自尊感情にまつわるコラム

自尊感情(self-esteem)を高めていくと、自分と他人の境界線をしっかり引くことが出来、他人に振り回されず、他人を振り回さず、ぶれない自分になっていきます。
自尊感情とはどのようなものか、理解を深めるために様々な角度からアプローチしています。

自尊感情にまつわるコラム

恩に報いようとする人はやたら感謝をアピールしない

SNSでやたら「感謝」をアピールする人への違和感 facebookなどでのSNSで、投稿やコメントにやたら「感謝」「ありがとう」などの記述をする人がいます。 コメントの最後に、内容に全く関係なくはんこのように毎回「感謝」 […]

自尊感情にまつわるコラム

「惚れさせる」ことが目的の人には近寄らない

世の中にいる「異性を自分に惚れさせる」だけが目的の人 世の中には「ターゲットにした異性を自分に惚れさせる、気を引く、好きにさせる」けれども責任のある関係づくりはしない人がまま存在します。 男性が女性をのケースが多いですが […]

自尊感情にまつわるコラム

どんな自分も受け入れることが、平和の始まり

耐えがたいことから「逃げるか/戦うか」は本能、しかし クライアント様がご相談に来られた当初は、ご自分自身のことであれ、他の人とのかかわりであれ、「耐えがたいことから『逃げるか/戦うか』」つまり「嫌なことを排除したい」状態 […]

自尊感情にまつわるコラム

あるがままの自分を受け止めるとは、傷つくことを怖れないこと

ありのままでいい、とは向上心を放棄することではなく 何年か前にディズニーの映画「アナと雪の女王」が大ヒットしました。 当時保育園児だった私の姪がしょっちゅう「ありの~ままの~」と主題歌を歌っていて、保育園の先生は「ありの […]

自尊感情にまつわるコラム

「不幸話」をまだ関係が浅いうちにする人にご用心

簡単には口に出せない「本当に辛かったこと」 震災や事故などショックなことに遭った直後は別ですが、本当に心が深く傷ついたことは、人はそうたやすく口に出せません。 辛い感情に向き合わなくてはなりませんし、聞いている相手が受け […]

自尊感情にまつわるコラム

「もし~だったらどうしよう」思考から抜け出すために 

「最悪のシナリオ」に自らはまり込む「もし~だったらどうしよう」思考 自尊感情が低いと、出来事にネガティブな意味づけをしてしまいがちです。 例:「隣の奥さんが私に『おはようございます』と言わなかったのは、私を嫌っているから […]

自尊感情にまつわるコラム

能力、実績、評価で得た自己肯定感と自尊感情はどう違うか

自尊感情と自己肯定感は重なり合う部分と、本質的に異なる部分が 努力して能力を高め、結果を出し、そのことで評価を得て自己肯定感を持つこと、そのこと自体は悪くなさそうですが、「あるがままの自分を大切にする」自尊感情とは異なり […]

自尊感情にまつわるコラム

人間の本音は行動に現れる・自分の本音を探るヒント

「やりたくないことをやる」「やりたいことがやれない」のは誰にとってもストレス 「あの人が本当にどう思っているかわからない」・・恋愛している人なら一度ならず不安に思うものでしょう。 恋人がどんなに「好きだよ」「愛しているよ […]

自尊感情にまつわるコラム

対象恒常性・誠実さ、一貫性、信頼、不安の耐性の土台

「逃げるか、戦うか」は「恐れ」という本能のため 耐えがたい痛みを感じると人は、「そこから逃げ出そうとするか、それを攻撃し、戦おうとするか」をまずしようとします(「ああ、もういや!逃げ出したい!」「何なの、あいつむかつく! […]

自尊感情にまつわるコラム

「何が何でも!」は逆効果・執着は不安の裏返し

「何が何でも・・・!」は非常に短い時間なら効果的な場合も 執着を手放しましょう、執着しなくなると望みがかないます、という言葉を聞いたことがあるかもしれません。 執着とは「何が何でも・・・!」という心の状態です。 「何が何 […]