自尊感情にまつわるコラム

深刻と真剣の違い・深刻になると辛く、真剣にやれば面白く

「深刻にはならず、真剣になることが大切」(松岡修造)

スポーツをしている方なら、負けそうな時、ピンチになった時、深刻になっては益々悪い状態にはまってしまうことを経験済みでしょう。
そういう時こそ、深刻にはならず、真剣になってこそ道は開けるものです。

これはスポーツのみならず、全てのことに言えることです。

深刻と真剣はどう違うのか、真剣なつもりで深刻になっていないか、自分でわかる必要があります。
自分でわかればこそ、そこから抜け出すことが出来るからです。

「できるか、できないか」を考えると深刻に、「どうやればできるか」を考えると真剣に

深刻になるのは「上手く行かないかもしれない」という不安に囚われ切っている状態です。不安を感じてはいけないわけではありませんが、その中にはまり込むと結果的に「望まない方」へ突き進んでしまいます。

そういう時は「できるだろうか、できないだろうか」「もしできなかったらどうしよう」を考えてしまい、「できない」可能性に意識を向けてしまっています。

真剣な時は「どうやればできるだろう」「何をしたらうまくいくだろう」を考えている時です。これは「できる」ことしか実は考えていません。

東京なら東京に行く手段(電車かバスか飛行機か)だけを考えている状態です。この時「東京に行けるかな、行けないかな」とは考えていません。「東京に行かない」選択は意識に上っていません。

どうしてもやりたいこと、どうしてもほしいものに、私たちは「手に入れられるか、入れられないか」を考えません。
どんなに高額なものでもどうしてもほしければ、時間がかかっても手に入れる方法を考えようとします。

「できるか、できないか」をつい考えてしまう時は、まずは「本当にできるようになりたいのか」「心からそれを望んでいるのか」を考えてみましょう。
(これは自分が選べる事柄の場合です。会社の仕事など自分が選べない事については後述します。)

それを本当にやりたいかどうか迷う時は、自分の人生の終わりに「もし、それをしなかったら後悔しないか」を問いかけると、ひとつの目安にできるでしょう。

しなくても大して後悔しないことは、自分にとってやらなくてもいいことです。周りがそれをやっているからとか、何となくちょっといいなと思ったから、が動機だったかもしれません。

やるだけやってみて上手く行かなかったら後悔はしないが、やろうともしなかったら後悔することは、潜在意識が求めていることと判断していいでしょう。
つまり自分の本音です。

敢えて退路を断つと真剣にならざるを得ない

「どうやればできるか」には「やらない」選択肢はありません。つまり既に自分で退路を断っています。
深刻になってしまうのは、少々辛口な言い方をすれば「退路を断ち切っていない」、つまり迷えるだけの余裕がある状態です。

津波が迫ってきて死に物狂いに逃げている時は、事態は深刻でも心の状態は真剣です。「逃げられるかなあ、逃げられないかなあ」など悠長に考えている余裕はありません。

好きではない仕事も真剣にやると面白く

会社の仕事など、本音は大して好きではない仕事だけれど、取り組まざるを得ないこともあるでしょう。
その時も深刻になってしまうと、ただでさえ大して好きではない仕事がますます嫌になってしまいます。

その場合、その仕事そのものをいきなり好きになろうとするより、「真剣にやること」にまず意識を向けてみるのがコツです。
学校の体育の授業で、元々それほど好きな種目ではなかったけれど、真剣にやるうちに楽しくなった、そんな経験を応用すると上手く行くかもしれません。
殊にスポーツは、たらたらやっても楽しくありません。真剣にやるから楽しくなります。

日々小さな目標を自分で立て、ゲームと思って取り組むと効果的です。この目標は「頑張ったら達成できる」レベルのものにすると、真剣度が増します。
ゲームに勝つつもりで真剣にやると、嫌だったりつまらなく感じた仕事も面白くなってきます。

