生きづらい貴方へ

肩の力を抜けない貴方へ

「もっと肩の力を抜いたら?」と言われても

人から「もっと肩の力を抜いたら?」と言われて、自分でもそうした方がもっと上手くいくだろう、と何となくわかっていてもできない・・・そういう人も多いでしょう。

そういう人は、まず真面目で一生懸命ですし、人や事に対して誠実でありたいと思っていることでしょう。
「面倒なことは他人に押し付け、手柄は横取り」するような人ではない筈です。

周囲からの信頼も厚く、いわゆる「いい人」でもあるでしょう。
そして信頼されればされるほど、期待されればされるほど、今度はそれに応えなきゃ!とまた頑張ってしまうかもしれません。

人から信頼され、期待されるのは嬉しい反面、プレッシャーになることもあります。

しかし世の中には、信頼や期待を受けつつ、プレッシャーが全くないわけではないけれど、肩の力を抜き、なおかつ誠実な努力が出来る人もいます。
そういう人は、自分に対して何をやっているのでしょうか?

どのようにすれば、誠実な努力をすることと、肩の力を抜くことは両立できるのでしょうか・・・?

条件付きで自分を認めていると、肩の力は抜けない

つい肩に力が入ってしまう場合、行動の動機には誠実さもありますが、それと同時に恐れもあります。

私たち人間は、恐れを感じると自分を守ろうとして反射的に肩に力を入れてしまいます。肩が上がり、呼吸が浅くなります。
リラックスして、安心しながら肩に力を入れようとしてもできません。

知らず知らずのうちに「期待に応えられる自分でなければ認められない」とか、「失敗したくない、失敗する自分は恥ずかしい、認めたくない」などの恐れがあると肩に力が入ってしまいます。

「こういう自分じゃなきゃ認めてやらないぞ!」を自分にやっているうちは、温泉につかろうが、ヨガや瞑想をしようが、その時だけですぐに元の木阿弥になってしまいます。

そしてまた、どんなに精一杯努力しても、結果をコントロールすることはできません、誰にも。

望み通りの結果にならなかったとしても、命を取られるわけではないし、そこからまた学べる、それもまた財産、味わい深いもの。
自分の手を汚したくない、責任を負いたくはないけれど口を出したい外野には、言いたいことを言わせておけばいい。どうせ彼らは何もしないし、暇で退屈で仕方がないのだから。
・・・こんな経験を積み重ねてこそ、仕事や学業の評価と、自分自身の評価を次第に切り離して考えられるようになります。

仕事や学業の評価と、自分自身の評価を同一視していると、あの人より自分は出来る・出来ないに振り回されてしまいます。
仕事はかりそめの役割、だからいつでも誰かに代わってもらえます。

例えば、病院に入院する前は、「自分が抜けても大丈夫だろうか」と思っていたけれど、それなりに仕事は回っていくものだと知った、そういう経験をした方も多いでしょう。

しかしその人の「存在」そのものは、誰にも代わってもらえません。

そのままの自分を大切にすればこそ、命を懸けられる

脚本家・向田邦子の妹の和子さんは、このように書いています。

姉は自分自身をとても大切にしていたと思う。その大切な自分自身のすべてを仕事に投入していたのだから仕事は命懸けだったのだろう。

「向田邦子の青春」より

仕事で評価を得られたら、素晴らしい大切な自分になるのではなく、素晴らしい大切な自分だから、命を懸けられるのです。

そして評価はあくまでも結果です。
向田邦子も、仕事である以上視聴率や視聴者からの反応は気になっていたでしょう。結果をまるで気にしないのも、自己満足の仕事でないのなら不自然なことです。

しかし、命を懸けていることそのものの、命のきらめき以上に、価値のあるものなどあるでしょうか・・・?

肩の力を抜くことと、自分を大切にすることと、命懸けになることは繋がっている

命懸けとは、特定の仕事とは限りません。仕事をしていない時でも、二度と戻ってはこないこの瞬間、この邂逅に心を込めることでもあります。

この場とか、相手にとっての「正解」を演じようとしてしまうのは、「自分はそのままでいい」と心底思えていないからでしょう。
「正解」を演じればまた、「そのままの自分じゃ駄目なんだ」の自己虐待になってしまいます。その場はとりあえず丸く収まるにはせよ。

相手が善意の人ならまだいいのですが、それにつけこむ人はどこにでもいます。

「そのままの自分を大切にする」ことと、力を抜いて楽にやることと、命懸けになることは繋がっています。

楽にやることは、楽をすることや、楽でいいとは違います。
美味しく食べると、美味しいものを食べるは違うように。

これは全く次元の違うことなのです。
それを生きる大人が、もっと増える必要がある、と思います。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録