自尊感情にまつわるコラム

能力、実績、評価で得た自己肯定感と自尊感情はどう違うか

自尊感情と自己肯定感は重なり合う部分と、本質的に異なる部分が

努力して能力を高め、結果を出し、そのことで評価を得て自己肯定感を持つこと、そのこと自体は悪くなさそうですが、「あるがままの自分を大切にする」自尊感情とは異なります。

自尊感情も、自分を肯定するという意味では自己肯定感の一種ですが、条件付きで自分を肯定するものではありません。

自分の仕事に対しては、能力が上がり、実績を積めば自信がつくのは当然です。しかしこのことと、存在に対する肯定感は分けて考える必要があります。そうでないと、例えば大病をしたり、体に障害を負うなどして仕事ができなくなった場合、自分の存在意義まで見失ってしまいかねません。

自尊感情は、こうしたことに左右されません。

「自分は何が出来て何が出来ないか」
「何を知っていて何を知らないか」
「何を望んでいて何を望まないか」

を把握する、メタ認知能力と関連性があります。つまり、知らないこと、できないことがある自分を受け入れていく、という姿勢です。これが真の謙虚さの背景にあります。

メタ認知能力・自分をあるがままに見る力

「自分は何かが出来るから、何か(評価、人気、実績、美貌、経済力等)を得ているから自分を肯定できる」だと、「100点取ったら愛してやる」を自分で自分にやってしまっています。
「ほれぼれとする自分でなければ愛せない」自己愛(ナルシシズム)がその背景に隠れています。

人は何故自分/他人いじめをするのか 幼児的万能感から自尊感情へ

また真に自信がある人は、自分よりも能力の高い人を部下やブレーンにつけて使いこなすことすらできます。

能力、実績、評価に依拠して自己肯定感を持とうとすると、自分よりもそれらを多く持っている人を自分よりも大きな存在だと思い、依存して媚びたり、自分と近い存在なら嫉妬したり、が起こります。
自分よりも能力の低い人を内心であっても見下したり、が起こります。

つまり自ら振り回されてしまうのです。

「這えば立て、立てば歩めの親心、歩めば勉強せいと言い」という狂歌があります。

私たち人間は、文明を発明し、産業社会の中で暮らしています。ですから、いわゆる生産性の高い人が、より高い報酬を得るのも当然と言えば当然です。
また、「少しでも能力を高めて食いっぱぐれのないように」と考えて、勉学に精を出すのも当たり前のことです。

しかし能力や生産性だけが、人間そのものの評価の尺度になってしまっては、そのうち人工知能でいいじゃないか、という世の中になってしまいかねません。

存在そのものの価値

能力が高いからといって、存在の価値が上がるわけではなく、能力が低いから、存在の価値が下がるわけではありません。ほとんどの人は他人に対してはそう思えるのに、自分に対してはそう思っていないことがしばしば起こっています。

存在していることそのものの価値と、その人がどんな存在かもまた、区別があります。

「死んでしまえと思うくらい」憎んであまりある人がいてもいいのです。それはそれだけその人が、「心を揺らしながら」生きて来た証でもあります。
しかしその嫌な人が存在していなければ、大げさに言えば人間の歴史の何かが変わっていました。善悪とは別の次元で、その人にも存在そのものの価値があります。

「関わってはいけない人」も確かにこの世にはいます。それは「その時の自分の限界を超えている」ということです。別の誰かにとってはそうではないかもしれません。

そしてそういう人と出会わなければ「世の中には『関わってはいけない人』もいる」と私たちは学ぶことが出来ません。
またこうした自分の限界を認めて行くことも、自尊感情を高めるために重要です。

自尊感情とは、評価とは関係のない「存在そのものの価値」が自分にもある、と受け止めて行くことも含みます。
そしてそれが出来て初めて、私たち人は真に他人の存在そのものを尊重することが出来るようになっていきます。

他人の存在そのものを尊重すると言うと、えらく大層に聞こえるかもしれません。

これは日常のレベルで言えば「いるよね~、そういう人」「嫌だし腹が立つけど、しゃーないやん、おんねん、そういう人!」と、その人の言動やあり方は受け入れられないけれど、存在は受け入れられる、そうした状態です。

こうなると、好きではない相手に対しても、0か100か、付き合うか、口も利かないか、の二つに一つではなく、「ここまでは付き合うけど、この部分は自分としてはNo,thank youだから、さっと引き下がる」という幅のある付き合い方ができるようになります。

「騙されるな」  ビートたけし

人は何か一つくらい誇れるものを持っている
何でもいい、それを見つけなさい
勉強が駄目だったら、運動がある
両方駄目だったら、君には優しさがある
夢をもて、目的をもて、やれば出来る

こんな言葉に騙されるな、何も無くていいんだ
人は生まれて、生きて、死ぬ
これだけでたいしたもんだ

そしてまた、自分に対して

「自分は何が出来て何が出来ないか」
「何を知っていて何を知らないか」
「何を望んでいて何を望まないか」

これらを過不足なく知り、受け入れるのは、外側からは決してわからない勇気がいります。

自尊感情が豊かとは、この勇気に満ちた状態でもあります。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録