親との葛藤

親を許せない貴方へ

これは身体的精神的虐待(暴力、暴言)、過干渉による支配、子供の感情や自由意志を尊重(子供の言いなりになるのではなく、一旦意志を受けとめる、ということ)しない、またそのことを正当化して反省することのない親の元で”窒息しそうになって”きた貴方のためのページです。

私の臨床の実感では、身体的暴力よりも、精神的な支配ー子供の感性、感情、自由意志を踏みにじり、頑張りを認めず、失敗をあざ笑う、或いは何でも先回りして与えようとし、それから子供が外れると猛烈に罪悪感に訴えようとする(「あなたのためを思ってやったのに!」)ケースが大変多いです。

そして精神的な支配の方が、非常に巧妙で周囲にはわかりづらく、後述しますが「罪悪感を刷り込まれる」こととセットになっているので子供自身が気づきにくいようです。

「親の顔色をうかがって生きてきた」「自分の自由意志と感情を押し殺して生きてきた」子供たちが、成人後しばらくたって(時に30歳、40歳を超えてようやく)「上手く人と関われない」「自分に自信が持てずに周囲に振り回されてしまう」などの「生きにくさ」に気づき始めます。

これは時だけが自然に解決してくれるものではないようです。
やはり辛くても自分の心と向き合い、感情を癒し、無意識の中に埋め込まれたパターンを解除しなければ根本解決にはなりません。

親の支配的な言動、態度、あり方の責任を免除することは、愛ではなく

どの親も、親である以上子供が心身ともに健全に成長する環境を整える責任があります。
やむを得ず自分がそれを果たせない場合は、それが出来る人に子供を託さなくてはなりません。そして子供の成長に応じて、謝罪と説明責任を果たす必要があります。

またどんなに子供を愛していても、親も生身の人間である以上不完全な存在です。思わず声を荒げたり、手を挙げたり、誰も止めてくれる人がいないために「スイッチが入ってしまう」、この自分に苦しんでいる親も少なくありません。

しかし端から、そのようなことを反省することもなく、親の特権を振りかざして子供を意のままに支配しようとする親は、残念ながら存在します。

家庭は密室です。

そして現代は昔と比べて、良くも悪くもプライバシーが保護されているので、周囲の人が気づきにくくなっています。
だからこそ親の暴走を止められない状況が起きやすいのです。

貴方はもしかすると誰かに「ちゃんと食べさせてくれて、学校に行かせてもらったんだから、それだけでも感謝しなくちゃ」と言われたり、また自分自身に言ったりしたことはないでしょうか?

今日からはそうした言葉に耳を貸す必要はありません。
「生活の保障」を盾に、子供を支配する親は後を絶たないからです。

大人であれば、自分の人生に責任を負うのは自分しかいない、という大原則に立ち戻りましょう。
その人の言動、態度、あり方の責任は、その人のものです。
そして自分の人生に責任を持たずして、自分を大切にする自尊感情を育むことはできません。

親が当然果たすべき責任を果たさなかった、この責任を免除する必要はありませんし、責任を免除することは愛ではありません。
(子供が犯罪を犯した時に、真に愛のある親なら子供をかくまったり逃がしたりはしません。共に警察に付き添って出頭させ、罪を償わせようとしますね)

親が、その責任を自ら負おうとするのか、いつまでも逃げようとするのかは、それはもう親自身が選択するしかありません。
(ですがほとんどの場合、残念ながら親が自分の責任に向き合おうとすることはありません。もしそれをする親であれば、最初から貴方を支配しようとはしなかったでしょう)
子供であってもどうにもできないことです。

悔しさ、怒り、恨み・・これらの感情に罪悪感を感じていませんか?

幼い子供はたとえどんな親であっても、特にお母さんが大好きで、お母さんに幸せになってもらいたいと望んでいます。

健全な親は、子供の無垢な愛情に感動し、それを上回る愛情を注ぐことが出来ます。たとえ時に堪忍袋の緒が切れることはあっても。

元々健全な親でも、子育てのストレスに追い詰められて「窓から子供を投げ捨てたくなった」お母さんもいらっしゃいますが、実際に行動に移すかどうかは大きな隔たりがあります。
また自分の感情に任せて八つ当たりすることもありますが、子供との信頼関係を後から修復しようとします。

