自尊感情にまつわるコラム

人はどういう人に騙されるのかの3パターンとそのメカニズム

裏切り行為があったというよりも、実際には

「裏切られた!」という悔しさは、人間関係のトラブルの中で最も辛く、精神的にこたえるものでしょう。

最初は確かに信頼し合っていたのに、付き合いの最中で裏切り行為(浮気、不倫、横領など)が起きてしまったケースも勿論あります。

しかし、相手は実は最初から何も変わっていないけれど、相手の感じの良さや親切によって、相手を信じ、「あれ?おかしいな」と思うことを、見て見ぬふりをしていたことの方が実際には多いようです。詳しくは後述します。

そしてこれは、不倫などの具体的な「事件」で表面化するわけではありませんから、裏切られた思いをする方は深く傷つく一方、相手は何も感じていず、そのことがまた、傷を深めてしまいます。

自分が美化し、歪曲していた「甘い夢」から覚めると、
「いい人だと思っていたのに、騙されていた!ああ信じたくない!」
そして相手を自分の望む「いい人」に変えたくなったり、或いは、騙されてしまった自分を責めたりすることがあります。

今回は、「相手は最初から何も変わっていない」「そして自分から騙されてしまう」3つのパターンと、そのメカニズムを取り上げていきます。

人は一旦好意と信頼を寄せた相手を疑うことにストレスを感じる

どんな人も、一旦相手を「いい人だ」と思ったり、またその人が魅力的で、自分に親切にしてくれると尚更、好意と信頼を寄せます。

マスローの欲求段階説の「所属と愛の欲求」は、三番目に根源的なものです。


誰かに好意を持ったり持たれたり、信じたり信じられたりすることに人間の脳は「快」を感じ、またそれを欲します。

自分はどんなに孤高の人間のつもりでも、誰かに自分をわかってもらいたい、共感し合いたい、愛し愛されたい、と潜在的に望み、そしてそれを得られると「快」を感じずにはいられません。

そして脳は、一旦感じた「快」を失うことに非常に抵抗します。

失恋が他の人間関係の離別よりも辛いのは、その関係性で得た「快」が大きいからでしょう。恋は現実離れすればするほど甘い陶酔をもたらし、なおかつその陶酔は他の人間関係では味わえない「快」があります。
性的な一体感があれば尚更です。恋は盲目とは普遍的な真理でしょう。

人間は、一旦好意と信頼を感じた相手を疑うことそのものにストレスを感じます。

全く遠い関係性の人だったら、「あれはおかしい」とすぐ気づくことでも、好意と信頼を寄せた相手であれば、見て見ぬふりをするか、「あの人のことだから、何か事情があるに違いない」と自分から歪曲します。

そしてこの関係性を崩すまいとしてしまうのです。

時には「私が悪いことをしたかな?」と自分を責めてまで、その関係性を失うまいとします。

最終的に騙されていたことに気づくと、「可愛さ余って憎さ百倍」になるのは、この「快」を失うことに対するストレスが非常に大きいことを示しています。

それでは、「自分から騙される」3つのパターンを以下に見ていきましょう。

1.愛情と承認が不足しているほど、「優しくしてくれる人」に騙されやすい

人間の心理には「返報性の原理」があります。
好意を寄せられると、その相手に自然と好意を返そうとします。笑顔であいさつされると、こちらも自然と笑顔であいさつを返そうとするなど、人間関係の潤滑油にもなります。

しかし、この返報性の原理を悪用する人も少なくありません。
ナンパ師がその典型です。

ナンパ師がターゲットにするのは、アンジェリーナ・ジョリーのような、世界中のいい男からちやほやされることに慣れ切った、自信満々な女性ではありません。

自信なさげな、愛情と承認に飢えた女の子ほど格好のカモにされやすいです。それでいて、自分の虚栄心や支配欲を満たせる程度には、性的に魅力のある女の子を狙います。

ターゲットにした女の子を、ちやほやし、持ち上げ、有頂天にさせます。そこには真の愛はおろか、好意すら存在しません。

しかし、女の子の方は、常日頃愛情と承認に飢えていればいるほど、それを満たしてくれる(ように思える)相手に好意を感じずにはいられなくなります。
これがナンパということです。

facebookの「いいね」も、投稿に共感しての「いいね」ではなく、相手からの好意と信頼を得ようとしての「いいね」、つまりナンパと同じことも少なくありません。

また30年ほど前、豊田商事事件というお年寄りをターゲットにした詐欺事件がありました。

騙されたお年寄りの中には、豊田商事会長が、押し寄せたマスコミの前で刺殺され、大々的なニュースになってもなお、自分を騙した豊田商事の若手社員を
「あんないい子はいなかった。自分にこんなに親切に、優しくしてくれた若者はいなかった」
とかばう人もいました。

寂しいお年寄りの心の隙につけこむ悪質な行為ですが、つけこまれた方は中々その洗脳を解きにくいのです。

2.「善人願望」があると「善人を演じる人」に騙されやすい

自尊感情が低い状態とは、言葉を換えれば自己愛が肥大化している状態です。
つまり「ほれぼれとする自分しか愛せない。自分を『いい人』だと思っておきたい。自分の中の怒り、恨み、憎しみを認めたくない」状態です。

どんな感情や反応もそのまま受け止めてくれた親に、育てられた人は他に代えられない宝を得ています。
しかしほとんどの場合、親自身がそう育ってはいないので、子供を「いい子」に育てようとしてしまいます。

