自尊感情にまつわるコラム

結果を左右する「それを受け取るのにふさわしい自分か」

自分がふさわしいと思えないと受け取れない

月一回通う美容院で、「家庭画報」という雑誌をいつも読んでいます。

「家庭画報」には、選りすぐりのカメラマンが撮った美しい風景や、ホテル、旅館、レストランの写真がたくさん載っていて、見ているだけでおすそ分けにあずかった気分になります。

ファッションのページには、いわゆる高級ブランドのプレタポルテの洋服を、これもまた選りすぐりのモデルさんや女優さんが、美しく着こなした姿が載っています。

「家庭画報」に載っているお洋服は、一着数十万円もするものばかりです。ジュエリーに至っては、時には数千万円とか、億単位のものも。

数年来、毎月髪を切ってもらっている美容師さんと一緒に

「わあ!すごい!マンション買える~!」
「こんな服、私絶対着れない!着られちゃう!」

などとミーハーな会話を楽しんでいます。

良いものは良い、とその価値はわかります。

しかしもし万が一、「どうぞ、この服を差し上げます。思う存分着てください」と言われたとしても、自分がその服にふさわしいと思えないと、着ることができません。タンスの肥やしになってしまうでしょう。

これが例えば、高級ホテルのメインダイニングでのディナーなどでも同じです。
仮に無料で招待され、洋服も靴もバッグも、その場にふさわしい物を用意してもらったとしても、自分自身がその場にふさわしいと思えなければ、入っていけません。

チャンスがやってきても、自分がそれにふさわしいと思えなければ、受け取れないのです。

結果=能力×行動量×自尊感情

上記のことは、目標も同じです。

当Pradoの心理セラピーでは、初回セッションの前に「セッション終了後にどんな自分になっていたいかを、1~3つ考えて持ってきてください」とお願いしています。

そして、初回のセッションでは、目標設定の意義の説明と、目標設定そのものに、ほぼ2時間を費やします。場合によっては、初回で全て終わらず、2回目にも行うこともあります。

それくらい、ほとんどの人は目標設定とは何を、何のために、どの程度やる必要があるのか日頃意識できていません。意識して日々を送っていたら、そもそもセラピーを受ける必要はないのですが。

そして単に「~ができる」ではなく、「~な」にしているのにも意味があります。

どんなに能力が高まっても、「それを受け取るのにふさわしい自分」だと思えない限り、受け取れません。つまり最終的には、自分自身のあり方が結果を決めるからです。

望む結果を得るには、能力×行動量、だけではなく、更に自尊感情のあり方が掛け合わされます。式にすると以下のようになります。

結果=能力×行動量×自尊感情(自己評価、自己価値感、セルフイメージ、あり方などと置き換えても構いません)

能力には二種類ある、そして能力には限界が

能力には二種類あって、「やろうとすれば誰でもできる、しかしやらなければできない」ものと、「誰でもができることではない」ものがあります。

芸術作品を生み出すとか、オリンピックのメダリストになるとか、大きな会社を経営するとかは、後者の能力です。これらのことは、全員が全員できる必要はありません。

そしてまた、後者の能力も、前者の能力の上に成り立っています。「やろうとすれば誰でもできる、しかしやらなければできない」ことをやらない人に、「誰でもができることではない」能力が開花することはありません。

それでもなお、人間の能力には、限界があります。その人個人がどんなに才能があり努力をしても、時代的環境的な制約を受けることもあります。
そして能力は、0以上のプラスしかありません。行動量も同じです。

しかし、「それを受け取るのにふさわしい自分か」、つまり自己認識・自分で自分をどう捉えているか・自尊感情のあり方は、マイナスからプラスまであります。そして、これには限界はありません。