支配する親は、「子育てのストレスに追い詰められて」とは全く異なる動機で、子供を支配しようとします。

子供を自分とは異なる存在と認めることが出来ません。
自分の延長としかとらえていないのです。
ですから、子供が独自の自由意志を持つことや、「親が望むような反応を示さない」ことなど「あってはならない」のです。

子供が当たり前に持つ「自立したい欲求」に罪悪感を持つように刷り込み、「自立=親を見捨てる」と刷り込んでいきます。
子供は自立したい欲求を打ち砕かれるたびに、怒りや悔しさを感じますが、それを感じることにさえ罪悪感を感じるようにしむけます。

それは言葉(「お母さんを見捨てるつもりなの!?」「あなたを心配して何が悪いの!?」)だけでなく、寂しそうな顔をしてみせるなど、態度で表すことも多いです。

罪悪感の厄介なところは、良心の呵責と区別がつきにくい点です。

良心の呵責は、良心に従った方が自分が幸せになり、単純にいい気持ちになれます。
罪悪感は「相手の望むとおりにしてもいい気持ちにはならない、が、望むとおりにしなければ、もっと嫌な思いをするからそうする」が見分けるポイントになるでしょう。

いつの間にか埋め込まれた罪悪感は、気づいたからと言ってすぐに解消出来る性質のものではありませんが、いずれにせよ、貴方がもう感じるべきものではありません。

まず安全、安心な居場所を確保しましょう。

できれば物理的に離れるのが一番です。相手との距離を置く=冷たくする、愛がなくなる、ではありません。
距離を置いて初めてわかることもあります。どんな関係であっても一旦距離を置き、客観視することが必要な時が巡ってくることもあります。

傷が癒えないうちにまた傷をえぐられるような環境にいては、自分の心を客観視することができません。もし貴方がそのような環境にいるとするなら、引越しするのも選択肢の一つです。

引越したとしても親は電話やメールを再々送ってきたり、貴方の家に押しかけてくることもあります。
泣いて脅すこともあるかもしれませんが、罪悪感を刺激されないように注意が必要です。
その時も毅然とした態度を崩さないことが肝要です。

引っ越しが出来ない場合は、関わる機会を出来るだけ減らし、距離をあけてみても構いません。

返事は短く、事実だけにペーシングして相手の言うことを肯定も否定もしないように対応してみましょう。
感情的になったり、議論に持ちこむと相手の思うつぼです。
肉親なので難しいのは承知の上ですが、クレーマーに対応するように対応するのがより効果的です。

安全が確保されると、押さえこんできた感情が噴き出すことも

身体的な安全が確保されると、感情を抑え込んできた重い蓋がようやく外れます。
するとご自分でも予想もしなかった感情が噴き出す事があるでしょう。

恨み、憎しみ、怒り、悔しさ・・・これらを「感じられるようになる」のが癒しへの最初の大きな一歩です。

親に支配され続けてきた子供は、これらを感じてしまうと「生きていけない」ため、ずっと感情を麻痺させたり、押さえこんできたりしています。
(親に反抗できる方が、まだましではないかと私見では思います)

感情を吐き出すことは大切ですが、やり方を間違うと感情に溺れたり、堂々めぐりになり却ってその感情に押しつぶされたりする可能性があります。

話を他人に聞いてもらう時は、貴方を決して否定したり、説教したりしない人、できれば人間としての成熟度が高い人を選ぶようにしましょう。

またふさわしい聞き手が見つからない場合は、まず自分自身に「この感情はOKだ」と言ってあげてもらえればと思います。

感情を全て吐き出してしまうのにも、時間がかかることも

長年繰り返し繰り返し、不当に支配されてきたことへの怒りは、一回二回ではなく繰り返し吐き出さなくてはならないこともあります。

心は「より安全なもの」から取り扱おうとするので、一つの怒りが癒されるとまた別の怒りが浮き上がることもあります。
「また出てきた!」「まだあったわ!」とうんざりするかもしれませんが、ご自分に対して忍耐を失わず、そして感情に溺れずに客観視する習慣をつけることが癒しへの第二段階です。

許しとは、親の責任は親に返し、自分の傷ついた感情を癒して執着を手放すこと

感情を一通り吐き出し、感情そのものにOKを出した後、「本当はどうしてほしかったか?」を静かに考える段階に入ります。

「本当はどうしてほしかったか」、これを考えるのはつらい作業になることもあります。
何故なら、それを得られなかった、そして今後も得られない事実と向き合わざるを得ないからです。
その事実を受け入れる時、痛みと、悲しみを感じることでしょう。

