自尊感情を高めるワーク

自分を客観視・ テレビドラマワーク

 icon-leaf 自分を客観視する練習に。

 最近あった、もしくは近々起こる少しネガティブなことを一つ選びます。

 自分の家のテレビを目の前にイメージしましょう。あなたは今、テレビを見ながらくつろいでいます。

 テレビ画面が切り替わって、①のネガティブな経験がドラマとして流れます。自分自身の姿が、テレビの画面に映っているのを見てみましょう。

 この時、受ける感情が強ければ、テレビのインチを小さくしたり、白黒画面にしたり、音声を消したり、好きなBGMを流したりして調整します。

 そしてそのドラマを見ながら、テレビの中の自分につっこみを入れてみます。
自分への言葉が出づらい場合は、自分を友達に置き換えます。大事な友達が同じ目にあっていたら、何と言葉をかけてあげるでしょう?

 必要なら、テレビの中に入り込んで、自分の肩を抱いて励ましの言葉をかけてあげるのも良いでしょう。

 テレビドラマのエンディングが流れるのを確かめます。

 ワーク開始時との、自分の感情の違いを確かめます。(OKでなければ④~⑦を繰り返します)