例えば「提出しても大して読まれない、体裁だけの書類づくり」をせざるを得ない時もあります。
他に大事な仕事もたくさんあるのに、体裁だけの書類づくりに追われると、ストレスを感じるのも当然です。
大きな組織ほどこんな仕事が増えるものです。

その時は目先を変えて「如何に素早く、『それなりの』書類を作ってしまえるか」のゲームにしてしまうか、などです。
どうせやらなければならないことなら、如何に目先を変えられるかで、ストレスを減らすこともできます。

肩に力が入り過ぎてしまうのは深刻な時、真剣な時は集中し、かつリラックスした状態

「もう少し肩の力を抜けばいいのに」と人から言われても、中々できない人もいるでしょう。
これは人から言われたから出来る類のものではないからです。

肩に力が入り過ぎてしまう時は、「できるかな、できないかな」「上手く行かなかったらどうしよう」をどこかで考えてしまっているので、深刻になっています。
不安が増幅されますから、体に力が入った状態になって当然です。

「どうやったらできるか」は集中し、かつリラックスした状態です。これが真剣な時です。
不安もなくはないけれど、「あれをやってみよう」「こうしたらいいんじゃないか」と工夫しようともします。
集中してリラックスした時にこそ、工夫のためのアイデアが浮かんできます。

どちらが良いパフォーマンスが出来るか、考えるまでもありませんね。

そして「工夫する」ことは「自分にはリソース(資源)がある」という前提を強化します。時には人からアドバイスをもらったとしても、それも自分のリソースの内です。
リソースがあればこそ、不安はあっても集中することが更に容易になります。

勿論人間の集中力には限度があります。だからこそ、集中する時は集中し、休む時は休む、このメリハリがあってこその真剣です。

真剣な時、人は「自分に自信があるかないか」を考えない

「どうやったらできるか」だけを真剣に考えている時は、自信があるとかないとかを考える余裕はありません。
そして日々、「心から実現したいことを、どうやったら実現できるか」だけを考えている人に、「あなたは自分に自信がありますか?」と尋ねてもきょとんとされるでしょう。

「心から実現したいことを、どうやったら実現できるか」を真剣に生きている人が、はた目から見て「自信があるように見える」のが実際のところでしょう。

勿論、特定の技術(英会話や車の運転やプレゼンテーションなど)に自信がある、ないはあります。
人はこの技術つまり能力と、それに付随する評価を得られたら自信が持てると考えてしまいがちです。

しかし、これらは失う可能性のあるものです。
失う可能性のあるものに、自信の根拠を求めていては不安がつきまといます。
だからこそ、自分よりも高い能力や評価を得ている人をうらやんだり妬んだりして、心が落ち着くことがありません。

「自分が大事だと思うことに、深刻ではなく真剣になる」ことが当Pradoの心理セラピーのゴール

人格を蹂躙されるような精神的・肉体的虐待や圧迫を受けると、自尊心が著しく傷つきます。
「私は何のために生まれて来たのだろう・・・?」「この世にいてもいなくても意味はないのではないか?」
生きづらさとはそのまま「自分への自信のなさ」と置き換えられるかもしれません。

そこから立ち上がるために、「人から受け入れ肯定してもらう」ことは最初のきっかけであり、不可欠なプロセスです。しかし実はこれはほんの入り口であり、最終的な解決ではありません。

他者からの共感と受容を通して、自分を承認し、受容すること、そして「自分が大事だと思うことに、深刻ではなく真剣になる」ここまで来て、傷ついた自尊心は回復します。

「自分はこの世にいて良い」「自分の存在はそのままで価値がある」と誰に言ってもらえなくても自然とそう思えます。

またこれは、何か特別な活動や仕事をすることでは必ずしもありません。日々の在り方を通じて実現しようとするものです。ですから寝たきりの人であっても、意識がある限り可能です。

当Pradoのクライアント様の、抱えている課題や状況は千差万別です。ですが必ずこの道筋を経て「自分だけの人生」を力強く生きていかれています。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録