生きづらい貴方へ

頑張り過ぎは恐れが動機・行動の動機を恐れから愛に変えるワーク

頑張りすぎて疲れてしまったときは、振り返りのサイン

努力すること、少々辛いことでも忍耐すること、これらは人の成長にとって不可欠なことでしょう。

しかし

「つい頑張りすぎてしまう」
「頑張っても頑張っても達成感がない、自分に自信が持てない」
「頑張った自分をほめてあげられない」

場合、一旦立ち止まって自分を振り返る必要があるでしょう。

努力して成長するのは、元々は幸福になるためだった筈。
つい頑張りすぎて疲れ果て、消耗してしまうのは、「この頑張りが自分を幸福にはしていませんよ」という潜在意識からのサインです。

人間の行動の二つの動機、愛か恐れ

人間の行動の動機は目に見えません。
私たちは目に見える

「何をやったか」
「たくさんやったか」
「難しいことをやったか」

で行動を評価しがちですが、心にとって重要なことは

「どんな動機でそれをやったか」

です。

人間の行動の動機は二つしかない、それは愛か恐れかだ、と言われます。

恐れは生き延びるための本能です。津波が来たら走って逃げるのも、この恐れがあればこそです。ですから、恐れを失くすことはできませんし、また失くしてもいけません。

しかし、平時は恐れよりも愛が上回っていることが心のためには大切です。

そして愛は、後天的に学び身に着けるものです。思いやりと言ってもいいでしょう。愛は単に、気持ちが優しいことではありません。現実と向き合い、何が大事かを判断し、たとえ相手に憎まれても必要なことをすることです。

これには想像力と勇気、一貫性を伴った実践力が必要です。口だけの人は愛を実践している人とは言えません。或る程度の年数を生きている人なら、「気持ちは優しいけれど、思いやってはいない人」の一人や二人に、出会ったことがあるかもしれません。

同じ行動であっても

「人の役に立ちたい」
「いい世の中になるために貢献したい」
「自分や周囲を大事にしたい」

という愛が動機になっているのか。

「人から嫌われたらどうしよう」
「上手くいかなかったらどうしよう」
「お金が入らなかったらどうしよう」

という恐れが動機になっているのかです。

「頑張り過ぎてしまう」「頑張り過ぎて疲れ果ててしまう」時は、この「~だったらどうしよう」の恐れが動機になっています。

また「~だったらどうしよう」は、「人から嫌われる/上手くいかない/お金が入らない」フレーム(枠組み)で物事を見ています。人は自分の見ているフレームの中に、否が応でも突き進んでしまいます。ですのでこのままだと、「人から好かれる/上手くいく/お金が入る」はどんなに頑張っているつもりでも、残念ながら実現しません。「彼に振られたらどうしよう、どうしよう」とだけ考えていて、彼とラブラブになることはないのと同じです。だからこそ、疲れ果ててしまいます。

行動の動機を恐れから愛へ変えるワーク

もし、「頑張りすぎて疲れる」場合、「~だったらどうしよう」の恐れはどのようなものがあるのかをまずは探ってみましょう。

人はどんなことであれ、メリットのないことはしません。

貴方がこれまでの人生で、頑張ることによって得て来たものは何だったでしょうか?
思いつく限りたくさん書き出してみましょう。

例:

  • 仕事や勉強の能力
  • 周囲からの評価
  • 人から信頼される、期待される
  • 会社での地位、収入
  • 結婚、家庭
  • 子供に教育を受けさせられる
  • 子供に努力の大切さを教えられる

そして上記のような事を得て来た貴方は、どのような人だと思ってもらいたいでしょうか。
(実際にどう思われているかは問いません。それは相手でなければ本当のところはわからないからです)
家庭(親、夫、妻、子供)、職場、地域社会等、それぞれの立場で書き出してみましょう。

例:

  • 頼りになるリーダー、マネジャー
  • 家族を守っている父親、母親
  • 親を安心させられる息子、娘

そしてこれらのことを、一つにまとめると、貴方はどのような人でしょう?

例:

  • 誠実な人
  • 信頼される人
  • 愛される人

そして貴方がもう既に、上記のような人だと仮定します。
イメージの中で、誰かが優しい笑顔で、その貴方を祝福しに来ます。
「おめでとう、本当によく頑張ったね」と。
誰に一番、その言葉を言ってもらいたいでしょう・・・・?

・・・多くの人が、「お母さん」と答えます。

貴方の場合は、誰だったでしょう・・・?

そして「頑張らなければ、誠実な/信頼される/愛される人だと(お母さんに)思ってもらえない!」という恐れがないかどうか、静かに心に尋ねてみましょう。

もしかすると、今の自分は十分には「誠実な/信頼される/愛される人」とは思えないかもしれません。しかし、「誠実/信頼/愛」が大事だ、と思っていることは事実ですね。ですので、「頑張らなければ○○な人だと思ってもらえない!」をひっくり返します。

<アファメーション>
「私は誠実/信頼/愛が大事だと思っています。これらを大事に思う心には自信があります。そして誰が気づいても気づかなくても、日々の行動が誠実/信頼/愛の表れとなることに、喜びを感じます。誰が気づかなくても、私自身が気づいています」

「こうしないとお母さんに認められない、愛されない!」という思い込みの解除

小さな子どもはどの子も、「お母さんに認めてもらいたい」のです。子どもたちは無償の愛と、承認がなくては生きていけません。

お母さんの言葉は子どもにとっては「神の声」です。言葉だけでなく反応、態度も「神の声」です。
お母さんの言葉、反応、態度を通して、子供たちは「こうすれば認められる、愛される、この家に置いてもらえる」という思い込みを潜在意識に刷り込んでいきます。

(優しい子だったら、頑張る子だったら、明るい子だったら、聞き分けのいい子だったら、きちんとした子だったら・・・)
逆から言えば「こうしないと認めてもらえない、愛されない、この家に置いてもらえない!」です。
これが潜在的な恐れとなります。

およそ10歳から12歳くらいまで、子供は「お母さんはそう言うけれど、本当にそうかな?」と自分の頭で考えなおすことはできません。お母さんの「神の声」がそのまま刷り込まれてしまいます。

これが「つい頑張りすぎてしまう」正体です。

勿論、健全な親なら「こうしなければ認めない、愛さない、この家に置かない!」などと、心底思っているわけではありません。

子育て時期の若い親御さんは、自分自身が「どんな自分でもOKだ」と中々思えていません。ですから、親御さん自身の恐れが、子供に連鎖してしまうのは無理からぬことかもしれません。

しかし、人は自分で自分を教育しなおすことができます。

多忙で、責任の重い仕事を次々とこなしていても、いつも楽しそうで、頑張り過ぎて疲れ果てたりせず、それでいて豊かな人間関係を築ける人は、必ず、恐れではなく愛が行動の動機になっています。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録