社会人になって責任ある立場になったり、子育てをしていくうちに、「憎まれ役を買わざるを得ない」経験を通して、自分の「善人願望」を少しずつでも脱することが出来ます。しかしこれもまた、人によりけりです。

大人になっても「いい人でいたい」という善人願望が抜けきれないと、厄介なことが起こります。

自分を「いい人」だと思っておきたい、これが「自分の周りはみんないい人だと思っておきたい」に転ずることがあります。
そうすると、「善人を演じる人」の格好のカモになります。

心理系やスピリチュアル系のセミナー講師の中には、こうした善人を演じ、上記のナンパ師と同じで、「相手が言ってほしい快いほめ言葉」をシャワーのように浴びせて「快」を感じさせようとする人もいます。一種の依存状態を作り上げるのです。

そして次から次へと、セミナーや教材、個人セッション等高額のバックエンド商品を買わせようとすることがあります。

セミナー、教材、個人セッションそのものが即悪いわけではありません。それらが受講生のためではなく、金儲けそのものが動機になっていないかが肝心です。

  • 「このセミナーを受講すれば毎日がルンルンで楽しく!」を宣伝文句にしていないか(スピリチュアルでも心理系でも、真に目指すところは「あらかじめ望まない辛い出来事にも、潰されてしまわない自分を育てる」ことです)。
  • 場合によっては、「あなたにはこのセミナーや教材は必要ないわよ」と言ってくれるか。
  • 知識スキルが身に着いたら卒業させること(当たり前のことですが)を前提としているかどうか。「いつまでお勉強してるの!」と叱ってくれる講師は信用できるでしょう。
  • 「自分にいくら投資できるかが、自分の価値を決める」などという詭弁を弄していないか。
  • 「あの先生のそばにいると癒される~」を売りにしていないか(まともな講師なら、こうした依存になりかねないことは避けようとします)。
  • 「この講座や教材を逃したらもう二度とチャンスはない!」といった射幸心をあおろうとしないか(本当に必要な学びなら、その時は見送ったとしても、必ず他からでも勉強の機会はやってきます)。
  • 他の講師のセミナーに参加をすることを、いろいろな理由をつけて妨害しないか。

こうしたことがチェックポイントとなるでしょう。

3.思考停止気味だと「この人についていけば安心」の権威づけに騙されやすい

心の隙を突かれずに、騙されないためには、まずは自分で自分を大切にして、孤独に耐えられる自分を育てる習慣が必要です。

そしてまた、健全な、バランスのとれた懐疑心もまた必要です。ただ懐疑心が行き過ぎて、猜疑心になり、何でもかんでも頭から疑ってかかるのも、人間関係をぎすぎすさせます。なのでバランスが大切です。

懐疑心とは、物事をうのみにせずに「これは本当かな?」と考えることです。しかしこの考えること、つまり思考は普段からその習慣をつけていないとできません。中々しんどいことなのです。

思考停止の方が、人間は楽です。

思考停止とは、自分の人生に責任を持ちたがらない状態でもあります。
思考と責任は、共に脳の前頭連合野が担うからです。

そして思考停止気味になってしまうと、「この人についていけば安心」と思える権威ある人を求めようとしがちです。

大多数の人が中々言いづらいことを、上から目線で大声で言う人を「この人についていけば安心だ」と思い込んでしまったりします。

或いは有名人・著名人との知己を誇示する人や、大した実践経験もないのにカウンセラーやコーチの養成・認定講座を開いて、「カウンセラーやコーチを養成できる先生だ」と思わせようとする人も、権威づけをしたがる人と考えていいでしょう。

※余談めきますが、心理セラピー・カウンセリング・コーチングの大変さがわかっている人ほど、安易に養成講座は開きません。相応の覚悟がないとこれらの仕事は始められたとしても、続かないからです。
「煮え湯を飲まされる思い」を何度も乗り越えた、15年から20年以上の実践経験者が「後進のために自分の経験を役立てよう」という動機で指導する、こういうケース以外はお勧めしません。

自分で考えてみる、自分の言葉で話す、書く。間違いや失敗を恐れず、そこから学び続ける。
そして何より、自分の人生の責任を自分で取っていく。「あの人がああ言ったから」ではなく「自分で選んだことだから」の人生を生きる。

この繰り返しが、権威づけに騙されてしまわない脳を育てます。

物事をあるがままに見るのは勇気のいる行為

人間の脳は、物事をあるがままに見ているのではなく、「自分にとって都合のよいように」削除したり歪曲したりしています。

目に入る全てのものを脳にインプットはできませんし、世界共通で信号の「赤」が「止まれ」の意味であるのは、人間の脳が「赤」に特別な意味づけをしているからです。
ですから、削除や歪曲は「起こるものだ」という前提に立つことが第一です。

その上で、物事をあるがままに見る、その比率を上げる努力をするしかありません。

そしてあるがままに見ると、時に失望や恐れ、怒りを感じることにもなりえます。ですから、これらの感情はOKだ、にしておかないと、あるがままに見ることはできません。

甘い夢の世界で生きる方が楽でしょう。
しかし私たち人間は皆、夢の世界ではなく現実を生きています。

上記の「自分から騙される」3パターンは、

自分で自分を承認し、励まし、大切にし、
「いい人でなくていいんだ」と自分を受け入れ、
「これは本当かな?」と自分の頭で、自分の言葉で考える、

この習慣を身につけることによって、避けることが出来ます。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録