自尊感情にまつわるコラム

断られるとめげる人とめげない人の違い

就活や営業で断られることが続くと

就活や営業で、何度も断られることが続くこと、このこと自体は「あらかじめ誰も望みはしないこと」です。
誰だって、面接には受かりたいですし、断られたくて営業をする人はいません。
ですから、断られたこと自体を残念に思うのは当然です。

しかし、このことがまるで自分自身がダメだと言われたような気分になってしまうと、就活や営業そのものが辛く、時には怖くなってしまいかねません。

一方で、何度断られてもめげずに続けられる人もいます。

よく売る営業マンは、百発百中で商談をまとめているのではありません。
成約率は平均より高いかもしれません。それでも平均の倍とか三倍とかの成約率にはなっていない筈です。
それよりも、めげずにアプローチする、断られても腐らず、次のお客様にアポを入れ続けることが出来ます。
そして結果的に、売り上げを上げることが出来ます。

断られるとめげてしまう人と、めげない人はどのように違うのでしょうか・・・?
両者の意識の差はどこにあるのでしょうか・・・?

人が何かを欲しがる時の3つの要素

「この商品やサービス、絶対いいはずなのに・・・!」「どうしてわかってくれないのだろう?買ってもらえないのだろう?」

「何とかして買ってもらおう」と頑張り過ぎてしまうと、このような考えが浮かんできてしまうかもしれません。
意気込みは意気込みとして、まずリラックスして、視点を変えて考えてみましょう。

人が何かを欲しいと思う時、物でもサービスでも、誰かを雇う時でも、「素晴らしいから」という理由だけで手に入れようとするわけではありません。
以下の3つの要素が揃った時に、手に入れようとします。

例えば、ハンドクリームを例に挙げてみます。

1.信頼・信用

どこのどなたとも知れない人が「これは素晴らしいハンドクリームですよ!」といきなり勧めてきても、「本当に大丈夫かな?なんかあやしい・・」と思うと、買おうとはしないでしょう。
毎日使って、しかも肌に直接触れるものだからこそ、たとえ数百円のものでも信頼できる品を買おうとします。

いつも使っているとか、良く知られたブランドとか、或いは商品やブランドは初めてだけれど、扱っているお店が信用できるとか、信用できる人が勧めてくれたとかで買おうとします。

「これを使っても大丈夫だ」という信頼・信用がまず必須です。

2.価値観

一口にハンドクリームと言っても、お値段はピン切りです。数百円から、物によっては数千円するものもあります。
ハンドクリームにいくら出すか、勿論購買力もありますが、それ以上にその人の価値観が左右します。

これは良い悪いではなく、その人がハンドクリームに対する価値をどの程度においているかです。

数百円で充分だと思っている人に、数千円のハンドクリームを勧めても「良いのはわかるんですけどね、でも・・・」になりますし、普段数千円のハンドクリームを使っている人に、数百円のものを勧めても、これもまた買ってもらえません。

またそもそも、ハンドクリームを使うことがない人に、無理に勧めても中々買ってもらえません。

3.タイミング

信頼・信用も充分、お値段もその人の価値観にぴったりだとしても、そう幾つもハンドクリームは必要ではありません。
「家にまだある」「買ったばかり」のタイミングでは、通常買おうとはしません。

その時たまたま、いつも使っているハンドクリームが安く売られていたら、多少買いだめすることはあるかもしれません。
それでも一時に10本も20本も買うことは考えにくいでしょう。

価値観とタイミングは「相手のもの」、こちらは信頼・信用を「高める」努力は出来る

上記3つのうち、価値観とタイミングは、完全に「相手のもの」です。こちらがどうこうすることはできません。
また信頼・信用を「高める」努力はできますが、「信頼できる・信用できる」と感じるのもまた、相手の領域です。

商品やサービスを買って頂けなかったのは、必ずしもそれらが「悪い」せいでもないのです。

これは就活などで、「自分自身を売り込む」場合も同じです。

私はセラピストして、クライアント様に「雇って」頂いています。しかし、お寿司屋さんに寿司職人としては「雇って」はもらえません。これは寿司職人としての信頼・信用はないからで、私個人が「悪い」ためではありません。寿司職人として雇われたいなら、その信頼・信用を高める努力が必要だ、ということです。

私たちは、商品やサービス、時には自分自身の信頼と信用を高め、価値観やタイミングの合いそうなお客様にアプローチする、ここまでしかできません。

めげない人は「自分は全てをコントロールできない」が腑に落ちている人

めげない人は、「自分が出来ることと出来ないこと」の区分けがあることを理解しています。
自分は全てをコントロールできるわけではないこと、力を及ぼせる範囲は限られていることが腑に落ちています。

断られると残念には思いますが、あくまでそれは相手の領域だとわかっています。相手にも断る自由と権利があることを尊重しています。
だからこそ「自分が出来ること」に集中し、工夫しようとします。そして結果的に、売り上げを上げられたり、面接に合格したりします。

めげてしまう人は「自分ではどうにもできないこと」「相手の領域であること」にまで自分がどうにかできる筈だ、と心のどこかで思っています。

ですから、断られると自分のせい、自分が悪かったのだと思い違いをしてしまいます。まるで、雨が降っても自分のせいであるかのように。

そして相手の領域のはずのことに、いつまでもクヨクヨしてしまい、肝心の「自分が出来る努力」がおろそかになり、めげない人に水をあけられてしまいます。

これは実は、幼児的万能感が抜けきっていないためでもあります。

人は何故自分/他人いじめをするのか 幼児的万能感から自尊感情へ

自尊感情とは「転んでなんぼ」「失敗してなんぼ」「恥かいてなんぼ」と思えること

自尊感情を高める、即ちあるがままの自分を大切にすることは、自分の限界や小ささを受け入れながら生きるということです。

自分には限界がある、この当たり前のことを、真から腑に落として生きている人は実はそう多くありません。

人は知らず知らずのうちに、自分のものの見方だけが正しく、自分は何でもできるはずで、世界を自分の都合のよいようにコントロールせずには気が済まない専制君主になりたがろうとします。

「人から嫌われたくない」が強すぎる場合も、実は根底には「世界の専制君主でいたい」が潜んでいます。
そしてそういう人ほど、めげてしまいやすいのです。「上手く行かなくて当たり前」「断られるのが当たり前」とは思えないからです。

現実には「転んでなんぼ」「失敗してなんぼ」「恥かいてなんぼ」です。

転ばないとわからないこともたくさんあります。子供時代に、失敗こそ得難い財産だと励まされて育った人は、何にも代えがたい宝を手に入れているでしょう。
困難を恐れず、成長できる人ほど、このことがよくわかっています。

断られるのは、私たちが全知全能の神ではない証拠です。
全員普通の、ごく当たり前の人間です。だからこそ、まだまだ努力の余地があり、私たちが人生を生きる時間を与えられている証拠でもあるのです。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録