悲しむのにも勇気がいります。

人はこの「事実を受け入れ、悲しむ勇気」が持てない時に、「自分の望み通りになってくれない相手を罰し続ける」無間地獄にはまってしまうのだと思います。

悲しむのは自分を憐れむためではありません。執着を断ち切るためです。
許しがたい気持ちそのものは消えないこともありますが、これが執着になってしまうとご自身の心を苦しめます。

Pradoのセッションで行っていることは、もしかすると許し難さそのものはなくならないかもしれない、しかし執着は断ち切れる、そして自分自身の人生を歩み、幸せになっていく、ということです。

感情を癒すことへの二つの誤解

怒りはしばしば、自分を防御するために持つことがあります。(怒りっぽい人、というのは内心それだけ恐れを抱えています)
怒りを癒し、手放すことで自分を防御できなくなるのではないか・・・この潜在的な恐れが、癒しの妨げになってしまいます。
しかし、これは誤解と言っていいでしょう。

誤解1:「もし怒りが消えたら、それは相手を正当化することになるのではないか」

真実は、怒りを手放す≠相手のあり方、言動を認める、です。

例えば、殺人事件のニュースを知った時、その時は犯人に怒りを覚えるかもしれません。
でも大抵その後殺人事件のことは忘れていますね?
私たちが怒っても怒らなくても、犯人の罪と担うべき責任には何の変化もありません。

怒りを手放しても、相手が担うべき責任は厳然として残っています。
ただ相手がそれに向き合うかどうかは別問題であり、これは相手本人が選択するしかありません。

誤解2:「怒りを手放すと、また傷つけられるのではないか?」

貴方が傷つけられないようにするための手立てと、怒りの感情は実は別の問題です。

例えば、すごくわがままで嫌なお客さんに腹を立てたとして、貴方が怒り続けてもそのお客さんが態度を改めることはありませんね。
それどころか、そのお客さんはますます貴方を攻撃するでしょう。(「何だ!その態度は!」)
わがままなお客さんへの対処方法は、まずこちらが感情的ならない事が第一です。
わがままなお客さんに振り回されない人は、怒りによって防御しているのではなく、理性で対応をしています。

精神的な加害者は、自分が本来向き合い、処理していくべき「害」を他人に押し付け(つまり誰かを「被害者」にして)、一時しのぎを繰り返しています。
こちらが被害者にならない、つまり「害」を受け取らないことが、実は最大の防御なのです。

支配する親の心の根っこには「見捨てられ不安」と「しがみつき願望」が

支配する親もその親から、健全な愛情を注がれず、「見捨てられ不安」と「しがみつき願望」を潜在意識に植え付けられた可能性が高いのです。

親も幼いころ、自立しようとすると脚をはたかれ、抱きつこうとすると振り払われ、をその親から繰り返されてきたのです。
そして時には、親は甘い顔を見せて子供を安心させたかと思うと、また同じことを繰り返します。

このような育てられ方をされたら「この世は何て恐ろしいところだろう」と慢性的な恐怖心と不信感を植え付けられても不思議ではありませんね。

親に限らず、支配したがる人の心の根っこには、この恐怖心と不信感がある、と言っても過言ではありません。
支配することによって「しがみつき」、「見捨てられ不安」を一時的に解消し、を繰り返しています。

勿論これは、根本的な解決にはならず、却ってますます自尊感情を傷つけます。
しかし自分の心と向き合う辛い作業よりも「手っ取り早く、一時しのぎが出来る」のでそれをするのです。まさに悪循環です。

健全な親は、子供の自立を喜び、励まし、また子供の不安や悲しみをしっかり抱きしめて癒してくれます。

支配する親もその親も、このような健全な愛情を知らずに育ってきた、世代間の悲しい連鎖が起こっているのです。

しかし、この世代間の連鎖は、断ち切ることが出来ます。
実際に連鎖させずに、自信を持って幸福に生きている人もたくさんいます。
勿論この作業は、並々ならぬ労力が必要で、その大変さは他の人にわかってもらえないことも多いでしょう。

その「連鎖を断ち切る」作業の最中、「何故私はこんな思いをしなければならないのだろう?」と新たな怒りを覚えるかもしれません。
勿論、その理由は私にもわかりません。

しかし確実に言えることは、連鎖を断ち切ることに成功した人の存在そのものが、これから連鎖を断ち切ろうとする人への何よりもの励みになる、ということです。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録