体の内側も外側も浄化・光の瞑想

静かで落ち着いていて、一人になれる空間を選びましょう。体を締め付けるようなものは外しておきましょう。

椅子にゆったりと座り、リラックスして軽く目を閉じます。

③ 《深い呼吸》

鼻から大きく息を吸って、口からフーッと長く吐き出します。吐く息を長く、と意識してみましょう。息を吐くたびに、心の中の手放していいもの、もういらなくなったものが全部出て行ってしまう、とイメージします。そして息を吸うたびに、新鮮な空気が体の細胞の隅々にまでいきわたっていく、とイメージします。これを5、6回繰り返します。

呼吸を元のペースに戻します。もし、雑念が浮かんできたら、むりに消そうとする必要はありません。目の前に小川があって、小川に流れて来た葉っぱの上に乗せて流れて行く、そんなイメージをしてみましょう。

⑤ 《五感に意識を向ける》
そして、五感に意識を向けます。まず聴覚、部屋の中の音、家の中の音、家の外の音に意識を向けます。

そして視覚、まぶたの裏に浮かんだ様々な模様を見てみます。

嗅覚、何かにおいはするでしょうか。

そして触覚、部屋の空気、温度や湿度。体の感覚にも意識を向けます。膝の上に置いた手、服の感触、椅子に背もたれがあればその背中の感覚、椅子に座っているお尻の感覚、靴下やスリッパの感触とそれらを伝わって感じられる床の感触も感じてみましょう。

 

⑥ 《息を吸って、体の内側に白い光》

息を吸うたびに、頭のてっぺんから、白く輝く光が体の中へ降り注いでいるとイメージします。

その光は丹田(おへその下)に溜まっていき、だんだんと、腰、お腹、肺、背中、肩、首、頭へ、丹田から頭の方へとチャージされていくとイメージします。

その時々によって、チャージされる速度が早かったり、遅かったりします。その時の早さを味わいましょう。

 

resume_6_color
resume_7_color

⑦ 《息を吐いて、体の外側に白い光》

息を吐くたびに、白く輝く光が体のまわりを取り巻き、繭のように包んでくれるとイメージします。

この光の繭は、無限の大きさであなたを包んでくれるとイメージしてみましょう。

好きなだけ、落ち着いた穏やかな感情を味わいます。そしてゆっくりと目を開けましょう。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

NO IMAGE

生きづらい貴方へ

自尊感情(self-esteem)とは「かけがえのなさ」。そのままの自分で、かけがえがないと思えてこそ、自分も他人も大切にできます。自尊感情を高め、人と比べない、自分にダメ出ししない、依存も支配も執着も、しない、させない、されない自分に。