セッションの流れ・料金

Pradoの心理セラピーの目的

  • 自分に自信が持てない、人の目が気になる
  • 子供の不登校、ひきこもり・・・背景にはほとんどの場合、夫婦間のコミュニケーションの問題が潜んでいます。
  • 家族や職場での人間関係、コミュニケーション
  • 成人した今でも、親の過干渉、支配、依存に悩む
  • 摂食障害(過食嘔吐)をはじめとした依存症
  • 人生の目的、目標を見いだせない
  • トラウマを解消したい
  • うつ、不安、緊張、不眠、慢性的倦怠感

・・・など、心の悩みは多岐にわたります。

千差万別の心の悩みですが、当Pradoで行っていることはただ一つ

「その方固有の『成長課題』つまりチャレンジを共に乗り越え、あるがままの自分を大切にできる自尊感情を高めること」

です。

自尊感情、「自分は自分でいい」「そのままの自分で価値がある」は、理屈ではなく心でそう感じきっている必要があります。

「生きづらさ」「自己否定感」「過剰な恐れ」「自分へのダメ出しがやめられない」等は、この自尊感情の不足が原因と言っても過言ではありません。

様々な問題・症状は、この自尊感情が不足している結果としての現象であって、問題や症状を取り除くだけでは対症療法に過ぎません。

詳しくは、以下のページをご参照くださいませ。

自尊感情を高める Pradoの心理セラピーの特徴

 icon-exclamation 当Pradoの心理セラピーは医療行為ではありません。

セッションの開始に際し

より望ましい心の状態になるために、もっとも大切な事は、クライアント様ご本人の決意・自発性です。

人は椅子から立ち上がろうとする人に、手を添えて立ち上がらせることはできます。
しかし、座っていたい人を無理やり立たせることはできません。
無理に立たせたところでまた座ってしまいます。

また、立ちあがるための足腰の筋肉が弱っている人に、筋肉トレーニングのメニューを提案し、共に取り組むことはできます。
しかし、筋肉を他人が外側から付けることはできません。
そしてまた、立ちあがろうとしても自分の足で支えようとせず、こちらに体重を全て預けたら必ず共倒れになります。

これが対人援助の基本原則です。

セッションの流れ

 初回にPradoの心理セラピー・セッションの方針の説明をさせて頂きます。
クライアント様、セラピスト双方の同意を得た上でセッションを開始します。同意書にご署名を頂いた段階で料金が発生します。
(同意書2通に双方の署名をし、保管をお願いします)(約30分)

 クライアント様の現状をお伺いし、目標設定を行います。

初回セッションの前に、「セッション完了後どのような自分になっていたいか」を1~3つまで考えてお持ちいただきます。

お話をお伺いしながら、クライアント様が何に傷つきどんな感情を感じているのか、そこから人生において何を大事になさっているかの価値観を掘り下げ、最終的にクライアント様の魂(潜在意識と言っても構いません)が何を必要とし、何を欲しがっているのかの「成長課題」をお話しの中から探り出します。

「他では話せないこと」もどうぞお話し下さい。言葉に出してこそ、「自分は何を大事にしたかったのか」「次はどうできればいいのか」がわかっていくものです。また逆に「今は口に出せない」ことは、無理にお話しする必要はありません。

この「成長課題」を果たしていくことこそが、真にクライアント様を癒します。これが真の「目標」となります。

人は生まれてから死ぬまで、「成長課題」を果たし続けるものだと思います。

「成長課題」とは、具体的には「次に同じような事が起きた際、より役に立つ、違う反応と選択が出来ること」

例えば「高圧的な親や上司に、毅然とした態度を取れる」「『もし~だったらどうしよう』ばかり考えるのではなく、前向きな努力ができる」「つい『私さえ我慢すれば』と自己犠牲をしてしまうのではなく、相手を尊重しながら、自分の要望も伝えられる」などです。

この積み重ねにより、「あるがままの自分を大切に思う」自尊感情が高まること、結果、自分も他人も大切にでき、生きやすくなることを目指します。

「自分がどうしたいかがわかる」「自分の本音・本心がわかり、それに沿って生きる」も立派な目標です。

 icon-exclamation  頭で考えた「目標」は時に「辛い現実から逃げること」になることがあります(「もう離婚する!」「もう会社辞める!」「お母さんなんか嫌いだ!もう家を出る!」)。
しかし「辛い現実から逃げる」だけでは一時しのぎに過ぎず、結果的に自尊感情の低下を招きます。緊急避難が必要な場合もありますが、それは「魂の成長課題」とは異なります。
最終的に自尊感情を高めるような目標が「成長課題」です。

