記の例では、「赤いもの」だけに意識を向ければ向けるほど、現実とは関係なく、脳の中では「世界は赤いものだらけ」と認識しています。

ここに善悪や事の軽重、有利不利などの価値基準は存在していません。

そしてまた、「欲しいもの」を「~ない」と言う言葉ではなく、肯定型で考えることも大変重要です。

「青いネズミを追いかけているピンクの象を、絶対にイメージしないでください」

・・・今、イメージしましたね!?

脳は大変素早く反応するので、「青いネズミを追いかけているピンクの象」と言った瞬間にイメージしてしまいます。

またこうした経験はないでしょうか?

「イライラしたらあかん、今はイライラしたらあかんねん、今だけは絶対にイライラしたらあかん」

・・・さあ、どうなるでしょうか?ますますイライラしてしまうでしょう。「イライラ」が脳にどんどんインプットされてしまうからです。
ですからこの場合は、「落ち着こう」「リラックスしよう」など、自分にしっくりくる肯定型で自分に言ってあげると効果的です。

「イライラしたらあかん」と自分に絶対に言ってはいけないわけではなく、その自分にできるだけすばやく気づけるかどうかです。

「欲しくないもの」ではなく「欲しいもの」を肯定型で、できるだけ具体的に脳の中にインプットする、「欲しくないもの」が浮かんだら「欲しいもの」に変える、この習慣だけでも人生が変わり始めます。

意識が切り取った世界に、私たちは望むと望まないと関わらず、否が応でも進んでしまいます。

「流れ星が流れている間に願い事を言えると叶う」理由

流れ星が流れている間に、願い事を言えるとその願いは叶う・・・これも上記のことで説明がつきます。これは迷信ではありません。

流れ星がいつ何時現れようと、瞬時に「欲しいもの」が言える状態になっている、脳の中にそれがいつ何時でもある人が、流れ星が流れても流れなくても、願いを叶えることが出来ます。

「どうせ」「もし~だったらどうしよう」は望まないものに意識が向いている状態

「どうせだめだ」とか、「もし~だったらどうしよう」は、望まないものに意識が向いています。あるがままの自分を大切にする自尊感情が低い時、即ち自分に自信が持てない時は、つい考えてしまいがちです。

しかし上記の通り、望まないものに意識を向けたまま、望むものが手に入ることはありません。

私たちは、望むものが得られたら、ーダイエットに成功したら、収入が上がったら、素敵な恋人ができたらー自信がつく、と考えがちですが、真実は逆です。

自信を持てているから、あるがままの自分で十分OKだという自尊感情が高まっているから、
「どうせ」「もし~だったらどうしよう」「欲しくないものが来たら困る!!」を考えないため、
望むものだけに意識を向けられ、
それに必要な、紆余曲折も含めたプロセスを踏んで、
結果望むものを手に入れることができます。

Pradoが目指す自尊感情の豊かさとは、自然体の境地

自分の子供や部下に、まして自分自身に、行為ではなく存在に(やってはいけない行為を叱ったり、反省を促すことは勿論必要です)ダメ出しをして、成長したり幸福になったりすることはありません。

自分は不完全だ、という暗示を自分で入れてしまうと、不完全な現実が実現されてしまいます。自分を欠けた丸ではなく、小さくても完全な丸と思えると、そしてその状態で日々を過ごすと、何が起こっても起こらなくても、全ては完全である、という現実が実現されます。

ただこの境地に達すると、あまりガツガツとはしなくなります。チャレンジする意欲はあります。しかし「海外旅行やディズニーランドに行かなければ、幸せではない!」とは思わなくなります。海外旅行は(他何でも)あってもいいし、なくてもそれで不満ではない。こうした自然体で過ごせるようになっていきます。

当Pradoが目指す自尊感情の豊かさとは、こうした自然体の境地でもあるのです。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録