Pradoの心理セラピーの特徴

038072 _Prado_iin_978_300本気で人生を変えたい方のための心理セラピーです。

単に話を聞くだけの心理セラピーではありません。

クライアント様の潜在意識のパターンにアプローチします。

潜在意識のパターンが変わらない限り、人生は変わりません。

 

一回のセッションは2時間(初回は2時間半)と

多くの心理セラピー、カウンセリング(通常1時間、長くて1時間半)よりも長めに時間を設定しています。

人は通常、表面に現れる「問題」「症状」「困った現象」にしかフォーカスできていません。

それらを引き起こしている潜在意識のパターン、思い込み、そしてそれらの「肯定的意図」まで引きだし、

より役に立つ新たなパターンに引き継いでいきます。

ですから、1時間では足りないのです。

 

自尊感情(自己肯定感・自己価値感)を高めることにフォーカスします。

うつ、不安、対人緊張、対人不安、依存症等、心の悩みは千差万別ですが、

多くの心の悩みの根幹には「自尊感情(自己肯定感・自己価値感)の不足」があります。

自尊感情が不足したまま、うつや依存症などの症状だけを取り除こうとするのはナンセンスです。

多くのクライアント様と接してきて、行きつくところは「いかに自尊感情を回復するか」の結論に達しました。