最も重要なステップです。

③ 「成長課題」を果たすために必要な気づきを共に得て行くため、イメージを使ったワークを行うことがあります。
クライアント様の潜在意識の中にあるパターンに働きかけます。クライアント様は起きた状態ですので、何をやっているのか全てわかっています。

 最後にセッションの振り返りを行います。
また次回セッションまでにやっていただく小さな宿題を出すことがあります。

合わせて約2時間)

2回目からは、セッションの冒頭に、前回から今日までの振り返り、特に宿題をやってみての変化や気づきをお伺いします。


 icon-leaf あくまで大まかな流れであり、状況に応じて変えて行く場合もあります。
心理セラピーは短くて1週間、通常2週間、長くても1ヶ月の間隔で受けて頂くことをお勧めします。

 icon-leaf 原則対面セッションですが、ご遠方、子育てや介護中等でどうしても通えない場合は、初回のみ対面、2回目以降をスカイプでセッションさせて頂きます。
ただし、「同じ空間を共有する」ことは心にも大きく影響しますので、スカイプセッションは対面に比べて精度が落ちる可能性があることをあらかじめご了承くださいませ。
スカイプセッションをご希望の方はお問い合わせくださいませ。

 icon-leaf 期間はご相談内容及び通われる頻度によりますが、 おおむね3ヶ月前後に改善されることがほとんどです。

 icon-leaf セラピー期間の終了に関しては、クライアント様とセラピストの合意の上で決定します。

セッション料金

初回      2時間半     27000円
2回目以降  2時間    21600円 (いずれも税込)

 icon-leaf 1回ごとにお現金にてお支払い頂きます。クレジットカード等はご利用できません。
また一旦お支払い頂いたセッション料金はいかなる事由を以ってもご返金には応じられません。

 icon-leaf 当日のキャンセルのつきましては、セッション料金の全額を次回セッションの際に併せて頂いております。
ですので、ご予約の変更はできるだけお早めに、遅くとも前日までにご連絡いただけましたら幸甚です。
また、15分以上の遅刻はキャンセルされたものとして扱わせて頂きます。

あらかじめご了承くださいませ。

ご家族様への支援について

心理セラピーはどんな場合にも効果を発揮するわけではありません。
症状を抱えているご本人様がセラピーを受ける準備が整っていない場合は、中止させて頂いています。却ってご本人様を追い詰めることになりかねないからです。

その場合、ご家族様への支援を行うことが出来ます。
善意のつもりの言葉がけが逆効果・悪循環になることはしばしばあります。この場合効果的な方法を学び、練習して出来るようになることで、悪循環を断ち切ることが出来ます。
ご家族様がまず心の状態を整え、コミュニケーションの練習をして頂くことで、症状を抱えているご本人様の心の状態が改善したケースもあります。

家族ですから心配な気持ちになるのは当然ですが、共倒れになるのは避けたいところです。
心理セラピーは「この状況を変えたい」と思っている方にこそ、効果を発揮します。必ずしも「症状を抱えている方」でなくてもいいのです。

境界例、人格障害、もしくはその疑いのある人から「受傷した」方へ

まずは自分を責めないことです。
そして一人で抱え込まないこと、特に境界性人格障害の人からの受傷は、他人からはわかりづらく、孤立しがちです。
この孤立がまた傷を深めます。

できれば早めにお越し下さいませ(弊社ではなくても、理解のあるセラピスト・カウンセラーであれば構いません)。
一人で抱え込む時間が長くなればなるほど、「毒がまわる」時間が長くなってしまいます。
そしてこればかりは、ただ時が解決してくれる類のものではありません。

受傷の経験がない人には、この辛さはわかってもらえませんし、「わかってもらえなかった」がより傷を深くしてしまうことがあります。

こちらも合わせてお読みください

 icon-arrow-circle-right 初めての方は必ずお読みください

 icon-arrow-circle-right よくあるご質問

 icon-arrow-circle-right セッションをお引き受けできないケース

 icon-arrow-circle-right 自尊感情を高める7つの習慣