潜在意識の特徴

潜在意識の特徴 ⑦全体性を重視する

「仕事だけが出来る人」はいない理由

潜在意識の成長は例えて言うならビルの建設のようなものです。
一本の柱だけ高く建てても、ビルは完成しませんし、却ってバランスを崩してしまいます。

というのは、例えば仕事が出来る人とは、「仕事だけが出来る人」では決してありません。
マナーや教養、健康、金銭面、対人スキル等、バランスがとれているからこそ仕事も出来る、ということです。

何かの分野で、一流だと思う人の事を思い浮かべてみましょう。直接は知らない人の事でも構いません。

その人はむさくるしい恰好をしているでしょうか?
ジャンクフードばかり食べているでしょうか?
借金を踏み倒したり、逆に過度にケチだったりするでしょうか?
家庭は冷え切っているでしょうか?
道端にゴミをポイ捨てしたり、お店の人に横柄な態度を取るでしょうか?

ある分野で一流の人は、他の分野でも優れているのです。

「自分だけが幸せ」も本当はあり得ない

またこれは自分のことだけではなく、周囲の人とのバランスも意味しています。
自分一人が幸せ、ということは本当はあり得ないのです。

自分がどんなに健康で、収入もたくさんあって、友達にも恵まれていて、社会的な評価を得ていたとしても、自分の愛する大切な人が病気だったり悩んでいたりしたら、自分は幸せだとは感じられない、それが健全な人の心の反応でしょう。

逆から言えば「私はどんなに辛くても不幸せでもいい、周りの人が幸せでいれば」もないのです。これは自己陶酔、ヒロイズムと言っていいでしょう。
勿論、全体のために少し譲る、辛抱することも時には必要です。しかし「誰かの犠牲の上に成り立つ幸福」はやはり不健全だと言わざるを得ません。

また誰かをいじめたり嫌がらせをしたりして溜飲を下げる、これは一時しのぎの「快」を感じることかもしれませんが、少々オーバーな表現をすれば「麻薬中毒」と同じです。それをやっている人は本人に自覚はなくても真の幸せにはなれません。

嘘を突く、遅刻する、約束を破るを平気でする人も同じことです。そうした人には「こちらから相手にそれをさせる機会を与えない」ことが真の思いやりです。注意したところで変わらないこうした人たちと、距離を置くのは冷たい態度ではなく、「味をしめさせない」ためでもあるのです。

「私はこんなに頑張ってるのに!」をやると目標は達成しない

また努力して成果を出してきた人が陥りがちなことに

「私はこんなに頑張っているのに、どうしてあんたたちは頑張ろうとしないの!あんたたちが遊んでいるせいで売り上げが上がらないじゃないの!」

を口に出す出さないは別として、思ってしまうことがあります。
自分は頑張っている、努力している、その自負があればこそそう感じてしまうのも無理はありません。

しかしこれをやっている間は、結果的に売り上げは上がりません。上がったとしても一時的なものだったり、チームにひずみが起きたりしてしまいます。

遊んでいるように見える人にも、彼らなりの事情や言い分があります。その人たちを見下してしまうということは、ビルの一本の柱だけが伸びている状態です。
中々難しいことではありますが、その人たちが「遊んでいる」行為を良しとする必要はなく(行為を叱ることも必要です)、その裏にある彼らなりの事情に思いをはせ、彼らの存在自体を見下さないようになって初めて、他の柱も伸びていきます。

「自分の中の自分」を憎み、不幸にしないこと

そしてこれはまた、一人の人間の中でも同じです。

例えば体重を落とすことが目標だったとするなら、「太っている自分」を憎み、見下しているうちは体重は落ちません。
「体重を増やした自分」にも、何らかの事情や言い分があります。その事情や言い分を理解し、受け入れて初めて体重が落ち始めます。

それをしないままだと、体重が落ちたとたんに、内心ではあれ「太っている他人」をいつの間にか見下すことをしてしまいかねません。
「太っている」=「憎むべきこと」が潜在意識の中から解消されないと、気がつかないうちにそれをやってしまう、そんな危険性があります。

潜在意識はトータルでその人自身を幸せにしようと働きます。
自尊感情が豊かな人ほどバランスが取れているのは、こうした理由にあります。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録