ということは、マイナスの自尊感情が掛け合わされると、一気にマイナスが膨らんでしまいます。

例えば、オウム真理教の幹部たちは、最高学府を出ていたエリートばかりでしたが、この自尊感情は大きなマイナスだったでしょう。ですから、悪魔に自分を売り渡し、地下鉄サリン事件という恐ろしいテロを引き起こしました。

このような例は、枚挙にいとまがありません。ブラック企業、パワハラ、モラハラなども同じです。そして厄介なことに、自尊感情がマイナスになっている自覚がないことがほとんどです。

「頼むから、何もしないでじっとしていてくれ」と思うのは、なまじ能力×行動量の積が大きく、それに自尊感情のマイナスが掛け合わされる時です。

自分を大切にするのは実は根気がいる、習慣にならない限り

弊社Pradoの心理セラピーでは、自尊感情が高まること、即ち自分で自分を大切にすることを主眼としています。

この自分を大切にすることは、当たり前のことのようで、実は誰もがやっていることではありません。

自分を大切にするのは、「どんな”都合の悪い”自分にも向き合う」勇気と、その自分を投げ出さない根気が要ります。

そして困ったことが起きた時、ただ不平不満に埋没するのではなく、そのたびことに「このことから自分は何を学ぶのか」「ここから自分はどこへ行きたいのか」を考える習慣も合わせて必要です。

これらは習慣化されるまでは、実は「面倒くさい」ことでもあるのです。

自分にとって都合の良い状況が、天から降ってくるのを口を開けて待っている方がーどんなに不平不満を言っていてもー楽なのです。

或いは、相手を操作し、振り回し支配して「自分が優位に立った気分」を味わう方がずっと楽なのです。これは相手が求めていないのに、余計なお節介を焼きたがるのも同じです。

しかしこれは、仮に一時しのぎになっても、自分と他人を真に幸福にするものではありません。

これを体の健康と置き換えるとよくわかると思います。体を大事にするのと、心を大事にするのはよく似ています。

体を大事にするには、規則正しい生活や、バランスのとれた食事、適度な運動等、誰もが知っていて、わかっている当たり前のことを、長年にわたってやり続ける必要があります。

これが習慣になってしまえば「やらない方が気持ち悪い」になります。しかし、どんなことも習慣になるまでは、エネルギーと根気が要ります。

好きなものを好きなだけ、好きな時間に飲み食いし、ひたすら体は動かさず、好きな時に寝て好きな時に起きる方が、何の努力もいりません。

しかしこれでは、長期にわたって健康を維持することはできません。こうした生活を送りながら、薬だけ飲んでいても、健康にはなりません。

心のことも、全く同じです。

自分を否定しない、人と比較しない、特にお子さんに対して

冒頭に書いた「それを受け取るのにふさわしい自分」とは、「ほれぼれとする自分」のことではありません。「ほれぼれとする自分」は条件付きの自分であり、状況の変化に左右されてしまいます。

状況がどう変わろうと、人間ですからその時動揺することはあっても、「自分は自分」「何があっても、自分の存在はかけがえがない」を立て直せる自分のことです。

子育て中の親御さんに特にお願いしたいことは、親御さん自身がまず、自分を否定せず、人と比較しないことです。

お子さんが親御さんから、行動ではなく(人間は社会的動物であり、行動が制限されることがある、それを学ぶのは当然です)、自分の存在、自分の心を否定され、人と比較され続けたとして、この世が楽しい、素晴らしいものだと思えるでしょうか・・・?

子供たちは、大人と同じような客観的な思考や判断はできません。

親御さんの物の考え方を、そのまま世界の掟のように潜在意識に刷り込んでしまいます。

どんなに塾やお稽古ごとに通わせようと、「自分はそれを受け取るのにふさわしい」と思えなければ、差し出されたチャンスを自分から台無しにしてしまいます。

逆から言えば「自分はそれを受け取るのにふさわしい」と思えていれば、周りがやいやい言わなくても、自分から能力を高めたい、もっと広く高い世界に触れたい、と自然に思うようになるものなのです。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録